てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

It is anxious.....

 ここ最近、欲しいTACKLEについてblogってみたが、管理人は結構SMITHのファンだったりする。
このSMITHのコンテンツに釣果報告(左端)があるが、大抵は毎週月曜日に更新されているようである。
今回も、兵庫のテスターの樋口氏が立派なシーバスをキャッチした釣果報告があった。

 兵庫はイワシが回遊しているのかと思いながら、記事の一番最後を見ると気になる文字を発見!!

使用タックル

『ロッド: DW-88SSB(プロト)

DW-88SSBってなんだろうか?
ワインド用ということから、DWの”D”ってダートの意味だろうか?で、”W”ってワインドの意味?
記事の中にはBLOWSHOT BORONよりもパワーがあるらしい・・・・・。
RODのACTIONは?POWERは?気になることばかりダ・・・・・。
ちなみにグリップはEVAではなくコルク仕様みたい。
管理人はEVAが好みなのだけど・・・・・。汚れが目立たないし、メンテも楽だしネ。

っていうか対象魚はやはりシーバスなのだろうか?
BLOWSHOT BORONが発売されてまだ、1年も経たないのだけど製品の型式からして別シリーズか・・・・・。
発売は予想として、2ヵ月後の10月ぐらいだろうか?

 金も無いくせに要らぬ物欲が湧きそう。
しかし、DWシリーズって結構気になるな・・・・・。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Light Tackle DE "CHINU".....

 土曜日はバイト2回(おそらくセイゴ)という貧果・・・・・。
今日は夕マズメから少しばっかりリベンジがてら行ってきたのだ。
まずは、行きつけの釣具屋でロストしたルアーを補充+激安ミノーを2個ほど購入。
今日は手持ちのタックルの中で一番LIGHTなタックルで”CHINU”を狙うのだ。
ラインはメバル用でフリームス2005に巻いていた3lbがあるのだが、根ズレと万が一・・・・・ということも考えてLUVIAS2500を使用することに。
リーダは20lbからエギング用の2号を60cmほどセット。
RODはBAYLINER RF BL-62UL/RFを使用する。
ラインがPEの10lbと少しバランスが悪いがまぁ~いいだろう・・・・・f^_^;

 18:00に自宅を出て数分で某河川へ到着。
場所は昨日唯一のバイトがあったところ。
満潮まで約2時間。
潮位も昨日より高いようでまずはストラクチャの周囲をタイトに探っていく。
数投して10cmほどのセイゴを連荘でキャッチ!!
RODのパワーがULなのでこのサイズでも結構面白い・・・・・(^-^)
その後、再度キャストすると根掛かり!!
ラインの先を見るとルアーは目視できる・・・・・距離は波打ち際から3m、水深20cmほどか・・・・・。
一瞬迷ったが、靴と靴下を脱いでズボンの裾をまくりあげて意を決して水中へ足を入れて無事ルアーを回収・・・・・。
久しぶりに素足で水中へ入ってしまったけど、結構気持ちヨカッタ・・・・・f^_^;

 その後、キャストするも潮止まりまであんまり時間がないので、金曜日に活性が高かった某港湾施設へ移動する・・・・・。

blog_05082803.jpg


着いて海面を見るとすっんごいコーヒー色・・・・・(>_<)
とりあえず数投してみるものの、あまりの水色の悪さに閉口して再度移動することに・・・・・。
場所は某河川河口部。

 満潮まで約1時間ほど・・・・・。
風が少し吹き込んでいて波っけもほどほどでベイトの姿もチラホラと良い感じダ!!
まずは、今日購入した激安ミノーをセットしストラクチャの周辺にキャストする。
時折、沈んでいるゴロタに当たるもできるだけ根が掛かりしないようトレースしてくると、またもやセイゴをキャッチ。
その後、セイゴを何回か掛けた後、海面の様子を観察するとベイトの群れがザワザワと変な動きをしている・・・・・。
ベイトの群れの周辺にキャストして、時折、トウィッチを入れたあとのポーズ中後のリトリーブでドン!!とバイト!!
フッキングを入れた後良い感じでベリーまで曲がったBAYLINERを見てニンマリの管理人。
手応えからすると、”CHINU”だが、サイズは小さめか?
できるだけ腕を伸ばして引きを楽しみながら寄せてくると、

blog_05082801.jpg


体長13cmの”CHINU”。
っていうかメイタ?

blog_05082802.jpg


がっちりとフロントフックに掛かっている。
今までのはリアフックに掛かっていたので今度のヤツはルアーを後ろから追ってきてバイトしたというよりも下からアタックしてきたのだろうか?
体の模様も今までのヤツよりも縦縞がくっきりとしている。
その後、BLUESCODEにチェンジして2匹目を狙うも、痛恨の根掛かりでロスト!!
今日買ったばっかりだったのに・・・・・(>_<)
今日はここでSTOP FISHINGである。

 これでトータル6匹(バラシ1)でミノーでの釣果が3匹。
ルアーロストを考えるとミノーの方がいい様な気がする。
この日は水深が1mないストラクチャの周辺でバイトがあった。
しかし、数は何とか伸ばせているが、如何せん期待しているサイズが出ない・・・・・。
次回こそはサイズアップを狙って釣行してみたい・・・・・。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Day Chinu & Seabass.....

 今日はお昼前から2号さんと”Day Chinu & Seabass”狙いでウロウロ・・・・・。
今日は頑張ってTOPで↑のお魚を引っ張りだしたいのだ!!
まずは、某二級河川へ。

blog_05082701.jpg


まずは河口付近から堰までの約3kmを下見をして堰の辺りで釣行開始する。
潮は下げから上げへ向かっているが、今日は小潮の為かまだまだ潮位が低い。
しかし、お盆を過ぎてからというもの朝晩はかなり涼しくなった。
今日も風があるせいか涼しくお盆とは比較にならないほど涼しいが、やはりキャストしていると次第に汗ばんでくる。
おまけに風の影響でポッパーは少々扱い辛い・・・・・。
 しかし、海面はお盆の時よりもボラの群れがかなり増えているような気がする・・・・・。
かわりにサヨリの数が減っているがサイズ的には一回り大きくなっているみたい。

 二手に分かれて、両岸から探ってみる。
お互い堰から橋脚までの間を行ったりきたりしながらポッパーで一通り探ってみるものの、ポッパーのスプラッシュにボラの群れが驚くだけでお目当ての”CHINU&SEABASS”の反応はない。
ならばと管理人はBLUESCODE45mmをセットして護岸の際を狙うも、時折ボラに当たったり10cmほどのセイゴチェイスがあるのみ。
2号さんも同じような状況でルアーチェンジしながらキャストするもそれらしい反応もなくただ時間が過ぎていくだけである・・・・・。
 一旦、橋の上から海面を見渡すとやはりボラの群れがあちらこちらで群れていて、驚いたことに堰まで50mほどのところにクサフグの群れ!!
クサフグって河口とかでは見かけたことがあるが、こんな上流まで遡上するとは思わなかった。
新しい発見だな!!
 しかし、ここはかなり浅い!!
前回も感じたが中潮とか大潮とか比較的潮位が高い潮で満ち込みの時が確立が高そうな気がする。
セイゴの群れはいるのでシーズンになるとそれなりのサイズも出るのか少々気になるところだ・・・・・。
次回のNIGHT!!を楽しみにして次は某一級河川へ向かう!!

 その前に、某食堂で腹ごしらえなのだ。
ここはちゃんぽんが旨い!!
管理人はちゃんぽん+ごはん。
2号さんはちゃんぽん定食。
ちゃんぽん定食の方が小鉢が1品多くうらやましそうな顔で見ているとお店のおばちゃんから値段は一緒ということ聞き、ちゃんぽん定食にすればよかったと悔やむ管理人。
それをみたお店のおばちゃんが一言・・・・・『残念!!』
いきなり『ちゃんぽん斬り!!』ダ・・・・・。
次回からちゃんぽん定食にすることを心に誓った管理人であった。
お腹もイッパイになって車に乗り、10数分で目的の河川へ到着。

 まずは、堰付近を下見。
親子連れでボラ掛け?をやってるみたいで、下見中の間でも何匹か掛けていた・・・・・。
流れ込みの中にサヨリを発見!!
そのサヨリの群れの下で時折、ヒラを打つ魚がいるのだが、セイゴかはたまたボラか?少し気になる・・・・・。
 下見の後は河口部へ移動しタックルを準備する。

blog_05082703.jpg


ここでは久しぶりにBLOWSHOT BORONを準備。
ここ最近は7.4ftのロッドだったので何だか、持った感じが投げ竿みたいな感じ・・・・・。
9.2ftでも長ゲ~~f^_^;
少しだけ”CHINU”からシーバスモードへ!!
2号さんは”必殺スプーン”をセットし、二人してテトラ帯へ向かう・・・・・。
途中、係留してある船の際にスプーンを落として、Jerkしてくるとスプーンの後ろにセイゴが数匹チェイスしてくる!!
これには二人してマッタリモードから瞬時に戦闘モードへ!!
何回かフッキングしたのだが、セイゴのサイズが小さいのか途中で無念のフックアウト・・・・・。
ここでは何かが出そうな気がする・・・・・。

 テトラ帯へ移動しテトラの際を見ていると、サヨリの群れが時折回遊している。
底は砂地になっているようで、シンキングタイプのミノーをキャストして岸際のテトラの間を通すことに決め、Flying Diverの85mmをセットし沖目へフルキャスト!!
このルアーよ~飛ぶ!!
着水後、カウントダウンさせて少し早めにリトリーブ。
時折、ポーズも入れてみたり、トウィッチも入れてみたり・・・・・。
意に反して反応はゼロ。
 一方、2号さんの方はテトラの穴へスプーンを落としたらチェイスがあったらしい・・・・・。
シーバス?、CHINU?、はたまた根魚か?
あらかた、テトラ帯を探ったあとに橋脚の下のシャローエリアーへ移動。
ここで、ポッパーをキャストしていた2号さんをボ~ッと見ているとポッパーの後ろから何かがチェイス!!
一回目はタイミングが合わなかったようでその直後、見事にボフッ!!と出た!!

blog_05082702.jpg


体長20cm弱のセイゴ!!
これを見て俄然やる気モードになった管理人。
が!!、色々やってみるもののどうも反応が無い。
2号さんもその後が続かず、最河口部へ移動することに・・・・・。
潮も下げに入っていてゴロタが頭を出していて良い感じダ~。
ゴロタの際とかを探ってみるも相変わらず無反応。
ならばと外側を探るも時折、目の前を通るプレジャーボート、ジェットスキーのせいで今ひとつタイミングを外される。
前日の睡眠時間が3時間チョットだったためかしばし休憩してマ~ッタリしていると、2号さんがこちらへ歩いてくる。
よ~く見ると何やら左手にぶら下げている・・・・・。
一体何じゃろうか?

blog_05082704.jpg


サワラだ!!
体長33cmのサワラ。
足元でナブラが立った後にキャッチしたらしい・・・・・。
サワラはスーパーの鮮魚コーナーで切り身は見たことはあったのだが、生きているのは初めて!!
う~~ん、美味しそうダ!!
塩焼き、西京焼き、新鮮だったらお刺身とかタタキとか・・・・・。ビール&焼酎がグビグビと入りそう!!
写メしているとバタバタと暴れて、ペッ!!と何かを吐き出してよ~くみれば2cmほどのジャコいたいな小魚・・・・・。
体長の割りにかなり小さなベイトを喰ってくるのか?

 再度、気合を入れて先端部で二人してキャスト!!キャスト!!
先ほどのサワラは単発だったのか?群れが移動してしまったのか?気配がない・・・・・。
あらかたキャストして次なるポイントへ移動!!
次は午前中に寄った某二級河川である。
午前中は上げのタイミングだったので今回は下げのタイミングで狙ってみる。

 約30分ほどで到着するも、車に乗ったぐらいからポツポツと雨が落ちてきた・・・・・。
お空を見上げると雲も高く本降りにはなりそうもないで一安心。
河口部周辺を探るもサヨリ&ボラの群れ・・・・・。
時折、足元を10cmほどのセイゴがチロチロ泳いでいるだけ。
早々に見切りをつけて某ワンドエリアへ・・・・・。

 数分でワンドエリアへ到着しまずは水門周辺を探ってみるものの気配すらなく、しまいにはお気に入りのBLUSECODEをロスト!!
最悪ダ・・・・・(>_<)
数分でラインシステムを組むものの、その後も芳しくなく場所を移動。

 途中、晩御飯を食べに学生時代チョクチョク通ったハローへ。
多分15年ぶりぐらいになるのか。
当時を思い出しながら美味しく頂いた・・・・)^0^(

次なるポイントはいつもの河川。
しかし、今回はチト目先を変えて上流部へ。
車を止めて川を覗くも真っ暗で水深がよく分からん。
で、車に乗りシャローエリアへ向かう。
波打ち際まで降りてみるとかなり良さゲな雰囲気!!
早速、キャストすると数投で何かがバイト!!
しかし、フックアウトして再度、同じコースを通すとまたもやバイト!!&フックアウト!!
手応えからしてチビチビセイゴかクサフグか?
本日はじめてのバイトだったのに・・・・・。
おまけにまたもやBLUSECODEをロストしてしまった・・・・・。
その後、潮の流れが良くなって一縷の望みをかけたもののバイトはなく時間になったところでSTOP FISHING。

 本日の狙いの一つである”CHINU”は出なかったがお魚の顔を見れたのが嬉しい・・・・・。
TOPでセイゴがアタックしてきたのも心臓がバクバクして面白かったし、初めてサワラも見れたしなかなか面白い釣行だった。

また行くべ!!




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Friday night.....

 金曜日の夜である。
今週もお仕事が終わり待ちに待った週末!!
で、行くっきゃなっしょ!!ということでいつものように某河川河口部へ。
上げのタイミングで満潮まで粘ってみようと思っての釣行なのだ!!
狙いは、今ハマリまくっている”CHINU”なのだ。

 現地に到着してまずは、いつもの場所で10分ほどキャスト!!
セットしたのは、Maria BLUESCODE 45mm (RHP)。
しかし、アオサ?らしき海草が波打ち際にビッシリと打ち寄せられていてかなり釣り辛い・・・・・。
沖目にフルキャストしても、ラインにアオサが絡んでどうにもこうにも・・・・・という状態。

 少し上流の方へ移動してみてもやはり状況は変わらず、思い切って場所チェンジ!!
車で1、2分のところだが、最干潮の時、下見をしていて底はゴロタでストラクチャがあり以前から気になっていた場所なのだ。
しかし、キャストするも今日は斜め方向からの風&アオサで表層では釣りにならず、ためしにメタルジグをキャストしてみてもやっぱりアオサが・・・・・。
アオサが底にも沈んでいるせいでメタルジグを投げても根掛かりはしないのだが、やはり釣りにはならず色々と考えて今日は”CHINU”は中止!!

 このまま帰宅するのもチト悔しいので、久しぶりに某港湾施設へ様子見に行って見るとことに・・・・・。
数分で現地に到着。
満潮まで約1時間半であるが、海面を見ると何やら追われている・・・・・。
アジゴかはたまたサヨリか?
で、追っかけているヤツの正体が気になって色々と探ってみるもののなかなか反応がない。
活性はかなり高いようで足元では、表層付近で小魚を追っかけている・・・・・。

LITTLE BITをキャストしてもダメ!!

カラーチェンジしてもダメ!!

ならばと BLUESCODEに変えてキャストしてもダメ!!

同じくカラーチェンジしてもダメ!!

他のミノーへ交換してキャストしてもダメ!!

・・・・・

・・・・・

で、結局はこの日の手持ちのルアーを手当たり次第に投げて見つけた当たりルアーは”SMITH SHIRASU MINNOW キビナゴカラー”でバイトしまくり!!
同じSHIRASU MINNOWでも他のカラーは反応がなく、またキビナゴカラーに変えてキャストするとバイト!!バイト!!
で、すぐにスレて他のルアーへ交換し再びSHIRASU MINNOW キビナゴカラーでバイト!!
これだけ、バイトがあるとメバルタックルでやればそこそこ楽しめそうだった。
生憎、”CHINU”用タックルだったので弾きまくってしまう。
おまけにセイゴ(15cm前後)相手にリーダーは22lb・・・・・。
かなりのオーバータックルだった。

しかし、久しぶりに活性が高かったナ~~。
ベイトは一体なんだったんだろうか・・・・・。
ルアーサイズ的には40mmだったからかなり小さいベイトだったんだろうけど、しかし、セイゴの活性が高い割にはサイズ的には結構シビアだった気がする。

今度からメバルタックルも準備しとこう・・・・・。


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

LIGHT TACKLE......Part.2

 『ところでリールはどうするの?』 ともう一人の管理人が呟くのである。
まぁ・・・・・先立つものは無く、あるのは物欲だけだが”もしも”とか”もしかしたら”と考えると、あれやこれやと候補にあがってくるものがある。
RODが6ft~8ftまでということを考慮すると、下記のような候補になってしまう。

*-------------------------------------------------------------------------------*

 ○第一候補

  DAIWA CERTATE 2500

  管理人もR-CUSTOMを使用していて、巻き始めの軽さはかなりお気に入り!!
  港湾から小・中規模河川、河口をメインエリアと考えればやはりサイズ的には2500に
  なるだろう。
  R-CUSTOMとはスプールが共用できるので何かと便利。
  ターゲット、釣り場によってスプールも2506、2508と付け替えれば(お金は掛かるが)良さゲ!!
  あとは、マシンカットハンドルも付けて・・・・・。

 ○第二候補

  SHIMANO NEW TWINPOWER 2500S

  あまりにも不評?(失礼!!)だった前モデルのモデルチェンジ版。
  ボディーデザインは管理人好みであるが、同じ2500番でもやはりSHIMANOの場合は、
  DAIWAで言うと2000番くらいのボディーになるのだろうか。
  唯一の難点とうか管理人の好みに合わないところが・・・・・。
  ドラグが2.5kg!!とチョットばかり非力なところ。
  最低でも3kgは欲しい・・・・・。
  標準でマシンカットを装着できているのはGood!!

*-------------------------------------------------------------------------------*

何れも両メーカーとも2500番クラスであるが、どうしたものであろうか・・・・・。
ま、独り言だし・・・・・。
SHIMANOのリールは久しく触ってないな~。
最初に購入したリールはSHIMANOであったが、自然とDIAWA製品を使用するようになってしまった。
DAIWAのKIXにしろCERTATEにしろ、純正でカスタマイズできるのがイイ!!
近年は普及モデルの完成度も上がってきているしネ。
さて、どうしたものかの~~。


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

LIGHT TACKLE.....Part.1

 最近、”CHINU”にハマっている。
TACKLEについてもこういうのだったら釣りやすいとか、釣行時は思ったりすることもあったのだ・・・・・。

 このごろ、床について眠りについているともう一人の管理人が何やらつぶやくのである。
以下、もう一人の管理人の独り言である・・・・・。

*-------------------------------------------------------------------------------*

 この秋は”サーフでシーバス!!”を目標にしている。
その目標は今も変わらないのだがそれはそれとしてここ最近ハマっている”CHINU”用というわけではないのだが、またまた物欲がメラメラと湧いてきている・・・・・。
用途としては、港湾、小磯、プチサーフ、小規模河川、河口部でライトプラッキングもできるTACKLE。
ルアーウェイトは3g~10g前後程度のメタルジグ、ミノー各種・・・・・。
今週、愛竿(SMITH BL-68UML/RF)を修理に出したのだが、このRODは以前、小型のメタルジグ(当然適用WEIGHTの範囲内)をキャストしたら”ボキッ!!”と逝ってしまった。
ということで、やはり上記のルアーウェイトをキャストできるRODが欲しいのだ・・・・・。

 現在、”CHINU”はエギングロッドを代用してやっているが、軽めのルアーをキャストするには少々飛距離が物足りない。
ベリーの張り、バットパワーは流石エギング用ということでかなり気に入っているのだが・・・・・。
そこで、ここはやはり”SMITH FAN”の管理人としては、以下のRODが候補にあがった。

 ○第一候補

  BLOW SHOT BORON BSB-78BS
 (ACTION:FAST POWER:LIGHT LURE WEIGHT:5g~15g)

  ROD LENGTH、LURE WEIGHTから言っても一番現状の用途に合っているROD。
  3g程度のLUREでもキャスト次第ではそこそこの飛距離を出せそうな気がする。
  シーバス用RODなので不意の大物にも対応できそう。

 ○第二候補

  BAYLINER BORON BRF BLB-66ML/BRF
 (ACTION:MODERATE FAST POWER:MIDEUM LIGHT LURE WEIGHT:2g~10g)

  6.6ftというLENGTHがら取りまわしが良さそうなROD。
  適用LURE WEIGHTも10gまでと必要にして十分の範囲。
  ROCKFISH用RODでバットにはBORONを使用していて多少強引なやり取りも可能か。

 ○第三候補

  BAYLINER METAL RF BLM-P70UML/RF
 (ACTION:EX.FAST POWER:UM-LIGHT LURE WEIGHT:0.5g~5g)

  今、修理に出しているBAY LINER RFの後継?のプラッキング専用MODEL。
  ブランクの素材がメタル素材を使用していてシャキッ!!とした感じに仕上がっているらしい。
  適用LURE WEIGHTが5gまでということでチョットばっかりWEIGHT的には微妙な感じ。

*-------------------------------------------------------------------------------*

 多分、購入するならBSB-78BSかBLB-66ML/BRFで結構悩むかもしれない。
足場とポイントまでの距離で違ってくるのだろうけど。

 そして、もう一人の管理人が言うのである・・・・・。
『ところでリールはどうするの?』


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Other eater family.....

 今週は秋雨前線のせいか、はたまた台風の影響か曇りがちな日々が続いている。

blog_05082401.jpg


おかげで暑がりの管理人には過ごしやすい日が続いて楽なのであるが、週末ぐらいは雨が降らないで欲しい・・・・・。
四国の方では給水制限を行うところもあるようで、四国地方にはこの台風で恵みの雨をもたらしてもらいたいものである。

 ここ最近、事務所の近くの河川にも5cm~10cmほどの群れが増えて河川は賑わいを見せている。
中には30cmUPの群れを目撃!!
当然、ボラも増えればイーター族も・・・・・と思うのは釣り師の性であろうか。
しかし、このイーター族にも色々なヤツがいる。

 ここ最近、特に先週末から増えだしたのだが、干潮時に波打ち際から横一列になってウェーディングする輩が・・・・・。
静かに波打ち際から水中へ入って行ってボラの群れをジ~~ッと見つめている。
これが、結構上手く10cm前後のボラを捕獲しているのだ・・・・・。
しかも、対岸を行ったりきたりしながら・・・・・。
コヤツの正体は、

blog_05082402.jpg


鷺!!
白鷺と黒鷺?か・・・・・。
多い時には片方に10羽ぐらい横一列になってボラを狙っているのだ。
対岸まで低空飛行で飛んでいると、気配を察知したボラの群れがあっちこっちでバシャバシャと逃げ回っている!!
ボラも外からの気配になかなか敏感なお魚なのだナ・・・・・。
ボラも休まる日が無くて気苦労が絶えないお魚みたい。
色々と大変ダ・・・・・。





このページのトップへ

Number of accesses.....

 ここ最近、”CHINU”にハマっている・・・・・f^_^;
大分、宮崎、鹿児島とかでは今かなりアツイ釣りの一つかもしれない。
某釣り雑誌でも特集が組まれているくらいだからネ。

 で、試しにお盆前から試行錯誤しながら釣行しているのだが、何とか4本キャッチできた・・・・・。
この2、3週間で色々と分かったこともあったのでこのblogの「Only a little about "Chining".....」に簡単ではあるがまとめてみたのだ。
まぁ・・・・・参考になるかどうかは自信がないけど・・・・・。
今日は行きつけの釣具屋に行って骨折したままの愛竿のSMITH BAYLINE RF BL-68UML/RFを修理に出してきたのだ。
修理からあがってきたらこのRODにDAIWA FREAMS2005をセットしてまんまメバリングタックルで”チニング"をやってみようと思う。

 話はかわるがここ最近、HPとblogのアクセス数が増加している。
blogの方にはアクセス解析なるものを仕込んでいるのだがこれが結構便利で色んなキーワード検索、時間帯アクセス、都道府県別・・・・・etc。
と色んなパターンでのアクセス解析ができて色んな意味で便利なのだ。

 キーワードで今月のTOP5を見てみると

 ①.Mリグ
 ②.チニング
 ③.サーフ ヒラメ ルアー 福岡
 ④.アジング
 ⑤.チヌイング

という結果になっている。
上位5位までの中に”Mリグ”、”チニング”、”チヌイング”と”CHINU"関連のキーワードが3つ・・・・・。
やはり今の旬なのだろうか?
あとは、”チヌ ポッパー”とか、”チニング 福岡”とか、”ポッパー クロダイ”とか・・・・・。
結構皆”CHINU”について色々と情報を集めている。
福岡でも情報収集している人もいるようだ。

 エリアとかはそこまで外していないと思うが、雑誌とかネットとかで色々と情報を集めて実釣してみるのが一番ではなかろうか?

 ここ福岡は南九州よりも個体数が少ないような気がするが、”場所”さえ間違えなければそれなりにバイト数はあるのでそこそこ楽しめると思う。
まだ試行錯誤の段階だが、後はいかに”サイズ”を出すか!!
これが一番難しい・・・・・。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Only a little about "Chining".....

blog_05082101.jpg

 まだ、”CHINU”を狙いだして3週間ほどであるが気づいたことをば・・・・・。
纏めてみようとは思うもののこの3週間ほどでキャッチしたのは何れも”キビレ"で”本チヌ(クロダイ)”はまだキャッチしたことがない。
キャッチ数は4に対してバラシが1である。
↑の状況を考慮していただいてチョットばっかし纏めてみようと思う。
当然、地域で状況は異なるし、時間帯、潮周り、釣り場の状況でも当然違ってくるのであしからずm(_ _)m

*--------------------------------------------------------------------------*

エリア

 汽水域と言われる河口部。
地域にもよるが、ここ福岡の場合、河口部から1km~2、3kmほどで堰がある河川がほとんどだと思うのでやはり河口部周辺がメインとなりそうな気がする。
 底質は砂地とかよりもゴロタが混じっていて砂地も所々あるようなエリアがメイン。
アオサとかが底にあるとやっぱり釣果は思わしくないようである。
干潮時に上記のような場所で岩の間とかに蟹などの甲殻類が居ればGood!!

*--------------------------------------------------------------------------*
  
潮位(潮まわり)

 下げに入ってからも釣れないことはないと思うが、上記の釣果は何れも満ち込み時の釣果。
場所にもよるが、満ち込みの時間帯の方がやや有利だろうか?
それと、ゴロタが満潮時で隠れるようなエリアで水深が1m前後の潮位で隠れるような”シャローエリア”が良いと思う。

*--------------------------------------------------------------------------*

ルアー

 これは、色々とあると思う。
ポッパー、スプーン、ミノー、メタルジグ、ソフトルアー.....etc。
スプーンは手持ちに無いため、管理人が釣果があったルアーはメタルジグとミノー。

blog_05082201.jpg


使用したルアーは5cm前後のメバルで使用するぐらいのサイズで自重が3g前後~5g前後の軽めのルアー。
上段左からMaria BLUESCODE 45mm(RHP)、Maria BLUESCODE 45mm(EB)
下段左からMaria LITTLE BIT 5g(PIH)、Maria LITTLE BIT 5g(GPH)、RAPALA CD-1 25mm(GFR)。  

*--------------------------------------------------------------------------*

タックル

 何でも良いような気がする。
管理人のタックルは、エギングロッド(エギの負荷が3号までの秋用)。
リールはD社の2500番。
ラインはPEの1号前後。
リーダーは20lb。
はっきり言ってラインはシーバスからの流用なのだ・・・・・f^_^;
リーダーについてはもう少し細くても良いと思うが、ゴロタエリアをメインに釣行しているので根ズレを考慮して太めをセットしている。
ロッドについては、足場の高さとかで変わってくると思うので足場に合わせて手持ちの中から選べばいいと思う。
アクションについては、ファーストテーパー(先調子)でベリーからバットにかけて張りがある方が扱いやすい。
  
タックルはかなり好みの割合が高い部分なので結局は”取れそうなタックル”であればいいような気がする。
 
*--------------------------------------------------------------------------*

その他

 この”チニング”は一つの場所で粘って釣るようなターゲットではないと思う。
やはりランガンで足で稼ぎながら釣る魚のような気がする。
ここ3週間の釣行で思ったのは居ればたいがいバイトしてくる魚ではないかということ。
   
 と言うことはやはり”場所"がまずは一番大事!!
最初に下見をしておいて満ち込みとか下げ始めとかを見計らって、ある程度場所を絞ってランガンしながら狙うのが効率がいいと思う。
実際、昨日バイトしてきたのは水深が1mもないようなドシャローエリアで護岸から3mも離れていないような距離でバイトしてきた。
 お誘いしていただいた2号さん(この時はスプーンを使用)にも頻繁にバイトがあった。
しかし、少し場所を移動するとパタッ!!とバイトがなくなっしまうことから、やはり”居る場所”がハッキリしているようだ。

*--------------------------------------------------------------------------*

 と大まかなに纏めると↑のような感じ。
キビレ”は”本チヌ”よりも警戒心が薄く好奇心があるようなのでルアーのターゲットとなりやすいのかも知れない・・・・・。
 また、”本チヌ”よりも南方系の魚なので、ある程度水温が高い場所(河川)、季節のターゲットらしく夏前後を汽水域で過ごすようでここ福岡でもあと少しは楽しめそうな気がする。
 狙うは30cmUP!!が目標なのだ・・・・・(^-^)

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Invitation.....

 土曜日はお仕事で業務終了後にいつもの河川河口部で”CHINU"狙い・・・・・。
結果はセイゴのアタックばかりで本命の”CHINU"のお顔は拝むことが出来ず玉砕してしまった。
お盆からどうも玉砕続きである。

 今日はお昼から実家で用事があったため用事を済ませて近郊サーフでFLAT系でもと思いタックルを車に乗せ実家へ・・・・・。
着いて用事を済ませるもお外は雨!!
しかも次第に雨脚が強くなりだして土砂降りダ・・・・・。
 お盆からの疲れもありしばしお昼寝モードでしばし夢の中へ。
途中メールの着信音がなり、携帯をみるとshoichiさんが48cmの”CHINU”をキャッチ!!
凄過ぎる!!
 で、またウトウトしだして夢の中へ・・・・・。
しばらくして2号さんよりお電話が。
気づいた時には既に遅く切れてしまった・・・・・(>_<)
で、電話すると”CHINU”へのお誘い!!
速攻で実家で夕飯を済ませて待ち合わせ場所へ車を走らせる管理人。

 30分ほどで待ち合わせ場所へ到着し管理人の車で某河川河口部へ向かう。
ここは、以前2号さんが”CHINU”を掛けたところらしいので実績はあるらしい・・・・・。
現地に到着しタックルをセットする。
今日は大潮の最終日で最干潮は17:00ぐらいで干潮からの上げ狙いでの釣行。
早速、釣り場まで歩いていくと、釣り場は流芯が通っていて足元の護岸の際にはゴロタが2mほど先まで頭を出して広がって流芯へなだらかに落ち込んでいる。
まずは、管理人はいつものリトルビットをセットして流芯からのかけ上がりの表層を狙う。
2号さんはスプーンにトレラーをセットしている。
何だか良さゲなリグだ。

 リトルビットをキャストして表層から中層そしてボトムと探るも反応は無い。
流芯付近にはベイトらしき小魚の気配はするもののセイゴすらアタックしてこない。
ならばとラパラのCD-1をセットしてゴロタの先へキャストしてゴロタ周りを探ると数投目にバイト!!
足元まで寄せると10cmほどのメイタ!!
が!!・・・・・痛恨のフックアウト!!

やっちまった!!・・・・・(>_<)

2号さんの方にもバイトが頻繁にあるようでやはりスプーンの方が良いのだろうか?
少し気になる・・・・・(-_-;)

 実はプラグで初めてのバイトだったので少し嬉しい・・・・・。
その後、見切られたのかCD-1には反応が無くなり、ルアーチェンジ!!
今度はMariaのBLUESCODE 50mmのRHをセット。
2号さんは上流側へ移動してキャストしているので、下流側へキャストし護岸の際をデッドスローで引いてくる。
途中、沈み根にコツコツと当たるも出来るだけデッドスローで引いてくると、ドン!!という手応え!!
その後、トルクのある引きを見せるも一気に寄せて抜き上げると、

blog_05082101.jpg


体長25cmジャストのキビレ!!
約1週間ぶりの本命ダ!!
しかも、プラグでは初めて掛けたのでかなり嬉しかった!!
しかも最初はバラシてしまったが本命が2回もバイトしてきたのは初めてで、今日はイケルかも・・・・・。

 再度、同じコースを数回通すも反応はなく、今度は数m上流に移動してゴロタ周りを探る。
やや上流へキャストし、流れに乗せ足元のゴロタの上を通すこと数投目に足元でドン!!という手応え!!
しかし、今度のは小さいようで一気に抜き上げる。

blog_05082102.jpg


リアフックにガッチリとフッキングした15cmほどのキビレ!!
ヒョットして時合いなのだろうか?
今日はまだまだイケルかもと再度辺りを探ってみるもバイトが無い・・・・・。
カラーチェンジしてキャストしてみるも反応が消えたようで2号さんにもバイトがないようだ・・・・・。

 バイトが遠のいたのでこの護岸エリアを諦め、下流側へ移動・・・・・。
下流側へ到着するとコノシロだろうか?常夜灯の明かりの中にベイトの群れが確認できる。
ここでシーバスモードになるもののイーター族の気配は皆無!!
あれこれとルアーチェンジしたり目ぼしいところにキャストするもののTIME UP!!となりSTOP FISHING!!

 約2時間の釣行であったが結構色々な発見があった今回の釣行であった。
2号さんお誘いありがとうございました・・・・・m(_ _)m

また行くベ!!(^0^)/




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

It has gone today.....

 昨日は某河川へ”CHINU"狙いで行ってきたのだ。
で、本日も行ってきたのだ・・・・・。
昨日は、まさしくセイゴの乱舞であった。
今日は昨日よりも上流側のシャローエリアへ行ってきたのだ。
このシャローエリアは初めて入るところで、通勤途中の電車の中から河川を見ると牡蠣殻の岩場、砂地があって”CHINU"狙いには良さゲな感じがしていた。

 自宅を出て、数分で現地に到着。
車を止めて、壁伝いに波打ち際まで出て海面を観察すると、夕立の影響か大潮のせいかゴミが多い!!
メタルジグをセットしまずは左側へフルキャスト!!
まずは表層を引いてくるもコツン!!とした感触でその直後にはビニール袋を引っ掛けたような思い手応え・・・・・。
寄せてくればゴミ!!
真正面へキャストしてもゴミ!!
右側へキャストしてもゴミ!!
結局、ゴミに引っ掛けてラインシステムの結び目の上からラインブレイクでメタルジグをロストしてしまった。
数分でラインシステムを組みなおして少し場所を移動してキャストするも引っかかるのはゴミばかり・・・・・。
このままではゴミ掃除のオヤジと化してしまいそうだったので速攻で河口側へ移動!!

 二日連荘で”CHINU”をキャッチしたゴロタ混じりのシャローエリアである。
というかいつもの所なのだ。
潮は既に下げに入っており上流からゴミが塊となって流れてくる・・・・・。
しかし、ゴミの周りでバホッ!!とライズしている。
メタルジグを沖のブレイク付近へフルキャストしてまずは先ほどと同じように表層を探るとまたしてもゴミ!!
ゴミが流れてくるタイミングを見計らってキャストして少しカウントダウンをして引いてくれば時折、セイゴらしきバイトが・・・・・。
かなりのチビセイゴだろうか?
試しにラパラのCD-1をキャストしたら一発でチビセイゴをキャッチ!!
しばらくの間チビセイゴと戯れて、再度メタルジグをセットしてフルキャストすれば痛恨の根掛かりでお気に入りのカラーのメタルジグをロスト!!

・・・・・

最悪ダ・・・・・。

・・・・・

再度、ラインシステムを組みメタルジグをセットして水面から出ているストラクチャの際へフルキャスト!!
カウントダウンさせてデッドスローで引いてくれば、ガツン!!としたバイト!!
その直後にグン!!グン!!とした手応えの後、一気に寄せてくる途中でフッ!!と軽くなってしまった・・・・・。
CHINU”だったのか?それともセイゴだったのか?
セイゴにしてはトルクがあったような気もするけど・・・・・正体不明である。

 気を取り直して再度同じポイントへキャストしてボトムすれすれをイメージして引いてくると、ブルブルッ!!とした感触!!
一気に寄せてくれば、

blog_05081801.jpg


体長15cmほどのセイゴ。
その後も、セイゴのアタリはあるものの期待の”CHINU”のバイトはなく23:00を過ぎたところでSTOP FISHING。

 今日は表層を引けばゴミ!!ボトムを引けばルアーロスト!!と何かツイテイナカッタ!!
あの二日間はなんだったのかとここ最近思ってみたりとかしてしまう今日この頃・・・・・。
今度はあまりゴミがないときに行ってみようか・・・・・。


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Chinu in daytime.....Part.3

 お盆の最終日も”CHINU"狙いなのだ。
今回はワンドのシャローエリア!!

blog_05081501.jpg


ここはまさしくシャローエリアと呼ぶに相応しくウェーダーを履けば対岸まで渡って行けそうな感じなのだ。
ポイントは、水門周りのかけ上がり、杭などのストラクチャ、葦が生えている超シャローエリア、係留してある漁船周りといったところ。
現地に到着するもやはり、ここ数日の北風の影響で水面がかなり波立っていてTOPで探るにはかなり厳しそう・・・・・。
潮は下げに入っていてかなり沖までウェーディングできそうだが、最悪なことに自宅にウェーダーを忘れてしまい今回は陸っぱりでの攻略と相成ってしまった。

 まずは、水門周りのかけ上がりを探る。
このエリアは基本的に砂地で所々ゴロタが転がっている。
上から干上がっている干潟を観察すると蟹の掘った穴がいたるところにある。
潮が満ちていれば期待できるかもしれない。
水門からの流れの影響で水色は濁っていて警戒心の強いチヌもこの濁りの中に居るのか?それとも居ないのか?
追い風になるように立ち位置を決めて水門のかけ上がりの向こう側のシャローにポッパーを落として、かけ上がりを通すように引いてくる。
一通りキャストして反応がないので移動することに。

 今度は小石(砂利)のエリアへ移動する。
波打ち際まで降りて岩をひっくり返すと小さい蟹や巻貝が居る。
この波打ち際から岸までが結構かけ上がりのような地形でやはり潮が満ちこんでいれば期待大か?
砂利浜の先は砂地になっていてかなり沖の方までシャローエリアが続いている。
所々ゴロタや海草が生えているのか海底が黒い部分がある。

 沖へ向けて扇形にキャストを繰り返し辺りの状況も観察する。
鷺であろうか結構沖に数羽小魚を狙っているのか海面をジ~ッと見つめている・・・・・。
時折、ボラらしき魚を捕まえて美味しそうに飲み込んでいる。

管理人もかなり腹が減ってきた・・・・・。

しかし、風の影響で海面が波立っていてポッパーではやり辛い。
おまけに潮も下げ一杯まできているのかかなり沖まで浅くなっている。
かなり潮位も低くなっているのでより水深がある船を係留してあるポイントへ移動する。

 波打ち際まで降りることができないので、護岸からキャストするしかないが、護岸の先まで行ってみれば海中にはクラゲ!!があっちにもこっちにも・・・・・。
どう考えても魚が居るような気配も感じられず、ワンドエリアを後にする。

 途中、小規模河川で30分ほど立ち寄り波打ち際までおりて川底を観察・・・・・。
波打ち際のブロックには小さい蟹がワサワサ居る・・・・・。
試しにキャストしてみるも、海からの風がモロに河川内に吹き込んでいてまともに釣りになる状況ではなく次回、ワンドエリアと共にリベンジすることに・・・・・。

 結局、この3日間はポッパーを投げまくったが、セイゴのキャッチに終わってしまい見事に玉砕!!
南九州では昼間にポッパーにアタックしてくるらしいのだが、この3日間では検証できずどうも不完全燃焼・・・・・。
やはりキビレが居る河川とそうでない河川とがあるような気がする。
水温とか、川底の底質とかベイトとか・・・・・。
あと、潮周りによる潮位も関係するのだろう。

今後、もう少し探ってみようと思う。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Chinu in daytime.....Part.2

 翌日は、昨日探ることが出来なかった堰付近を探った後に某一級河川へ向かったのだ。
AM9:00に堰へ到着し辺りを観察すると、所々テトラ帯があって雰囲気は良さそうだが、水が澱んでいる・・・・・。
おまけに60cmぐらいの鯉がお腹を上に向けて数匹プカプカと浮かんでいてキャストする気がしない。
で、橋脚周りをみれば、何やら岸際に漂っている・・・・・。

blog_05081401.jpg


体長50cmほどのシーバス!!
何だか、元気がなさそうで時折、横になったりしていた。
とりあえず、堰から水門付近までを約1時間かけて探るも反応がなく、何故か車で再度確認の為に来るまでこの区間を1往復してしまった。

blog_05081402.jpg


 この区間に見切りをつけて、次なる目的の某一級河川へ車を向ける。
約30分ほどで目的の某一級河川へ到着!!
やはり、お盆の中日なためか釣り人は皆無・・・・・。
まずは、支流の橋脚付近を探るも、ボラか何か分からないがポッパーにチェイスしてきた。
しかし、この日も正に夏日と言える好天!!
たまらずに橋脚の下の日陰からキャストを繰り返す管理人・・・・・。
完全にダルダルモードになっている(>_<)
しばらく休憩して本流と支流が合流するテトラ帯へ車を走らせる。

 数分で到着しまずは、岸際からなだらかなカケアガリになっているゴロタ交じりのエリアを探る。
海面を良く見るとここもサヨリが湧いている。
ベイトの量は申し分ないが如何せんチヌの気配は皆無!!
テトラ帯へ移動するも北風が強くなり、沈んでいるテトラの上をなかなかと通すことができず、少しイライラモードに・・・・・。
おまけに暑いし!!っていうか暑すぎ!!昨日よりも風がある分だけまだ涼しいが変わりに釣りにくいったらありゃしない!!
しかも、昨日と同じく目の前でジェットスキーがUターン・・・・・。

このボンクラが!!ヾ(*`Д´*)ノ

 結局、この日は満潮までするつもりだったが、この風向きでは何処も釣りになるはずもなく明日の為に某シャローエリアを下見して帰路に着いたのである。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Chinu in daytime.....Part.1

 遂に?お盆である。
このお盆の3日間でやってみたいことがある。
それは、”昼間のチニング!!"しかも、大分、宮崎方面で話題となっている”ポッパー"で狙ってみようというのだ!!
ポッパーはMaria Pop Queen 50mm(5g)。
まずは初日の13日に狙うエリアは実家から20分ほどのところにある某二級河川!!
最河口部~堰までのエリアである。

 満潮が15:00過ぎで実家を出たのが11:00・・・・・。
干潮からの上げのタイミングでの釣行である。
潮が上げていくに従い、”CHINU”も河川内に入っていくのではないかと考えてまずは、某二級河川の最河口部へ・・・・・。

 さすがにお盆のためか海水浴の人は居てもこの暑い中、釣りをする輩は皆無!!
やっぱりこの時期に釣りをするのは罰当たりやろうか・・・・・(-_-)
まずは、最河口部の流芯付近の手前がゴロタが広がっているエリアを狙う。
チニング”で使用しているタックルはBAY LINER IKA BL-74SJ/SQ + LUVIAS2500 + S・O・MスプールにGOSEN AQUAMAGIC 10lb + VARIVAS VEP20lbである。
リーダーは少し太めだが、万が一?シーバスがヒットしたことを考えてのセットなのだ。
まずは、河口部へ向けてフルキャスト!!
しかし、北からの風でポッパーが途中で失速してしまう。
おまけに着水後、アクションをさせると風の影響でポッパーが数メートル移動してしまう。
それに風の影響で海面が波立っていて、ポッパーから目を離すと位置が分からなくなってしまう・・・・・(>_<)
しかし、水色は透明で海底まで透けて見えてしまう。
キャストしていて本当にこんな状況で釣れるんかいな?という考えが頭の中に浮かんでしまう。
 立ち位置から扇形にキャストしながら少しずつ立ち位置をずらしていく・・・・・。
しかし、夏とはいえかなり暑い!!背中を汗が落ちていく・・・・・。
既にキャストし始めて30分が過ぎているが、反応が無い。
しまいにはジェットスキーに乗るバカチンが目の前でターンを数回!!

このボンクラが!!ヾ(*`Д´*)ノ

で、少し、上流側へ移動。
橋脚周りと本流と支流の合流部を探ってみるのだ。
ここは普段、夜とかはブッコミ釣り師がいるところである。
海面を見ると、特に合流部の流れのヨレ辺りに10cm前後のボラ、サヨリが湧いている!!
おまけに海底には大きな牡蠣殻が付いた岩が目視できる。
少しは期待大!!か?
 まずは、橋脚の中へポッパーを打ち込んで上げ潮に乗せながら時折、バコッ!!バコッ!!とアクションさせる。
うまく、海底に沈む岩の上を通過させるようにラインメンディングさせながらポッパーを通すも、水面を割ってでるような状況はない・・・・・(-_-)
ポッパーをアクションさせると、ボラの興味を引くのか時折ポッパーにアタックしてくる・・・・・。

アタック違いダ・・・・・。

約一時間ほどキャストしてみたが、期待するような水面を割ってアタックする光景を目の当たりにすることもなく、時間が過ぎていき体力が消耗していく・・・・・。
既に、Tシャツの前後が汗でビッショリ!!
暑すぎる!!(´~`;)
ここも見切りをつけて次に向かうのは、護岸が整備されている、護岸のブロックエリア。
ここのブロックは1個おきにブロックの中央が凹んでいて途中階段が2箇所あるのだ。
しかし、先ほどの2箇所とは違い影になるところがない・・・・・(>_<)
首筋、腕が既にヒリヒリとしてくる。
空を見上げれば、一筋の飛行機雲・・・・・。

blog_05081301.jpg


気力もなくなりそうなこの暑さ!!
一旦、車に戻り、水分補給の為自販にてお茶を購入・・・・・。
既に本日2本目である。
一気にペットボトルの半分まで飲んで気合を入れなおし、海面、底の様子を注意深く観察する。
海面にはボラっ子の群れ、底はアオサみたいな海草が生えていて基本的に砂地で岸際にはゴロタが入っている。
ポイントらしき場所はあまりないが、河川の中央付近のアオサと砂地との切れ目へポッパーをフルキャスト!!
着水後、糸ふけを回収してアクションを入れる。

軽くバコッ!!と単発でアクションさせたり。

バコッ!!バコッ!!と連続でさせたり。

ポッパーをドッグウォークさせたり。

デッドスローでリトリーブさせたり。

上のアクションを混ぜたりして色んなパターンを試す・・・・・。

で、カラーチェンジさせてレインボーカラーへチェンジし真正面へポッパーをフルキャスト!!

糸ふけをとってバコッ!!バコッ!!と連続でアクション後のステイ中にポッパーの周りに魚の気配というかもじる姿が・・・・・。
と、その時、目の前のポッパーが一瞬盛り上がって水飛沫とともに水中に消えた!!

・・・・・

・・・・・

遂に来たか!!

・・・・・

・・・・・

フッキングを入れて一気に寄せる!!

・・・・・

・・・・・

blog_05081303.jpg


期待に反してセイゴだった・・・・・。

しかも体長10cmチョットのセイゴ・・・・・f^_^;

しかし、期待したターゲットではないが始めてTOPで出したことに微妙な喜びを感じる管理人・・・・・。

その後、本命を狙いキャストを続けるも反応はなく移動を決定。
次なるエリアは支流の合流点から水門エリア。

 車にのりエアコンを全開!!にし、車内が冷える前に次なる目的地に到着。
既に2本目のペットボトルも飲み干して3本目のキャップを捻る管理人。
合流部を観察すると、支流の水門付近の底は凹凸のブロックが敷き詰められていてボラが群れをなして底付近でヒラを打っている。
おまけに底は青い藻類が生えていて支流から合流部は見込み薄!!
で、本流に注ぎ込む水門エリアを下見。
 水門は開いていて、本流へ勢いよく流れ込みここにも5cmほどの小魚やボラっ子、それとサヨリが群れている。
しかも、水門からの流れ込み付近はテトラが入っていて水流の影響か底はえぐれている。
堰までの距離が500mほどの地点でサヨリがいるのはチョット以外・・・・・。
ヒョットしたら夜にシーバスとかも遡上してくるのだろうか?
大潮とか中潮とか比較的大きく潮が動いている時に満ち込み狙いで今度、行ってみるベ!!
で、水門の流れをみていると、足元に結構大きな蟹!!

blog_05081302.jpg


何て言う蟹だろうか?
他にも3cmほどの蟹が数匹目撃!!
まずは、ポッパーを水流のヨレ付近へキャストし、カケアガリ付近を通しながらアクションさせる。
扇形に水門周りを探るもポッパーには反応はなく、禁断のミノーにチェンジし同じように探るもこれまた反応はない・・・・・。
既に、満潮の時刻を過ぎ体力も限界に達している。
最後に、メタルジグをキャストして表層からボトムまで探ったところで、STOP FISHING!!

明日は今日行けなかった堰付近と某一級河川へ行ってみるのだ。






テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Again.....

 今日も昨日の釣果に味をシメ”CHINU”を狙いに行ってきたのだ。
久しぶりに2号さんもご同行である。
場所は昨日と同じところ。

 21:00に現地集合ということでタックルの準備をして出撃!!
今日もヤル気まんまんの管理人!!
数分で現地に着き、まだ、上げの途中なのか昨日HITしたエリアは干上がっている。
2号さんは既に到着しているようでキャストしている。
久しぶりにお会いして近況などを話して、ウェーダーを着てタックルを準備する。
満ち込みまでまだ時間があるのでウェーディングで沖のブレイクを狙う。

 静かにウェーディングしていくと昨日よりも北よりの風で今日もTOPを諦めリトルビットでボトム~中層狙いになりそう。
お互い適当に間隔を取りキャストしていく。
狙うは沖のブレイク付近の潮目!!
ジグを表層からボトムまで丹念に探るもまだ潮位が低いせいか反応はない・・・・・。
あらかた探った後で上流へ向けて移動しながらキャストしていく。
しばらくして、2号さんと話すもお互いバイトはないようで橋脚付近へ移動することに・・・・・。

 橋脚の際、シェードを丹念に探る・・・・・。
2号さんも橋脚から上流の方を探っている。
時折ベイトの気配はするものの反応はない・・・・・。
しばらくして2号さんは下流側へ移動し、管理人はそのまま橋脚付近にステイしているベイトの周囲を探る。
立ち位置を変えて数投目ぐらいにジグをキャストしてボトムをトレースしているといきなり鈍い感触が伝わってドラグがジッ!!ジッ!!と鳴りまくる!!
すかさず追い合わせを入れるもかなり重い引き・・・・・。
一瞬、かなりのサイズを期待したが、どうも違うような気が・・・・・。
しかし、ドラグはいい音を発しながらラインが出て行く。
数分格闘して波打ち際へズリ上げれば人生初の”エイ!!"・・・・・。
目測で両翼が50cmぐらいか?
(写メするの忘れてしまった・・・・・)
って言うかエイがこれまで引くとは思わなんだ・・・・・。

 その後、2号さんと再び合流して話をするとお互い反応がないので2号さんのご要望で別の河川へ向かうことに・・・・・。
しかし、今日もかなり暑い!!
腰から下は水に浸かっていてましかと思ったが、ウェーダーを脱ぐと汗ビッショリ!!
透質素材の意味ないじゃん!!
タックルを車に乗せて某河川へ車を向ける・・・・・。

 数分後、目的の河川に到着。
河川の状況を覗くとベイトは十分に群れていてイーター族に時折追われているのか不自然な動きをしている。
俄然、モチベーションもあがりベイトの周囲へキャスト!!キャスト!!
時折、コツン!!としたバイトらしき感触があるもののフッキングまでは至らず気持ちばかり焦る・・・・・。
それからしばらくして足元でフォールさせた管理人のリトルビットに何かがバイト!!
フッキングさせるとブルブルッ!!とした感触!!
しかし、手応えはかなり軽い・・・・・。
抜き上げてみれば、

blog_05081201.jpg


またもや自己最小記録を塗りかえてしまったセイゴ・・・・・。
目測で5cmオーバーか!?
イーター族の正体はこのチビチビのセイゴか。
結局、その後キャストするも時折、チビチビセイゴらしきバイトがあるのみで状況は変わらず・・・・・。
それからしばらくして2号さんはSTOP FISHING。
管理人は再度、最初の河川へ戻り”CHINU”を狙い途中分かれることに・・・・・。

 数分後、一人河口部に佇む管理人である。
昨日よりも潮が満ちていてバックスペースはあまりない。
おまけに風も最初と変わらず北からの風が吹いている。

 狙うは昨日初”CHINU”をキャッチしたエリア。
昨日は3gを使用したが、今日は風の影響を考慮して5gを使用している。
まずは、立ち位置から正面へキャストし着水後速攻で糸ふけを取りリトルビットをリトリーブする。
5gと自重がありおまけにシャローエリアのためこれでも時折ボトムコンタクトがある・・・・・。
数投キャストごとに少しずつキャストする方向を変えながら、シャローエリアを探っていく。

 更に十投ぐらいして波打ち際あたりでググッ!!としたバイト!!
速攻でフッキングを入れる!!
手応えからサイズ的には小さいようで一気に寄せに入る。
抜き上げてみれば、

blog_05081202.jpg


二日連続のキビレ!!
体長16cmであった。

blog_05081203.jpg


昨日よりもサイズダウンしてしまったが、二日連荘でキャッチできたことは素直に嬉しい!!
しかも、昨日と同じリトルビットのピンクホロだった。
ヒョットしてピンク系は”CHINU”にとってアタリカラーなのだろうか?
今後の課題だ・・・・・。

 その後、2匹目を狙いカラーローテーションさせながら攻めるも痛恨のラインブレイクをさせてしまい、お気に入りのピンクをロスト!!
金系でさらに探っていくも、またもや自己最小記録を更新してしまいそうなセイゴをキャッチしたところでSTOP FISHING。

とりあえず、二日連荘で”CHINU”をキャッチ!!
この三日間で狙い方さえ間違わなければ、キャッチできるようで今後、カラーやルアータイプなどを試してみようと思う。

次回は、真昼間にポッパーを使用してTOPで出すのが目標だ。






テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Revenge!!.....

 今日仕事から帰宅後、昨日の"CHINU”狙いの結果とその他情報を仕入れるために某釣具屋へ行ってきたのだ。
お店に入るなり店長さんと視線が合い、結果を期待していたのかボ○ズだったことを話すと苦笑い・・・・・。
色々と状況を話してメタルジグ用のアシストフックを購入して今日も出撃!!
当然狙いは”CHINU!!"ONLYである。
今日は昨日の河川とは違うところである。
狙いは橋脚周りのシャローエリア。

 タックルを車に積み約10分後に現地到着。
しかし、車から外にでると弱いながらも風が吹いていて向かい風・・・・・。
水面は風の影響かざわざわと小波が立っていてポッパーではアピールさせにくい状況である。
一応、ポッパーをキャストしてみるもののやはり小波のせいか今ひとつアピールできていないような気がする。
数投したところでポッパーに見切りをつけて小型のメタルジグ(アシストフックを装着済!!)に交換。
メタルジグはMaria Little Bit 3gのグローピンクホロ。
着水後、出来るだけフォールを長く取りたかったのだ。
橋脚付近へキャストして一旦、ボトムを取りリフト&フォールをさせながら扇形に一往復探っていく・・・・・。
昨日と一緒で反応は全く無い。
 今度は、橋脚で出来るシェードの中にアンダーハンドでジグをキャスト!!
ここはかなり浅いので着水後、速攻でリトリーブする。
途中STOP&GOを入れながらリトリーブしてくると、ブルブルッ!!というバイト!!
使用しているロッドは昨日と同じエギングロッド。
フッキングさせる前に弾いてしまいなかなか乗せることができない・・・・・(>_<)
再度、同じコースをリトリーブさせると今度はゴン!!というバイト!!
フッキングさせて寄せてくるとブルブルッ!!とした手応え・・・・・。
抜き上げれば、

blog_05081101.jpg


自己最小記録のセイゴ・・・・・。
サイズは10cmぐらいだろうか。
先ほどからのバイトの正体はこのセイゴだったようで、その後更に一匹を追加。
ふと気づけばチヌは眼中になくセイゴをキャッチすることに夢中になっている管理人・・・・・。
時刻は既に22:30を回っている・・・・・。
ここで昨日ウェーディングした河川へ移動する。
予想では追い風もしくはベタ凪と予想し車に乗り込み某河川河口部へ車を走らせる。

 数分後、目的の河川へ到着し水面を見れば予想通りのベタ凪!!
今回はウェーディングを止めて波打ち際からメタルジグをキャストするのだ。
昨日は、釣行開始から終了するまでTOP狙いでポッパーをキャストしたので今回はボトム~中層を重点的に探ってみるのだ。

 まずは、昨日と同様にゴロタエリアへ向かうが本日は小潮の為か潮位が低い・・・・・。
キャストしようか迷ったが結局ゴロタエリアを諦め、砂地エリアへ向かう。
水面を見渡してみるとやはりベイトが群れている。
それと、昨日よりも風の影響が少ないのかベタ凪。
まずは、狙いを10mほど先のゴロタ交じりのかけ上がりに定めてLittle Bitをフルキャスト!!。
カウントダウンして中層付近~ボトムをSTOP&GOしながらリトリーブを開始する。
時折、ボトムのストラクチャに引っかかる。
一旦、ルアーを回収して再度、同じポイントへフルキャスト!!
着水後、今度は少しカウントダウンを少なくしてリトリーブを開始する。
リトリーブスピードはかなり遅い。
1回転2秒くらいのスピードでリトリーブしてくると、ググッ!!と手応えを感じたと同時に緩めにセットしていたドラグがジッ!!ジッ!!と鳴る!!
スプールに手を当てて追いあわせを2回ほど入れて寄せてくると明らかにシーバスとは違う手応え!!。
その手応えからヒョットするかも!!と想像しながらやり取りをしているといきなり真横に走る!!
このままでは海面に出ているストラクチャにラインが巻かれてブレイク!!
スプールを左手で止めて強引に頭をこちらに向けてドラグが時折鳴る中、強引に寄せに入る。
常夜灯が届く辺りまでくると銀色の魚影が姿を見せ始める・・・・・。

・・・・・

・・・・・

慎重に・・・・・しかし、強引に波打ち際へズリ上げる!!

・・・・・

・・・・・

blog_05081102.jpg


遂に念願の”CHINU!!”をキャッチ!!
鰭が黄色いのでキビレだ!!

blog_05081103.jpg


ズリ上げたあと、思わず”ヨッシャ~!!"と叫んでしまった管理人!!
体長28cmのキビレ!!
狙って仕留めたキビレだ!!
これはかなり嬉しかった!!

 写メしたあと蘇生も上手くいき、元気に暗闇へ向かって泳いでいった。
その後、2匹目を狙うも根掛かりでラインブレイクしてしまって結局、この1匹だけだったが納得の1匹をキャッチできたのでヨシとしとこう!!
中層~ボトムを狙ったのが良かったのか、メタルジグの反射が良かったのか今後もう少し通って確かめてみたい。
あと、TOPでキャッチできれば言うことなしである。

 久しぶりに心臓がバクバクした釣行であった。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

It challenges Chinu.....

 今日は、平日だと言うのにチョット気になっているターゲットを狙いに近郊河川河口部へ行ってきたのだ。
そのターゲットとは"クロダイ(チヌ)”なのだ。
何だか、最近雑誌や色んなサイトで釣果があるのでかなり気になっていたターゲットなのだ。

 行きつけの釣具屋でMariaのPop Queenを2個購入。
カラーはピンククリアとニューレインボークリア。
サイズは共に5cmでWeightが5g。

blog_05081001.jpg


あと、LUVIAS用のS・O・Mスプールに巻くラインを購入(GOSEN AQUAMAGIC 10lb)。
チヌをターゲットにした場合、どんなRODを選択すれば良いのか良く分からなかったので万が一バイトした場合、あの硬い口にフックを貫通させるだけのパワー&食い込みの良さを考慮して手持ちの中ではエギングロッドがバットパワーもあり流用することに。
リールはLUVIAS2500 + S・O・M。

 帰宅後、ラインを巻いて目的地へ!!
数分後現地に到着。
満潮まで約3時間・・・・・。

 この日狙おうと思った場所は、ゴロタエリア、砂地エリア、橋脚付近のシャローエリアの3箇所。
ウェーダーを履いてまずは、ゴロタエリアに静かに立ちこむ・・・・・。
意外と思ったより太腿に感じる水温が低いような気がする。
ここ数日は時折、夕立のよな雨がふるのでその影響だろうか?
まずは、ゴロタでできる流れのヨレを狙ってフルキャスト!!
着水、少し流れに乗せてドリフトさせボコッ!!ボコッ!!とポッパーをアクションさせる・・・・・。
っていうかこんなんでいいだろうか?とか思いながらバイトの間を作りながらひたすらキャスト!!キャスト!!
時折、バホッ!!という捕食音が聞こえるがシーバスだろうか・・・・・。
しかし、腰から下は水に浸かっているので気持ち良いが上半身はかなり汗だく・・・・・(´□`;)
ベイトの量は申し分ないくらい居るのだが、チヌの反応はない・・・・・。
一通りキャストして次は砂地エリアへ。

 ここは、10mほど先からかけ上がりになっている。
途中、ゴロタも入っていて最干潮のとき、カニを取っていたチヌ釣り師がいたので、チヌがいる可能性が高いと思ったのだ。
かけ上がりの先にキャストして先ほどと同じようにボコッ!!ボコッ!!とポッパーをアクションさせる・・・・・。
時折、ベイトが不自然な動きをするがイーターが居るのか居ないのか・・・・・。
扇形にキャストしてとりあえず一往復キャストし終わり無反応・・・・・(-_-;)
次は橋脚付近へ移動。

 ここは初めてウェーディングする場所なのだ。
橋脚の回りには船が係留しているので係留ロープに注意しながら橋脚の際へフルキャスト!!
今度は、一回アクションさせた後流れに乗せてラインを送り出し橋脚を舐めるようにルアーを流していく・・・・・。
時折、橋脚の明かりの中を10cmほどのセイゴが数匹泳いでいるが、Pop Queenには無反応。
ここも一通りキャストし終わったがこれからどうしたものか・・・・・。
とりあえず、再度、砂地エリア、ゴロタエリアをパターンを変えながら探っていく。

 フルキャストして着水後、1回アクションさせた後、バイトの間を作りデッドスローで引き波を立てるように数秒リトリーブさせ時折、間を作りながらまたアクション・・・・・を繰り返す。
砂地エリア、ゴロタエリアと一通り探るがタイミングが悪いのか、アクションが悪いのか、はたまたチヌが居ないのかマジで反応がない・・・・・(>_<)
キャストし始めて約2時間が過ぎている・・・・・。
既にゴロタエリアはほぼ9割ほど水没してしまった。
色々と考えたが明日も仕事もあるし、本日はここでSTOP FISHING!!

次回はもう少し、チヌの情報を集めて再度リベンジである。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

TACKLE.....

 日曜日の真昼間にFLAT系を狙いに某漁港へ行き、運良く20cmのソゲをキャッチできたのが、その時思ったのがもう少しLIGHTなTACKLEがあれば・・・・・と感じたのだ。
どこまでをLIGHT TACKLEと言うかは人それぞれ考え方があるかと思う。

定義は色々とあると思うが、今現在管理人が欲しいと思うTACKLEをば.....

 ▼ROD(全てSMITH)

  ①.BAYLINER BORON ・・・・・ BLB-66ML/BRF
     (POWER:MEDIUM LIGHT ACTION:MODERATE FAST:2g~10g)

     or

  ②.BLOW SHOT BORON ・・・・・ BSB-78BS
     (POWER:LIGHT ACTION:FAST:5g~15g)

     or

  ③.BLOW SHOT BORON ・・・・・ BSB-86BS or BSB-92BS
     (POWER:LIGHT ACTION:FAST:5g~21g)

 ▼REEL

  ①.DAIWA CERTATE 2500 + RCS 2508 SPOOL or RCS2506 SPOOL

↑が今現在欲しいといかあればいいなと思っているTACKLEなのだ。
REELは今のLUVIASもしくはR-CUSTOMでも構わないが、あればいいなと思うとCERTATE2500が欲しい。
10g前後のルアーをフルキャストできて足場の高さ、飛距離を考えるとRODはBLOW SHOT BORONが選択肢としてあがる。

あと、シーバス用でサーフ&地磯用でもう少し飛距離が欲しいので

 ▼ROD


 ①.BLOW SHOT BORON ・・・・・ BSB-103SF or BSB-98SF
     (POWER:MEDIUM ACTION:MODERATE SLOW:10g~35g)

 ▼REEL

  ①.DAIWA CERTATE 3000

が欲しいというか揃えたい。
今、サーフで使っているのはメインがBSB-86RS。
RODの張り具合、飛距離とかは気に入っていて満足しているが、波の高さによってはLINEが波に叩かれてしまい、波高のときは少々扱いづらく感じてしまう。

しかし、今にして思えばここまでハマルとは思っていなかった。
というか管理人の性格的には一度ハマルとある程度のところまで何事もやってしまうところもあるのでいずれは↑のTACKLEの何セットかは揃えてしまうのだろうけど・・・・・。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Flat Fish.....

 昨日の雨上がり後のシーバスは玉砕!!であった。
本日は15:00より前回のカマス調査の行きがけにキャストしたかった漁港へ行ってきたのだ。
お目当てはFLAT系である。

 裏道を通って出れば目の前は稲穂の緑の絨毯
これが八十八夜過ぎると黄金色の稲になるのだ。
車を道の脇に止め写メしてしまった。

blog_05080701.jpg


 それから数分でお目当ての漁港へ到着。
運良くお目当てのポジションが空いていたので速攻でタックルをセットして波止へ歩く・・・・・。
しかし、今日も暑い!!
既に額から汗が落ちてくる・・・・・(>_<)

 波止の付け根に来たところであと2時間ほどで最干潮なためかゴロタが頭を出している。
まずは波止の付け根のゴロタエリアからキャストしていく。
風は少々向かい風。
足場が高いこともあり出来るだけ足元までルアーを引いてきたかったので、ルアーはFlying Diver 70mmのマイワシ・ホロをセットし沖の沈み根目掛けてフルキャスト!!
カウントダウンさせて出来るだけ沈み根をタイトに攻める。
数投したところでブルブルッ!!とした感触が伝わってくるもバラシてしまった・・・・・(>_<)
バイト後の感触からして正体はアナハゼっぽいような気がする。
実際、波止の付け根の石積みの隙間からアナハゼが時折チェイスしてきてたし・・・・・。

 波止の付け根を諦め、波止の中ほどから内側を狙う。
実はここが本命の場所なのだ。
波打ち際から緩やかなカケアガリになっていて、係留してある小型の漁船のロープが沈めてあって以前セイゴが回遊していたのを見かけたのだ(^ー^)
風は追い風になっているので置きに浮かんでいる渓流ロープのブイ目掛けてFlying Diverをフルキャスト!!
カウントダウンしている最中に足元を見ると烏賊の子供が係留ロープの周りにステイしている。
その数、ざっと数えて10杯ほど!!
あと一ヶ月ほどすれば更に大きくなったぐらいにまた来てみよう・・・・・。

 中層付近まで沈めてからリトリーブさせてながらルアーを見ていると、後ろからカワハギの子供やサンバソウが興味深そうに追ってくる。
数投目をキャストしたところで着水後、係留ロープ付近までルアーをリトリーブしたところでブルブルッ!!としたバイト!!
そのまま寄せてくると、お目当てのソゲだ!!

blog_05080702.jpg


 体長20cmぐらいだろうか?
ミノー系でキャッチしたのは初めてだったのでこれは嬉しかった・・・・・。
某河川プチ遠征以来、久しぶりに魚族のお顔を拝めたのである。

 リリースしようかと思ったが、お隣の投げ釣り師にプレゼントし暫し近況を聞かせていただいた。
その後、キャストするも反応はなく、時折右手の方からブシュ~!!ブシュ~!!という音が聞こえてくる・・・・・。
はて?
で、音のする方をみれば、ナント!!波止の波打ち際で素潜りをしているではないか!!
これでは先端付近では釣りにならん!!
おまけにお気に入りのFlying Diverをロストしてしまった・・・・・。

 元の場所でルアーをローテーションしながらキャストしていると、先程ソゲをプレゼントした投げ釣り師がホシセイゴをキャッチ・・・・・。
体長は10cmほどである。
それからというもの、セイゴの群れに当たったのかコンスタントにセイゴを掛けている。
で、一番大きいのを写メさせてもらった。

blog_05080703.jpg


 体長15cmほどのセイゴだ。
唐揚げサイズかな。
色々と聞いてみるとこの波止にはよく来るそうで、アジゴの泳がせにシーバスを数匹キャッチしたらしい。
今度は夕マズメに真剣にミノーをフルキャストしてみようか・・・・・。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.24

 ここ数日夏バテの影響か風邪を引いてしまい2日ほど寝込んでしまった。
土曜日は出勤日だったため、これ以上休むわけにもいかず無事お勤めを済ませて帰宅後、潮時表をみれば満潮が23:00である。
おまけにお昼には雨も降ったし・・・・・( ̄ー ̄)
チョットだけリハビリを兼ねて、満潮からの下げ狙いで近郊河川河口部へ出撃!!

 現地に着いた時は丁度、潮止まりからの下げでいい感じで下流へ流れている。
しかし、昼の土砂降りのせいか水面ごみだらけ・・・・・(-_-;)
予想はしていたが状況からして釣りにならないほどではないが、やはり釣りづらそうな感じ。

 波打ち際には5cmほどのベイトが群れていて時折、セイゴがバホッ!!とライズしている。
しかし、そこまでシーバスの個体数は多くないようで頻繁にはライズしていないようでチト厳しそうな感じである。
ちなみにここ数日は湾内でボートシーバスでの釣果が良いらしいのだ。
管理人は船はあまり得意ではないのでお金を払ってまで船釣りをしようとは思わないが、結構ボイルもあるようで面白いらしい・・・・・。

 しかし、久しぶりのシーバスである。
ロッドはBLOWSHOT BORON 92TWにいつものR-CUSTOMをセットし、ベイトのサイズと同サイズのルアーをセットしアップ気味にフルキャスト!!
ドリフトさせて下流側のゴロタ帯の上をトレースするようにコースを取る。
このゴロタ帯は干潮になると岩の頭部分が顔を出すので流れに変化が出来て下げの時にわかりやすいのだ。
上流の方には1名ほどルアーマンが居るようで時折、キャスト音が聞こえてくる・・・・・。
その後、一時間ぐらいキャストするもたまにシーバスの捕食音が聞こえてはくるもののバイトまでは持ち込むことができない・・・・・。
捕食音の大きさから想像してもサイズ的にはセイゴ以上フッコ未満ぐらいだろうか?

 次第に潮が下げてきたのか流れが速くなりおまけにゴミの量まで多くなって1キャスト・1ダスト!!
草、木の枝、ビニール、海草・・・・・と色んなものがルアーに纏わり付いてくる。

・・・・・

やっぱり釣りにならん・・・・・(>_<)

・・・・・

 この間何回かルアーチェンジするものの如何せん反応はなく、おまけにルアーを交換している最中に目の前でシーバスがベイトの群れにアタック!!
完全にタイミングがずれている・・・・・。
しまいにはお気に入りのシンキングペンシルをフルキャストした時にいきなりロッドのテンションが軽くなりリーダーの先を見れば、ルアーのアイ部分しか付いていなかった・・・・・。
痛恨のルアーロスト!!

 お給料日前のロストはかなり痛い!!
結局、2時間ほどキャストして時刻は既にAM2:00を回ったところでSTOP FISHING。

ルアーロストはチョット痛かったが、雨の影響かほんの少しだけシーバスの気配を見れたので良しとしとこう!!

次回に期待である。


このページのトップへ

Chining.....

 最近、チニング?チヌイング?なるものが某雑誌で紹介されている。
某サイトでも専用リグ”Mリグ”なるものでコンスタントに釣果を上げているアングラーもいらっしゃるようである。

 チヌって管理人は呼べるサイズは未だに餌・ルアー問わずキャッチしたことはない・・・・・。
よくシーバスとかの外道で釣れているのは雑誌とかでたまに見るだけである。

 このチヌをルアーで狙う場合は本州(九州含む)ではクロダイキチヌ(俗に言う”キビレ”)の2種類がターゲットとなる。
沖縄など南の南方系になるとミナミクロダイと、オキナワキチヌと、ナンヨウチヌの3種になる。
南方系のチヌ類はフライで狙うのがメジャーらしい・・・・・。

 ここではクロダイとキチヌをターゲットとして考えてみる。
両者の主な習性は

┌ ---------------------------------------------- ┐
クロダイ

blog_05080501.jpg


・習性

本州~九州沿岸に分布。
春~夏:卵を産みために浅場にやってくる。
所謂”ノッコミ”というやつ。
秋~冬:寒くなると徐々に深場へと移る。
性転換をするらしい・・・・・。

・食性

貝類、エビ、小魚、海草など、何でも食べる雑食性。
スイカやミカンなどを餌に釣るところもあるようなので意外と甘党か・・・・・。
└ ---------------------------------------------- ┘

┌ ---------------------------------------------- ┐
キチヌ

blog_05080502.jpg


・習性

クロダイよりも暖かい水域を好む。
どちらかと言うと南方系の魚。
クロダイよりも汽水域を好む。

・食性

貝類、エビ、小魚、海草など、何でも食べる雑食性。
└ ---------------------------------------------- ┘

両者とも警戒心は強いがキチヌの方がかなり好奇心が強い。

キチヌは結構ポッパーに出るらしい・・・・・。
某釣具店にも置いてあったゾ!!

エリアは習性から河口のシャローエリアで砂地、ゴロタが混在しているところだろうか・・・・・。
タックルもライトなシーバスタックルなら問題なさそう・・・・・。
しかし、口が硬いので貫通させるにはある程度しっかりした調子のロッドが良いのか?
ラインもPE1号+リーダー10ポンドぐらいで大丈夫か?

今度、真剣に狙ってみよう・・・・・。





このページのトップへ

Evening sun.....

 今日は久しぶりに青空で暑い!!というか蒸し暑い!!
まぁ~夏だからしょうがないけど・・・・・。

 事務所の近所の河川を昼休みにぶらついてみるとボラでイッパイ・・・・・。
10cm前後とか20cmぐらいのがいたるところでモジっている。
はたしてこのボラの群れにシーバスはついているのだろうか?

 帰宅中に車から博多湾を望むと綺麗な夕日・・・・・。
車を某港湾施設の脇に止め写メしてみる。
奥に見えるのは志賀島である。

blog_05080301.jpg


 赤潮のせいだろうか?
潮色はあまり良くなかった・・・・・。
久しぶりに見た真っ赤な夕日。

最近、納得できる釣果が無い・・・・・。

シーバス釣りたい今日この頃である。



このページのトップへ

Lightning.....

 ココ最近どうも夏バテのようで色んな意味でモチベーションが上がらない。

 人は"人生"と言う名のレールの上を走る生き物である。
時には全速力で走り、また時には各駅停車したり・・・・・。
列車を乗り換えるのも良し、また来た道を戻るのも良し。
終着駅は誰にも分からない・・・・・。
ただ、前進あるのみ・・・・・。

(一部加筆)

 確かに最近の心境は↑の通りなのだが、どうも色々と考え込んでしまう・・・・・。
ダースベーダーではないが、フォースの暗黒面に落ちて行きそうでヤバヤバである。
まだまだ、鍛錬が足りぬ管理人なのだナ。

 昨日、財布の中を整理しているとCDのカードがイッパイで2000円引きであることが分かり、行きつけの本屋へDash!!
管理人は洋楽が好きなのであるが、ネットで視聴できるサイトがあり以前小耳に挟んだグループのCDを視聴。
で、購入したのは『偉大なるエディ~グレイテスト・ヒッツ(Iron Maiden)』ヘビーメタルである。

 早速、車のコンポにセットして深夜ドライブである。
場所は志賀島。
Volumeも大きめにご機嫌で運転していると、時々目の前がピカ~ッ!!と光り稲妻が走る!!
俺は志賀島へ走る!?

 時刻は既に23:00を回っている・・・・・。
法定速度を守りながらノリノリで運転しているとまたもやピカ~ッ!!と稲妻が走る!!
志賀島へ着いてみれば、流石にこの天気で海で遊んでいる輩は居らず、某漁港でしばし海を眺める・・・・・。
一人で漆黒の海を見ていると時々、稲妻が走り何だか早く帰れと言われているような気が・・・・・。

 結局何の答えも見出すこともなくまた、来た道を戻るのであった・・・・・。


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。