てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Amount of storing water.....

 ここ最近は水の話題ばっかり・・・・・。
昨日のニュースでは香川の方では夜間は給水制限をしているらしい。

 気になって、帰宅後近くのダムへ行ってみた。

blog_05063001.jpg


 貯水量は、まずまずといった感じ。
写メしているときに『ボフッ!!』とバスがライズする音が・・・・・。
音からして結構なサイズとみた!!

 一方、お空の方は、

blog_05063002.jpg


 今日もやっぱり雨降らないんだろうか・・・・・。
帰宅後、天気予報をみれば、明日は何やら期待できそうな感じ。

 帰宅して久しぶりに聞いたバスの捕食音!!が耳に残っている。
今度、シーバスロッド持ってプラッキングしてみようか・・・・・。


スポンサーサイト
このページのトップへ

It expects it......

 暑い!!先週末から異常に暑い!!
何だか、毎年『今年は暑いな~』とか言ってるような気がする。

そんな暑い日の業務終了後、お空を見上げれば・・・・・

blog_05062901.jpg


今にも雨が降ってきそうなぐらいにどんよりとした空模様・・・・・。

雨降ってください!!

遠慮しなくていいですから!!

期待しています!!

どうかお願いします・・・・・m(_ _)m


このページのトップへ

Rainy season?.....(2)

 遂に福岡県内の主要17ダムの平均貯水率が50%を割ってしまった。(6/27時点)
この時期に貯水率が50%を割ったのは1990年以降では初めてのことらしい・・・・・。
しかも、あるダムでは貯水率が0.0%!!・・・・・水が空っぽ!!

 今の時期、田植えの時期で一番水が必要な時期であるが、まだ田植えを行っていないところでは田植えを中止したり、また田植えが終わっていても田んぼがひび割れていたりと農家にとっては死活問題!!

 毎年、夏になると『今年は暑い!!』とか言うけど、まだ梅雨ですよね?
どう考えても真夏のお天気&気温ですよね?

 最近、思うのだけど子供の頃って・・・・・

冬には結構雪が積もってましたよね?

雪だるま作って遊んでましたよね?

雪合戦してましたよね?
(流石にカマクラは作らなかったけど・・・・・)


6月にはほとんど毎日っていうぐらい雨降ってましたよね?

不必要なぐらい水溜りの中をジャブジャブいわせて歩いてませんでしたか?

子供の頃って四季がはっきりしてたような気がしませんか?

これってやはり温暖化が進んでいるんでしょうか?

ちとばっかし貯水率が気になる今日この頃です・・・・・。

このページのトップへ

Rainy season?

 ここ最近、梅雨というのに暑すぎる・・・・・。
新聞では福岡県内の主要なダム17個の24日現在の貯水率は平均54%らしい・・・・・。
2002年の渇水時に比べてこの貯水率の減少は2ヶ月も早いらしい・・・・・。
っていうかかなりヤバヤバ・・・・・(-_-;)

本当に梅雨入りしたのか?と疑いたくなるような6月の天気。
かと思えば、南部九州は梅雨前線の影響で大雨注意報がしばしば出ている始末・・・・・。

 今日は、お昼過ぎから下見調査に出かけたのだが、あまりの蒸し暑さに下見のウェーディングは中止。
その時に、久しぶりのにわか雨!!
夕方まで降ったり止んだりだったが、一時は雨脚が強く振ったのだが、焼け石に水?程度か・・・・・。

 このまま7月を向かえて夏が本格的に始まるまでにはある程度の雨が降ってほしい・・・・・。
っていうか6月も後残すところ一週間。

また、数年前の給水制限になりませんように・・・・・( ̄人 ̄)

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.17

 今週は土日がお休み・・・・・。
ということで、行くっきゃないっしょ!!で今月から通い始めた某河川河口へ車を向ける。

blog_05062401.jpg


約一時間半で現地到着。
時刻はPM22:00を過ぎたぐらいで満潮の2時間前・・・・・。

 一応辺りを見渡すと、またもや貸切状態!!
今回は、シンキングペンシル(Maria BLUESCODE C90)をメインに使う予定なのだ。
ルアーの数だけは着実に増えているんだけど、未だにシンキングペンシルでは釣果がない・・・・・。

 いつもの場所へ車を止め、膝下まで静かに立込み、満潮時に隠れてしまう岸際から5mまで岩が敷き詰められている場所にBLUESCODEをフルキャスト!!
着水後、速攻で糸ふけをとりデッドスローでリトリーブ。
しばらくすると急にロッドが重くなった・・・・・。
でも、魚の重みとかではなさそう。
で、足元まで寄せれば草・・・・・(´д`)
それからというものキャストするたびに草とか、藁みたないやつとか、草の塊とか・・・・・etcがルアーに絡み付いてTOPでは釣りにならない・・・・・(>_<)

 シンキングペンシルを諦め、ミノーへ交換しフルキャスト!!
でも、状況は一緒!!
場所を変えても、深く潜らせても草とか、藁みたないやつとか、草の塊とか・・・・・etc。
潮止まりが過ぎ、潮が下げ始めたぐらいで30mほど河口に一人のルアーマンの姿が・・・・・・。
その30分後、バシャバシャと言う音で振り向くと、先ほどのルアーマンが目測でフッコサイズを掛けちゃった・・・・・( ̄▽ ̄;)
しかも陸っぱりで!!

・・・・・
・・・・・
・・・・・

微妙ダ・・・・・・・・・・(´Д`∥)


 で、フッコサイズがバイトした辺りまで平行に立ちこんでいくと、何故か水温が明らかに高い!!
明らかに太腿に感じる暖かさが違う!!

・・・・・
しばらく思案して水温が他より高いと思われる上流側、下流側をしばらく狙ってみるとセイゴらしきショートバイトが2、3回・・・・・。

 その後、流れが更に強くなりだし、次第にボラの活性も上がりだしたのかバシャバシャとジャンプ音が増えてくる。
時折、セイゴらしき捕食音も聞こえてくるが、どうも過去の釣行時よりも活性が低いような気がする。
下流側のルアーマンもフッコサイズの後、次が出ないようで管理人と同じ位置までウェーディングしてキャストしている。

次第に、潮位も下がり膝付近まで下がったぐらいでルアーマンはお帰りになってしまった。
ジモッピーだったのか?遠征組みだったのか?
チト気になるな・・・・・。

その後、管理人一人で粘ってみるものの、ルアーにはゴミが絡まってくるだけで結局AM3:00にSTOP FISHING!!

で、その帰り道、腹が減ったので昔かなりお世話になったラーメン屋へ。
『元祖長浜』略して『元長(ガンナガ)』でラーメンを所望。

blog_05062402.jpg


最初は固玉で。

blog_05062403.jpg


で、替え玉までしてしまった・・・・・。
半分やけ食いモード!!
ちなみにラーメン一杯が400円(昔は250円!!)、替え玉50円で計450円ナリ~。
ご馳走さまでした・・・・・m(_ _)m


このページのトップへ

Cigarette.....

 管理人はタバコを吸う。
銘柄は『Marlboro』である。
一応、喫煙は二十歳から始めた・・・・・。
今は、喫煙のペースは2日~3日で一箱ぐらい。
土日が休みであると、2日で一箱ぐらいであろうか・・・・・。

 先日、何気なしに愛煙の『Marlboro』を自販で買い、自宅で喫煙するときに、あることに気づいたのだ。
今までのパッケージは、下の画像。

blog_05062301.jpg


で、この日買ったのが下の画像。

blog_05062302.jpg


何やら注意書きが書いてある。

blog_05062303.jpg


まぁ・・・・・吸いすぎは体には良くないということである。

で、反対側は下の画像。

blog_05062304.jpg


こちらにも注意書きが書いてある。

blog_05062305.jpg


言わんとすることは喫煙は体に悪いということなのだろう!!

 実は、以前は日に一箱ぐらいだったのだが、社内で喫煙していた人が禁煙しその中で流石に喫煙するのもどうかと思い、社内では禁煙することにして今に至っている。
喫煙の量を減らすようになって既に4ヶ月ぐらい経つのだが、2週間目か3週間目ぐらいから気のせいか朝起きるのが楽になったのに気づいた。
あと、全く禁煙していないにも関わらず通りすがりの人のタバコの残り香に気づくようになった。

と、色々と変化が現れている。

目指すは完全禁煙である。

このページのトップへ

Mantis shrimp.....

 昨日、梅雨メバルを狙い某漁港へ行ったのだが、その時蝦蛄が海面付近で泳いでいるのを発見・・・・・。
1年前の今ぐらいを思い出せばやはり蝦蛄が泳いでいたのが記憶にある。

blog_05062201.jpg


 で、蝦蛄なる生き物を少しググってみれば、

英名を『Mantis shrimp』と呼ばれている。
このMantisとは『蟷螂(カマキリ)』というらしく、前足がカマキリににているので英名ではMantis shrimp。
この蝦蛄、江戸時代にはシャクナギ(石楠花(シャクナゲ))とも呼ばれていたらしく、その由来は蝦蛄を茹でた時の色が石楠花の花の色に似ることからこう呼ばれていた・・・・・。
ウ~ン・・・・・当時の人は風情がある・・・・・いとおかし・・・・・(´ー`)。

blog_05062202.jpg


甲殻網―口脚目―シャコ科→ということは、海老でも蟹でもない別の種類みたい。
子供の頃塩茹でにして食べたことがあるが、確かに海老でも蟹でもない味だったような気もする。
お寿司屋さんでツメをペロンと塗ってでてくるのは好物でもある。

体長は2cm~30cmぐらいで水深1,000mに住むものも居るとか。
一般的には浅海の泥質の海底に住んでいて、5月~8月が大体交尾期に当たるのだそうだ。
ということは、去年、今年と海面付近で泳いでいたのは『嫁さん』もしくは『旦那さん』探しをしていたのか・・・・・。

 この蝦蛄、水から上げてしまうとすぐ死んでしまい、しかも己消化酵素なるものを体内に持っていて死ぬと自分自らを『消化』してしまうらしい。
ということは、食べる直前までは活かしておかないと美味しく食べれないということか・・・・・。

昨日見かけたのは大きくても10cmぐらいだったので、来月ぐらい網とブクブクとクーラーボックス持参で蝦蛄すくいにでも行ってみようか・・・・・。


このページのトップへ

After a long time.....

 今日は帰宅後、何故かメバルの顔が久しぶりに見たくなったのだ・・・・・。
SMITH BL-68UML/RFを骨折させたまま(未だに修理に出していない・・・・)なので、BL-62UL/RFにLUVIASをセットし助手席に積み込み近郊の漁港へ愛車を走らせてしまった。

 まずは、実績のある波止に到着しMariaのリトルビット3gをセットし常夜灯の切れ目の先へキャスト!!
表層をリトリーブさせるも反応なし・・・・・。
久しぶりの漁港では海毛虫がウジャウジャと泳いでいるし、シャコ、蟹も泳いでいる。
おまけに10cmぐらいのソゲがシャコと3cmぐらいのベイトを追っかけている!!
流石に前回(たしか1月か2月ぐらい)に来たときよりは海の中はかなり賑やかになっている・・・・・。

 しかし、お目当てはメバル!!
梅雨メバルとは言うがココ最近のお天気で水温も上がり気味なのかメバルさんはもう居ないのか・・・・・チョット気になるところ・・・・・。
1キャスト毎にカウントダウンを取りながら、数投目のショートJerk後のフォールにブルブルとした軽い手応えが!!
一応フッキングを入れるもかなり手応えが軽い・・・・・。
足元まで寄せてくればこれもかなりお久しぶりのお魚・・・・・。

blog_05062101.jpg


アジゴダ~~(^-^)
アジゴというよりも豆アジと呼べるサイズ!!
南蛮漬サイズでおいしそう~~。
とりあえず、写メして優しくリリース。

 リリース後、キャストするも反応がなく、数箇所移動・・・・・・。
岸際にリトルビットをキャストしてフォール中に引っ手繰るようなバイト!!
手応えからお目当てのメバルさんと確信し、しばらく引きを楽しむ・・・・・。
抜き上げれば10cmほどのメバルッチ!!

blog_05062102.jpg


かなりサイズ的には小さいが妙に嬉しい管理人。
記念に写メして更に2匹目を狙うも痛恨の根掛かりでリトルビットをロスト!!
で、時間も遅くなったのでここでSTOP FISHING!!

釣果は貧果であったが、たまにはライトタックルでの釣行もヨシ!!である。
このページのトップへ

LINE.

 ウェーディングで求められるもの・・・・・。
その一つに『飛距離』が上げられると思う。

その飛距離を求めると色々な方法が挙げられる。

①.ウェイトがあるルアーを使用する。
②.空気抵抗が少ないルアーを使用する
③.ロングロッドを使用する。
④.より細いラインを使用する。
⑤.ロッドのアクションに合ったキャストをする。


 で、今回はLINEのお話。
最近、港湾、河川、ウェーディングで使用しているのはPEライン。
今まで、使用してきたのは、そんなにないが思いつく限り列挙してみると、↓のような感じ。

①.バークレー社 ファイアライン
blog_05062001_fireline.jpg


②.DAIWA ハイドロファイン
blog_05062004_daiwa_hidro.jpg


③.GOSEN アーチPEソルトウォータゲーム
blog_05062003_gosen_arch.jpg


④.GOSEN アクアマジック
blog_05062002_gosen_aquamagic.jpg


⑤.DUEL社 X-DRIVE
blog_05062005_duel_xdrive.jpg


と4メーカー5種類。
いずれも使用した順番。

▼バークレー社 ファイアライン
 メバリングで使用しただけだが初めてPEラインなるものを使用してその感度にビックリ!!
でも、フォーリングでのバイトが取りにくかったのが印象としてある。
ラインの張りもまずまず。
この時、使用したのは8lb。
お値段も安いのか高いのかよう分からん中途半端な値段。
新製品のXDSも気になっている。

▼DAIWA ハイドロファイン
 メバリング、その他ロックフィッシュ、エギングで使用。
実際使用したのは、12lb(0.8号)、16lb(1.2号)、20lb(1.5号)。
ファイアラインよりも張りがありマーキングがあったので興味本位で購入。
マーキングのおかげで飛距離を計るのには便利。
でも視認性は???。
(管理人の視力の悪さもあるけど・・・・・)
ただ、このライン、張りがあり過ぎる?為かあまり号数が太いサイズはゴワゴワしてバックラしやすいような・・・・・。
リールに巻いた時のテンションも弱かったかもしれない・・・・・。
お気に入りは12lb(0.8号)。
ロックフィッシュのプラッキング、メタルジグをキャストする際に今は使用している。
リーダーはエギング用の1.5号を結束。

③.GOSEN アーチPEソルトウォータゲーム
 初めてのサーフウェーディングで使用。
とりあえず費用をかけず揃えたかったので購入。
実際、使用してみて、今までのPEラインに比べて張りが一番無い・・・・・。
結局、バックラなどで2ヶ月ほどの使用に終わった。

④.GOSEN アクアマジック
 サーフウェーディングにもようやく慣れてきたころに購入。
アーチPEソルトウォータゲームよりも張りがありラインカラーもホワイトで視認性は◎。
お値段もお手ごろで↑の三種類よりも使いやすかったような気がする。
唯一のネックは長さが中途半端!!
なぜに150ヤードなのか?
せめて150m巻きで販売してほしい・・・・・。
コーティングのせいか他のPEラインよりも号数のわりに太く感じる。

▼DUEL社 X-DRIVE
 R-CUSTOMを購入して、どうしても200m巻きが欲しく丁度お値段もお手ごろだったので購入。
使用しているのは25lb(1号)である。
しっかりとテンションをかけて巻けば、下巻きなしでスプールの縁に全ラインが収まる。
使用感は最初の数回は良いのだが、コーティングが取れやすい・・・・・。
後、ラインシステムを組むとき、最後に湿らせてきつく締めるとブチッ!!とラインが切れる。
2本よりの為か途中でよっている糸がピ~ッと剥がれる。
只今、2セット目を使用中。

と、まぁ~こんな感じ。
感想はあくまでも管理人が使用したときの印象でそのときのスプールへの巻き方、使用するタックルでも変わってくると思うので、そこら辺はご勘弁を・・・・・。
別に批判するつもりはないので・・・・・。

で、この中で一番使いやすかったのはGOSEN アクアマジックかな・・・・・。
ヤード表示でも良いから200ヤード番を使ってみたい・・・・・。

皆さんは、どんなラインを使用しているのだろうか?
ご意見お待ちしております。
お願いします・・・・・m(_ _)m


このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.16

 本日は、土曜日勤務・・・・・。
仕事が終わり、行きつけの釣具屋で以前からきになっていたMariaのシンキングペンシルを2個購入。

blog_05061902.jpg


一旦、自宅へ戻りタックルの準備をして先週いい感じだった某河川へプチ遠征!!
しかし、満潮が19時過ぎで自宅をでたのが21:00。
今回は費用節約で行きも帰りも下道を使用する予定・・・・・。
その往復の中で今回はこのCDをチョイス!!

blog_05061901.jpg


BackStreetBoysのNewアルバム『Never gone』なのだ。

現地到着は22:30を回ったところ。
ウェーダーを着てタックルをセットして河川へ出てみれば・・・・・ガビチョ~~~ン!!ほとんど引ききってしまっている・・・・・( ̄▽ ̄;)

 予定では膝下まであるはずだったのだが・・・・・。
参ったでごじゃる・・・・・(-_-;)

 折角ココまで来たのだし、キャストせず帰るのもなんだし・・・・・。
今回は、前回立ち入れなかった河口側を調査!!

静かに立ち込んで河口側へ移動・・・・・。
その途中で反対の岸際へ移動すると膝上ぐらいの水深で海底がたたみ2畳分ほど真っ黒!!
しかも、時折動いているし。
どうやら小魚の群れみたい。
体長10cm弱ぐらい。
ボラかまたは稚鮎か?
動き自体はボラっぽくなかったのだけど・・・・・。
しばらく群れの中をルアーを通して正体を確かめようとしたけどルアーには引っかからず・・・・・。
諦めて河口の沖に向けて静かに立ち込んで行く。
立ち込んでいく時、気づいたのは対岸の方が流芯が太いということ。
かなりしっかりした流れがある。

 沖の方に立ち込んで行き、町明かりが届かないエリアまで来たところで扇型にキャストをしていく。
一通りキャストして少しずつ移動しながら、河川内に戻っていく。
既に3時間が経過している・・・・・。

で、橋脚の中へルアーをキャストしドリフトさせながら流芯付近をみると、体長60cmは悠にあるシーバスが颯爽と沖に向かって泳いでいってしまった。
一応、速攻でルアーを回収し泳いで行った辺りへルアーをキャストするも世の中そんなにアマアマではなく、とりあえず朝マヅメに備えて一旦車に戻り仮眠・・・・・。

寝つきの悪い管理人であるが、溶けるように寝込んでしまい、気づけば車の中が暑い!!
寝ぼけ眼で外を見れば日は完全に昇って時計をみれば8時・・・・・。
車の外へ出ると水量は申し分ない!!
っていうか今更ウェーディングする気力もなく、自己嫌悪!!

結局、片道60km走って車の中で仮眠を取りに来た様な物ダ!!

唯一の収穫としては、フッコクラスも居るとうのが分かっただけでもヨシとしとこう・・・・・。

次回に期待である。

このページのトップへ

My favorite lure(6)

 Maria Chase BW/SW 105シリーズである。
先行発売されている125mmのサイズダウンモデル。
港湾や河川、運河などでウェーディングにて使用するために購入したものだ。
で、前回の某河川へプチ遠征で使用したのはほとんどこのシリーズ。

仕様は、

TYPE ⇒ FLOATING
SIZE ⇒ 105mm
WEIGHT ⇒ BW:11.5g、SW:12.5g
潜行深度 ⇒ BW:~30cm、SW:~60cm

この時のヒットカラーはBW105 CG(チャートゴールド)・・・・・。
他のルアーもキャストしてみたが、何故かバイトがあったのはこのタイプのカラーのみ。
SWもキャストしてみたが潜り過ぎてしまうのかBWのみのバイト。

blog_05061702.jpg


シーバスをやっててこれほどカラーがはっきり分かれたのは初めての経験。
メバルやアジをワームで狙う場合は結構、ワームのカラーで当たり外れはあるがシーバスもカラーによって釣果が違うことを実感!!。
今後の釣行の際に外せないカラーになってしまった。

blog_05061701.jpg

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.15

 今週は土日がお休み!!
ということで、金曜日の夜に春先に下見しておいた某河川へ愛車を向ける・・・・・。

 狙いはウェーディングでのシーバス!!
シーバスは釣ったことはあるが未だにウェーディングでは釣果が出ていない。
で、運良く?雨模様の中、車を走らせる。
途中、腹ごしらえの為、『牧のうどん』にて晩御飯。
『ごぼう天+コロッケ』うどんに『かしわご飯』を注文する。
ある意味、福岡では『ごぼう天+かしわ飯』は定番のような気もする。

blog_05061002.jpg


blog_05061001.jpg



 速攻で胃袋に押し込み、先を急ぐ!!
目的の河川へ到着し時刻を見るとまだ満潮の2時間前。
速攻でウェーダーを着てタックルをセット!!

 前回の下見の際、予め狙いを絞っていた箇所へ立込んで行くも予想よりも水深があり、いきなり胸の辺りまで水面がきてしまい、溺れそうになり断念!!
雨の影響で多少は濁っているかと思っていたが、予想に反して水質はクリア。

一旦、岸に上がり、隣の河川へ移動することに・・・・・。
風は、左から右へ吹いて時折、雨も降り出してくる・・・・・。

 この河川はかなり小さいが、岸際にブロックが沈んでいるのを下見の際に見つけたのでシーバスも着いているかもと予想。
膝下まで立込んで上流へキャストしターンさせて沈んでいるブロックの上を通すようにリトリーブする。

時折、ボラの跳ねる音が聞こえてきくることからベイトはいる!!
約一時間、キャストして立ち位置から5mぐらいのところでドスン!!とした手応え!!
不意をつかれてしまい、フッキングも入れる暇もなく痛恨のバラシ・・・・・(>_<)
これでシーバスが居ることは確認できたので、今度は集中力を切らさず最後まできっちりリトリーブを繰り返す・・・・・。
約1時間後、同じようにリトリーブさせて足元まで来たところでドスン!!とした手応え!!
今度はしっかりフッキングを入れて強引に抜き上げる。
一応、今回はランカー狙い?の為手持ちの中で一番のパワーロッドを使用しているのだ・・・・・。

とりあえずはウェーディングでの初シーバス!!の30cmのセイゴ・・・・・
blog_05061003.jpg


その後、潮止まりになり流れが緩やかになるが、風が強くなりだしたので、追い風になるような支流と本流の合流部へ移動!!

2本の河川の合流部だが、まだ流れが出ていないようでベイトの気配もなし・・・・・。
一旦、車へ戻り一服し再度、同ポイントへ立込む・・・・・。

膝下まで立込んで水面の様子を見ると時折、ベイトらしき小魚がもじっている。
その後、1時間ぐらいして下げに入ったのか次第に河川の流れが出て2本の河川の合流部でセイゴがライズする姿が増えてくる。
俄然、管理人はやる気モード全開!!
モチベーションも急上昇!!である。

 まずは、支流からの流れに乗せてルアーをドリフトさせ流れのヨレらしき部分でターンさせる。
リトリーブさせているとルアーにベイトが頻繁に当たってくる。
既に頭の中ではランカーサイズをキャッチするシミュレーションが出来上がっている。
何回か少しずつ立ち位置を変えながらキャストし、着水後のリトリーブでドスン!!とした手応え!!
フッキングを入れ、強引に寄せてくるとシーバスが水面を滑ってきている・・・・・。
セイゴサイズだ!!
足元まで寄せてくるとフック2本ともしっかり掛かっているようでリーダを掴んでずり上げ。

先ほどよりも少々サイズダウンしたセイゴ・・・・・。
blog_05061004.jpg



でも、管理人は満足!!満足!!
これで予想していたものが確信へ変わる。
それは、ルアーのカラーである。
今回の為に行きつけの釣具屋でMaria Chase105のCG(チャートゴールド)を購入したのだが、今までバイトしたのは全てこのカラー。
で、今日の当たりカラーはCGと勝手に決め込む管理人。
再び気合を入れなおして、再度立込み今度は大きい方の河川の流れを狙う!!

十数投したところで再びバイト!!
今度は少しサイズアップしたような手応えを感じ、寄せに入ったところでエラ洗いしながら海面を滑るように走られ、思わず『うぉ~~!!』とか思っていたら痛恨のフックアウト!!

やっちもうた・・・・・。

その後、一旦岸へ上がり、一服する。
場所を落ち着かせる意味もあるんだけど・・・・・。

数分後、再度立込み今度は少し下流側へキャスト!!

気づけばあっちこっちでシーバスのライズが・・・・・。
一回だけ大きなボフッ!!と大きな音と共に水柱が上がったのを目撃!!

やはり居る!!

『ヤツ』は居る!!

自然に心臓がバクバクなってくる管理人・・・・・・。

その後、1時間ぐらいキャストしていると、ルアーが足元5mぐらいまで来たところで、引っ手繰るような手応えと共にドラグが鳴り、『エッ!!』と思ったらロッドが軽くなってしまった。

う~ん・・・・・フッコサイズか?

結局、その後バイトはこれっきり・・・・・。

時刻はAM3:30を過ぎてしまった・・・・・。

で、水深も膝下ぐらいあったのがいつの間にか、くるぶしの10cm上ぐらいまで下がり、まだまだ釣れそうだったがあまりの眠たさにSTOP FISHING!!

結局、この日は5バイトで3バラシ!!

次回は少しやわらかめのロッドを使って食い込みを上げて再挑戦を誓い、河川をあとに帰路についたのであった・・・・・。

眠テ~~~~!!

このページのトップへ

Suicide?

 85cmの鯔をゲットした夢が覚めやまぬ金曜日の夜、翌日も仕事というのに近郊港湾施設で佇む管理人・・・・・。
この日は北からの風が強く、少々釣りづらい。
風裏になりそうな場所を探して某港湾施設へ移動し、辺り一帯を下見。

 とりあえず、港湾施設の先端で北風をまともに受けながら、しばらくキャストするも反応がなく、風裏になりそうなところへ移動・・・・・。
船と船の間の先に見える潮目へシンキングペンシルをフルキャスト!!
追い風がの影響かシンキングペンシルがよ~飛ぶ!!

 立ち位置を少しずつ変えながらキャストしていると、ゴゴッ!!とした手応えが・・・・・。
フッキングを入れたが速攻でバレてしまった。

ヘタッピーな管理人・・・・・(>_<)

 その後、常夜灯の明かり付近でキャストしていると、いつも鍵がかかっている台船の橋のドアが開いている・・・・・。
で、入らぬわけにも行かず台船の先端でキャスト!!
右からの風で糸ふけが出てしまい、ライントラブル・・・・・(>_<)

ラインシステムを組んでいると、後ろから人の声が・・・・・。
見れば、港湾施設の方のようである。

港湾の人 ⇒ 『こんばんは~』 (^-^)/
管理人  ⇒ 『こんばんは!!』 (^0^)/

港湾の人 ⇒ 『スミマセンが、ココにずっとこちらに居ましたか?』 (^-^)
管理人  ⇒ 『いえ、まだ来て5分かそこらですけど・・・・・』 (^-^)

港湾の人 ⇒ 『あ~・・・・・、そうですか・・・・・』 (-_-;)
管理人  ⇒ 『あっ!!ここ立入禁止でしたよね?すぐ場所移ります!!』 f^_^;

港湾の人 ⇒ 『いえいえ、気にしないでください!!大丈夫ですよ!!』 f^_^;
管理人  ⇒ 『何かあったんですか?』 (-_-;)

港湾の人 ⇒ 『・・・・・・・・・・』 f^_^;
管理人  ⇒ 『?????』 (-_-;)







港湾の人 ⇒ 『水中に人が・・・・・沈んでいるのを見かけませんでした?・・・・・よね・・・・・。』 f^_^;
管理人  ⇒ 『ハイ?』 ヽ(゚Д゚;)ノ

港湾の人 ⇒ 『実は、岸壁に靴が綺麗に置いてあるという連絡があったもんで、皆総勢で探索しているんですが・・・・・』 f^_^;
管理人  ⇒ 『ヒ・ト・ガ・カ・イ・チ・ュ・ウ・ニ・オ・チ・タ・ノ・デ・ス・カ?』 ( ̄□ ̄;)

港湾の人 ⇒ 『悪戯かなんかだと思うんですけど・・・・・』 f^_^;
管理人  ⇒ 『・・・・・』(魚釣っとる場合ちゃうやん!!) ( ̄∀ ̄ノ)ノ

(色々と話中・・・・・(何時ごろに来て、最初は何処でキャストしてとか、あそことあそこでキャストしてここに来てその間は何もなかったかとか・・・・・))







港湾の人 ⇒ 『お手数かけてすみません。何かありましたらご連絡ください』 m(_ _)m
管理人  ⇒ 『ワ、ワ、ワカリマシタ・・・・・』 <(ー_ー)








で、港湾関係者と話している途中で、パトカーは来るはサーチライトで海面は照らされるはでこのままキャストしても・・・・・。
万が一、・・・・・・水○体を引っ掛けてしまった日にゃー・・・・・・。

一応、周りに水○体が浮かんでいないことを確認して、タックルを仕舞い帰路に着いたですよ・・・・・。

何だか後味ワリ~~~~~!!
このページのトップへ

a prophetic dream?

 車を止めたのは某河川の河口付近の河川敷。
時刻は日付が変わろうかという深夜である。

車の窓を開ければ、外は風一つ無くひんやりとした冷気が肌に心地良い・・・・・。
空を見上げれば漆黒の中に今にも落ちてきそうなぐらいに大きな明るく輝いている月が雲間に見え隠れしている・・・・・そして雲が晴れるとその周りには無数の星がキラキラと光り輝いている・・・・・。

これほどの満月と星々が散りばめられた夜空は、都会生活が長い『オレ』にとって久しぶり見る夜空である・・・・・。
この夜空を見ているだけでも乾ききった都会生活の『オレ』の心に何か訴えかけてくるものがある。

車を降りて、Marlboroを取出し愛用のジッポで火をつける・・・・・。

 車に寄りかかって大きく深呼吸をして両方の肺一杯にMarlboroを吸い込み、その味を堪能しながら穏やかな表情で河川の状況を注意深く観察する・・・・・。
水量は申し分なく、なかなかいい流れが出ている。

辺りには民家もなく、河川敷には車一台も止まっていない・・・・・。

貸切である。

このGood Locationの中には『オレ』と『ヤツ』だけ・・・・・・。

モチベーションは徐々に上がっていく・・・・・。

 Marlboroを吸い終わりウェーダーを着て、新調したタックルベストを着る・・・・・。
タックルベストの中にはお気に入りのルアーを詰めたボックスが2個、そしてリーダー、スナップ類。

 ロッドケースからこの日の為に用意したニュータックルを取出す・・・・・。
その様は一番大事な愛おしい人に接するように、優しく・・・・・優しく・・・・・大切に・・・・大切に・・・・扱う。

タックルをセットし終え、月夜に明るく照らされた河川敷を10分ほど歩き、いつものウェーディングポイントへ。
『ヤツ』に気配を気づかれないように静かに、あくまでも静かに細心の注意を払いながら慎重に立込んでいく。

 腰下まで立込んだところで、太腿にひんやりとした感覚が伝わってくる。
ウェーダーを伝い太腿で水温を感じるのもまた、ウェーディングの醍醐味。

そして、細心の注意を払い辺りを観察する。

やはり、人の気配は皆無。

辺りには凛とした空気が漂っている・・・・・。

この凛とした空間は今宵は『オレ』と『ヤツ』だけのもの・・・・・。

ただ聞こえてくるのは川の音だけ・・・・・・。

そして、川の流れは時折見せる月夜に照らされて、くっきりと見て取れる。


今日でいったい、何回目の釣行だろうか・・・・・。

この河川の状況は全てと言って良いほど把握している・・・・・。

流芯の位置・・・・・。

ボトムまでのかけ上がり・・・・・。

その周囲に広がる所々深くなっているポケット・・・・・。

かなり古いマンメイドストラクチャの位置全て・・・・・。

このような状況が手に取るように分かる。

これから最干までの約2時間に渡り『ヤツ』と『オレ』との駆け引きが始まる・・・・・。

狙うはランカーサイズのみである。


 まずは、使い慣れたフローティングミノーを上流へ向けてフルキャスト!!
着水後、流れに乗せてミノーをドリフトさせる。

 流心に乗ったミノーを見つめながらストラクチャの際でターンさせて、ミディアムリトリーブでミノーを引いてくる・・・・・。
月明かりの中でリーダーの先端に接続されたミノーが流れの中で力強くアクションをしている。

 その後、何回目のキャストになるのだろうか・・・・・。
ルアーサイズを変え、カラーを変え、ルアータイプを変え、頭の中でシミュレーションを立てながらキャストしていく。

川の流れはますます速く、力強くなり次第に潮位も下がり、ウェーディングポイントも更に流心に近くなっていく。

いったい『ヤツ』は河川内に居るのか居ないのか。
ひたすら『ヤツ』の回遊を待ってキャストを繰り返す・・・・・・。

 流れの強さからウェーディングできるのもあと30分が限界であろう・・・・・。
最後のチャンスに賭けて、再度お気に入りのミノーをセットし上流へ向けてフルキャスト!!

流心の中を下流に流れていくミノーを見ながらターンさせるタイミングを計る・・・・・。

ストラクチャにミノーが差し掛かる手前で、ドスン!!という手応えと共にミノーが水面から消えた!!

一瞬、何が起きたか把握できなかった。

その直後、スプールから派手なドラグ音を鳴らしながらラインが河口目掛けて一気に出て行く!!

遂に『ヤツ』がミノーを食ったのだ!!

ラインキャパは充分!!

ライン強度も充分!!

少しドラグを締めてロッドで耐える・・・・・。

耐えているロッドを見るとバットからティップへかけて綺麗なカーブを描いている。

まだまだ余裕がありそうな頼もしいロッド。

しかし、流れに乗っているせいか、ラインが止まらない!!

少しずつ河口へ移動しながら、『ヤツ』との距離を縮めていく・・・・・。

一体どれくらいの時間が経ったのか、実際はおそらく10秒か20秒ぐらいの時間だろうか・・・・・。
しかし、今までに経験したことの無い『ヤツ』のRUN!!

頭の中は何を考えるでなくただ真っ白・・・・・。
体が勝手に反応してしまう。

ようやく『ヤツ』のRUNが収まったところで、念のため追い合わせを2回入れて体勢を整え『ヤツ』の頭をこちらに向け寄せに入る・・・・・。

気がつけば、水深は膝下ぐらいまで下がっている。

この水深では、『ヤツ』もエラ荒いはするまい・・・・・。

慎重に寄せながらも『ヤツ』の突然のRUNに備えるべく、ドラグはギチギチに締めこんではいない。

寄せながらも時折、抵抗を見せその度にジッジッとドラグがすべる・・・・・。

月明かりの中で水中にうっすらと見える銀色の魚体は今までにキャッチしたことが無いサイズ!!
一目でランカーと確信できるサイズ!!

この時、この瞬間の為だけに、いったい何回この河川に通ったのだろうか・・・・・。
『ヤツ』との最後の駆け引きの最中に脳裏には走馬灯のように今まで試行錯誤した体験が浮かんでくる・・・・・。

いよいよ、『ヤツ』との駆け引きの最後の時!!。

既に最後の力を使い果たしのか、『ヤツ』は抵抗を見せなくなっていた・・・・・。

時々、雲に隠れ辺りが薄暗くなる中、慎重にゆっくりと後退しながら『ヤツ』を浅場へ誘導させる。

数分後、『ヤツ』を浅場へズリ上げ、雲から月明かりが漏れて『ヤツ』の全身が露になっていく・・・・・。

うっすらと見える、その太い尾びれから優に80cmはあると確信!!

そして、うっすらとした月明かりの中に横たわる『ヤツ』の流線型のシルバーボディーが徐々に露になっていく・・・・・。

薄暗い中、『ヤツ』にメジャーをあてて見れば85cmジャスト!!

念願のランカーサイズ!!

しかも、通いつめた河川で、しかもウェーディングで!!

今までやってきたことが無駄ではなかったと確信した瞬間!!

今までの苦労が至福へと変わる瞬間!!

そして、月明かりの中に『ヤツ』は出てきた・・・・・。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

そう・・・・・『ヤツ』の名前は『鯔!!』

   ・
   ・
   ・

体長85cmの『鯔!!』

   ・
   ・
   ・

カラスミの原料の『鯔!!』

   ・
   ・
   ・

『トドのつまり』の由来となった『鯔!!』

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

『リリリ~~~ン!!』と鳴り響く目覚し時計・・・・・数分の時間差で鳴る携帯のアラーム・・・・・。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

確かに昨夜はルアーフィッシングの雑誌を見ましたヨ・・・・・。

それに某釣具メーカーのロッドカタログを見ましたヨ・・・・・。

って言うかほぼ毎日といっていいほど見て寝てますが・・・・・。

しかし、なぜに夢の中では『鯔』だったのか・・・・・。

そして、なぜにシーバスではなかったのか・・・・・。

正夢にならぬ事を切に願った今日のAM7:10であった・・・・・。


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。