てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Rock Shore・・・・・

 日曜日にいつもの如く近郊の地磯めぐりをしてきたのだ。
先週と違って今週末は比較的暖かく、釣行し易かったのであるが・・・・・。

以前から気になっていたところがあり、土曜日に下見をしたのだが見た感じでは割と水深があり、この時は結構サラシが出ていて俄然やる気モードになるもののタックルを準備していなかった為、辺り一帯の調査のみしたのだ。

で、明けての日曜日、満潮からの下げ狙いでお昼から夕マズメまでの釣行のつもりで行ったのはいいが生憎、先行で餌釣り師達が居て釣行を断念し場所が空くまで、近場をラン&ガンすること3時間・・・・・。
この日は、前日と変わってほとんどベタ凪と言ってもいいほど穏やかな海面・・・・・。
釣り人よりも、打ち上げられたワカメやウスバハギを取る人達のみ・・・・・。
ちなみに、聞いたところによるとウスバハギは刺身、鍋で食すると美味らしい・・・・・
ダイブする海鵜&カモメ達の姿はほとんどなく、またしても『玉砕』の2文字が脳裏に浮かぶが、焦っても仕方ないので『ハイシーズン』に向けての調査と割り切るが・・・・・。

辺りをラン&ガンしていると餌釣り師達が帰っているのが見え本命ポイントへ行くと、まぁ~足元は撒き餌で一杯!!
(少しは後片付けして帰ってもらいたいものである・・・・・(-_-;)
足元には昨日よりも薄いサラシが広がっているが、ベイトの気配は皆無!!
狙いを20mほど先に頭を出している根の周辺に広がるサラシに狙いを絞ってトップからボトムまで探ること1時間・・・・・。
マジで反応が無い・・・・・(>_<)
足元に散らかっている撒き餌を集め足元に落としてしばらく様子を見ても撒き餌に集まるであろう餌取りすら姿を見せることはなく、フィッシュイーター族は居ないと判断し以後、沖の沈み根、沖に広がるサラシ、足元に広がる沈み根を目標に狙いを定めてピンポイントキャストの練習!!
シャローランナー、シンキングミノー、シンキングペンシル、バイブレーション・・・・・etc
手持ちのすべてのタイプのルアーをキャストすること1時間・・・・・。
ふと気が付けば15mほど先に浮かぶウスバハギを引っ掛けるのに夢中になっている自分に気づきふと我に返れば日も暮れ始め、腹時計が晩御飯の時間と言っている・・・・・。
結局、2月はアメフラシ1匹のみの釣果に終わってしまった(>_<)
西、東方面の河川ではシーバスの釣果もチラホラと聞こえてきたことだし3月からは大河川&河口に狙いを絞っての釣行をメインにやって見るつもりである。

来週末に期待である。

blog_0502271507.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

1week・・・・・

 2月も残すところ1週間をきってしまった。
去年の今頃であれば、メバルオンリーで週末夜な夜なあっちこっちの漁港をラン&ガンしていたのだが、今年は、昨年から再び始めたシーバスを週末が来るたびに狙っているのだが・・・・・。

しかし、なかなかシーバスが釣れない・・・・・。
メバルは置いといて、サーフでソゲ1匹&1バラシ(多分ソゲだと思う。)、某河川で24cmのセイゴ1匹&1バラシである。
ちなみに上記の釣果?は1月に入ってからの釣果なのだが、今月は未だに魚族にはお目にかかれずじまいである。
唯一の釣果?というかフッキングさせたのはデイメバでベイライナーRFをバットから満月になるぐらいまで曲げた?アメフラシ1匹のみである。

西方面では、ヒラ・マル、アオリ・・・・、東方面でもマルの釣果もチラホラ聞こえてくているのだが、どうもここ最近は玉砕!!&撃沈!!の連続である。
時期的に厳しいのはあるかもしれないが、それでも掲示板やメールで釣果もチラホラと入ってくる。

場所が悪いのか、タイミングが悪いのか、腕が悪いのか・・・・・(>_<)
唯一の明るい材料は先週末に久しぶりに見た鳥山ぐらい。

shoichiさんの60cmのシーバス!!、三苫のおやじさんの尺メバ!!といい釣る人は釣るのだなと・・・・・。
さて、残すところ今週末を残すのみとなったが、釣果の方はいかに・・・・・

blog_0502131152.jpg

このページのトップへ

強風波浪注意報!!

 本日は、ショッポさん&ご友人のMr.Mさんと近郊地磯&サーフでのシーバシングである。
以前、ショッポさんがFishing BBSに書き込んでいただいた折に管理人からお誘いしていたのだ。

AM6:00に待ち合わせし、ショッポさん&Mさんと合流ししばし、談笑し目的の地磯に移動・・・・・。
今日は強風波浪警報が出ているが、車を止めタックルの準備を終え目的地に到着してみると・・・・・納得である。

キャスト出来そうな場所を探すも、波高のせいもあり、先端まで出ることが出来ず、2、3投して地磯の浅場からウェーディングで沖目を狙うことに。
次第に空も明るくなり始め海面に目を凝らすと一番先のブレイクライン付近にカモメ&海鵜?が低空飛行している。

SHORE LINE SHINER R50+SSRのバーニングイワシを波の間隔を見計らってライナーでフルキャスト!!
ショッポさん、Mさんは地磯の方からラン&ガンしながらキャストしている・・・・・。
しか~し、じぇ~んじぇ~ん反応なし・・・・・(-_-;)
ここは、見切りをつけて場所チェ~ンジ!!

数分後、サーフの波間に3人は佇むのである。
しかし、今日は風が強い!!(強風波浪警報発令中!!)
しかも、真正面から吹くならまだしも斜めから吹き込むのでキャストしにくい・・・・・。
沖目では時折海鵜らしき鳥がダイブしているが・・・・・。
サーフの中の瀬の一帯を攻めるもなかなか、反応が無くここも見切る!!

更に車で移動し、目的地に着いてみれば、以前、管理人がシーバスをキャッチしたところ・・・・・。
以前、キャッチした所であるので気合を入れてキャスト&リトリーブをするが、どうも反応がない。
ここ数日の雨の影響か潮も濁り気味、カラーもチャート系のミノーに変えるも状況は変わらない・・・・・。

ショッポさんと管理人でキャストしているとMさんがベイトを捕食している海鳥を目撃したらしく速攻で場所チェ~ンジ!!
3人思い思いの場所に散らばりキャストしていると潮目もあり雰囲気も良さそう・・・・・。
気合を入れて3人ともキャストしまくるもやはり反応はない・・・・・(>_<)

で、引き上げようかと来た道を戻っている時、鳥山発見!!
しばらく、3人で見ていると少しずつ手前に近づいているような・・・・・。
が、手前には定置網が・・・・・。
しまいには、雪まで降り出すし・・・・・。
結局、銃数分後には鳥山も落ち着いてしもうた・・・・・(-_-;)

西方面、東方面では戻りシーバスの便りもチラホラ聞くが市内はまだなのだろうか・・・・・。

激風!!&雪!!の中、ショッポさん、Mさんお疲れ様でしたm(_ _)m
このページのトップへ

Tidewading・・・・・

 本日は、お昼から某河川の河口部へシーバスの生息調査に出撃!!
約1時間後、現地に到着し車から出るともろ向かい風!!( ̄▽ ̄;)
しばし、餌釣り師の様子を見ていると餌が付いたまま。
早々に見切りをつけて、以前から気になっていた場所へ移動!!

30分後、目的地に到着!!
ここは、干潟になっていて以前、この干潟の入り口の水道でシーバスの50クラスを目撃していたのだ。
ということは、この干潟で回遊していてもおかしくはないと思ってたのだが・・・・・。
しかし、ここでは潮干狩りの人を除いてウェーディングする人は今まで見たことはない・・・・・(-_-;)

時期的にかなり厳しいと知りつつも調査を兼ねて慎重にたち込んで行く。
目標は対岸の手前にあるブレイクライン&ストラクチャ付近。

立ち込んで、少しずつ前進しながらキャストして行くも当然のごとく無反応・・・・・。
水深は1m弱ぐらいであるが、カキが付いた石やアオサみたいな海草がところどころにある。
おまけにキャストして回収したルアーにはなぜか必ず小指の爪ぐらいの巻貝が必ず引っかかっている。
で、ふと目を対岸の方にやると行きかう車が管理人のところで立ち止まって様子を見ている。
ここで、一発シーバスをキャッチ!!できればと思い気合でキャストしまくるも海の中には生命反応がゼロ!!
前回から気になってはいたが、立ち込んだ時に太腿付近に感じる水の冷たさが年末よりも低い!!
この冷たさではやはり深場に落ちるのも当然か・・・・・。

あらかた、キャストして見切りをつけて場所を移動。
今度はシーバスからRockFishに狙いを変更!!
以前、ムラソイを掛けたポイントから地磯の先端付近まで往復約1kmぐらいをラン&ガンなのだ。
現地に到着しルアーを交換!!
8cm前後のシンキングミノー&バイブレーションを使うのだ。

今日は大潮であるためかなり沖まで立ち込めるので積極的に沖へ出ていくことに。
途中、ワカメや海草を取っている夫婦としばし、会話をし(以前からだがよく人に声をかけられる・・・・・)RockFishポイントを教えていただいたのだ・・・・・。(教えていただいた場所は次回の楽しみに取っておくことに。)

さすがにこの時期は海草がよく生えてキャストしてもミノーに海草が(-_-;)
ラン&ガンしながらキャストすること1時間、遂に地磯の先端まで来てもうた・・・・・。
で、先端まで行くと薄いがサラシを発見・・・・・。
キャストすること30分、沖の沈み根、スリット、足元の際・・・・・etcを攻めるも反応なし!!

で、来た道をテクテクと歩きながら戻り車までたどり着いたときは汗ビッショリ!!

2月に入って場所にもよるけど魚の気配が皆無である・・・・・。
今日は海鵜達も岩場の上でたむろしているだけでダイブする姿もなかったなぁ・・・・・。

次回に期待である。
このページのトップへ

休憩中の・・・・・

 仕事中にちょっと休憩がてら、事務所の周りをちょっと一周してたらカモメさん達の群れを発見!!
今日は、ここ最近の中では暖かかくカモメさん達も気持ちよさそう・・・・・(^-^)

 水面に浮かんで、羽を羽ばたかせるもの、喧嘩するもの、干上がった箇所を忙しそうに啄ばむもの・・・・・。

ちょっとばっかし数枚ほど写メール!!

橋を渡る途中に橋脚付近の海中を見下ろせば、10cm弱のボラっ子の群れを発見!!
ベイトは居るのだ・・・・・(^0^)/
ただ、やはり干潮であった為か表層ではなくボトムにぴったりと張り付くように一塊になっていた・・・・・。

あれだけベイトが居れば・・・・・f^_^;
取らぬ狸の皮算用という諺もあったような・・・・・。

20050208221231.jpg

このページのトップへ

お久ぶりのウェーディング・・・・・

昨日より実家の用事でちょっとばかり帰省・・・・・。
こともあろうか北九州方面で開催されるRockfish大会の開催日を一週間後と勘違いしてしまい自己嫌悪・・・・・。(まったく何やってんだか・・・・・(-_-;)

そんなこんなで本日は、久々のウェーディングをと思い実家の近所をウロチョロ・・・・・。
場所は以前から入ってみたかったところ。
底はこぶし大の石&砂地が混じる場所である。

丁度、最干潮であったためかワカメ取りの人達が数人・・・・・。
できるだけ邪魔にならないように立ち込んでキャスト!!
立ち位置は瀬のようになっていて狙いはゴロタ石と砂地のブレイク付近と読む!!。
しばらく辺りの海面を見ていると海鵜らしき鳥が頻繁に海中へダイブしているのが見える。
ダイブしているのはやはりブレイク付近・・・・・。

とりあえず何らかのベイトはいるようで、まずはシャローランナー系をブレイクの20mほど先へフルキャスト!!
風裏の為か思ったよりも飛距離が出ている。
着水と同時にファーストリトリーブしてきてブレイク付近で少しリトリーブスピードを落としてきて時折ポーズを入れること・・・・・1時間。
海鵜は頻繁にダイブしてはいるがロッドにはまるで反応はない・・・・・(>_<)
ルアーには時折、海草が引っかかるだけ・・・・・。

ここで、ルアーを交換(シンキング系)へチェンジし同じ要領でキャストし、今度はボトムを感じるぐらいに沈めてルアーがボトムに当たったときにポーズを入れその後、トウィッチ!!
しかし、マジで無反応・・・・・。

次第に、腰上まで潮が満ちてきたのか、太腿のあたりがジンジンと冷えてきて休憩を兼ねて戻ろうと振り返ると今まで干上がっていた瀬が水没!!( ̄▽ ̄;)

岸に上がって、一休みしていると声をかけられしばし近況を聞いてみるとやはり厳しいみたい。
しかし、キャストしなければ釣れないし人の情報ばっかり当てにしても情けないし・・・・・。
で、思い切って場所を変えてサーフ繋がりの地磯へ・・・・・。

着いてみるとベタ凪!!
足元を見るとボトム付近の海草の間から10cm前後のメバルが数匹・・・・・。
メバルには目もくれずシャローランナーで海面と海草の頭の間を引いてくるもそうそう簡単にバイトすることはありえずまたもや玉砕!!

まぁ・・・・・波間に立ってキャストするのは気分爽快!!だしヨシとするか・・・・・。

20050206213925.jpg

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。