てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Top DE "CHINU".....

 ここんとこ某河川へ通っている。
狙いはシーバスの日もあれば”CHINU”のときもある。
ターゲットが”CHINU”の場合、もっぱらポッパーを使用している。
Maria好きの管理人ゆえ使用するポッパーはPOP QUEENなのダ。

blog_05092901.jpg


 昨日と今日はポッパーオンリーで釣行して”CHINU”が出たのは3回・・・・・。
ともにフックアウトだった。
何となくであるが、3回のアタックしてきた時のアクションを思い出すと小刻みなアクションで”バフッ!!”というポップ音をさせるよりも”ポコン”というポップ音をさせるほうがいいような気がする。
あと、小刻みなアクションの中に”ルアーを食わせる間”を如何に組み込むか!!
頭では分かっているのだけど、なかなか難しい・・・・・。
できるだけ、ストラクチャーの周辺で”食わせる間”を作ってやるとアタックしてくるような気がする。

 また、夜の釣行の為注意深くポッパーを見ていないとストラクチャーにラインが巻かれたりアタックの瞬間が分からなかったりしてフッキングをミスってしまう。
しかし、夜といえども水面を割る様はやはり心拍数が上がってかなり面白い!!
ポッパーの他にペンシルベイトをキャストして”Dog Walk”させても面白そうな気がする。
機会があれば試してみたい・・・・・。

 あと、純粋なTOPというわけではないが、素面直下ということを考えると50mm前後のシンキングペンシルとかもかなり良い!!
今日は隣の二人組みの方がお腹がデップリとした38cmの”キビレ”をキャッチされていた。
少し話し込んで使用したルアーとかを聞いてみると、管理人のお気に入りのMaria BLUSECODE 45mmである。
おまけに60cmのシーバスもキャッチしていてご満悦そうだった。

 カラーについては派手めなカラーが良いような気がするが、今ひとつ確信が持てないでいる。
その日の潮色とも関係してくると思うが、チャート系だったりレッドヘッド、ホロ系、ナチュラルカラーだったり・・・・・。
基本的に自分の好みのカラーを使用しているので、カラーについては???と言うのが正直なところ。

 何れにしても、人にもよるが餌でもなかなか釣果が無い”CHINU”がルアーで狙って釣れるというのが面白い!!


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.29

 昨日の朝マズメは玉砕!!に終わり、その日は久しぶりに実家でオヤジと酒を飲み気が付けばAM7:00・・・・・。
結局、朝マズメは出撃できず、朝食を食べて色々と考える管理人・・・・・(-_-)
で、前回サゴシをキャッチしたパターンでシーバスを狙ってみようと思い某一級河川へ車を走らせる。

 タイミング的には上げ潮狙いでの釣行。
一旦、最河口部へと車を走らせ、支流と本流との合流部の先端が何か良さゲな雰囲気だったので、車を止めてタックルの準備をする。
今回は大河川だったので、103SFを準備した。

 途中餌釣り師を眺めるもあんまり魚は上がってないようでひたすら目的の場所を目指して歩いていく・・・・・。
ようやく辿り着き、海面・空を見渡すと上空には海鳥の姿がチラホラ・・・・・。
海面はボラがホップ・ステップ・ジャンプ~。
潮色は少し濁り気味?ってかいつもの色か・・・・・。

 まずは、合流部付近辺りを探るもこれまた反応もなく、ただ時間だけが過ぎていく・・・・・。
ならばと本流側をしばらく探るも、時折、ボラにルアーがあたるのみで本命からのコンタクトはない!!
それではと、支流側へ立ち位置を変えて対岸目掛けてフルキャストしてカウントをしっかりとってJERKの一発目後のファーストリトリーブで右手にプチナブラ発生!!
速攻で、ルアーを回収してしばらくプチナブラを眺めていると右手から左手へ移動している。
ならばと、先を見越して左手へキャスト後、十分にフォールさせてJERK&JERK!!
その直後、ドスン!!とした手応え!!
フッキングを入れると、大したサイズじゃなさそうだけど、沖目でプチエラ洗いを見せるセイゴ・・・・・。

blog_05092401.jpg


体長23cmの綺麗なセイゴ。
BLUSECODEのリアフックがキッチリとフッキングしていた。
ドアップでもう一枚。

blog_05092402.jpg


フックを外すのにチト手間取ったが、とりあえず元気に泳いでいった・・・・・f^_^;

 リリースを終えて辺りを見渡し、再度、同じポイントへキャスト!!
ファーストリトリーブの途中でアタックはあるものの、ミスバイトを連発!!
で、岸から10mほどのところで、フッキング!!
一気に抜きあげれば、

blog_05092403.jpg


おなじようなサイズのセイゴ。
ドアップでもう一枚。

blog_05092404.jpg


沖から入ってきて日が浅い群れなのか、ここら辺の魚体にしては綺麗な色をしていて臭くない・・・・・。
これも優しくリリース。

試しにカラーチェンジした一投目で、

blog_05092405.jpg


これも綺麗な魚体。

結局、その後もバイトは頻繁にあったものの、風が強くなりだしてお昼前にSTOP FISHING。
今回は、セイゴの群れに当たったのか結構面白い釣りができた。
サイズ的には狙っていたサイズではないが、魚も綺麗な魚体だったし満足な管理人!!
今度は、真昼間に博多湾で試してみるベ!!

次回に期待である。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.28

 昨夜から、実家に帰省してこの3連休は実家近郊のサーフに出撃する予定!!
金曜日はAM3:00に目が覚めて某サーフへ出撃。
途中、近郊河川河口部などを色々と下見して、やはり当初の目的通りに某サーフへ向かう・・・・・。
約30分ほどで到着し、ウェーダーを履いてタックルの準備をする。
暗がりの中、既に先行者が3名~4名ほどか・・・・・。

 サーフに出てひたすら左手に歩いて先行者の邪魔にならないところからフルキャスト!!
月明かりの中、いい感じで波っけもありところどころ潮目も出ていて明るくなるまでここで粘ることにする。
 手持ちのルアーをローテーションさせながらキャストするも、じぇ~んじぇ~ん魚の気配がない・・・・・(-_-;)

 夜も明け始めたところでここに見切りをつけて更に移動。
波音に混じりつつも小石が転がる音がする・・・・・( ̄ー ̄)
恐らくこの沖は根があり、海草も生えていたような!?

 ルアーをシンキング系に変えて少し深めに探ってソゲでもと思ったが、状況は変わらず、そのうち、先行者に追いつかれてみるも先方も状況は一緒のよう・・・・・。
更に左手に移動を考えたが、右手の地磯へ思い切って移動することにする。

 既に日が昇って等間隔でキス釣り師の姿が・・・・・。
途中、間に入ってキャストしようかと思ったが、変なトラブルを起こしてもと思いひたすら地磯を目指す・・・・・。
やっとのことで地磯まで辿り着いて、時刻的には既に最干潮間際。

blog_05092301.jpg


出来るだけ沖目の岩へ上がり、スリッドの向こう側の波間目掛けてフルキャスト!!
出来るだけスリッドの中でルアーを見せるように引いてくるも、魚族からのバイトはなく、かわりに木っ端アオリイカがピックアップ寸前でルアーにアタックしてきただけ・・・・・。
結局、この木っ端アオリのみのアタックで今回はSTOP FISHING。

波はいい感じだったのだが、ベイトの気配もなく、当然海鳥が飛ぶ姿もなかった・・・・・。

また、次回に期待である。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

I want to try BLUSECODE.....

 今週末は管理人も3連休なのだ。
久々の3連休でかなり嬉しい・・・・・(^-^)

3連休の内、1日は実家のPCのセットアップで潰れそうだが、それも日中のお話!!
当然、朝・晩は大丈夫なはず?

 前回運良くサゴシをゲットできたが、その時使用したルアーはMaria BLUSECODE 90mm C-typeである。

blog_05092101.jpg


ちなみにカラーはPMIH(ピンクマイワシホロ:画像一番左奥)である。

管理人のルアーケースのほぼ9割はMariaのルアーで占められている・・・・・。
別に何ら意味はないのだが、CHASEが出た当時から結構形が管理人好みで使用しているのだ。
あと、結構割引が大きいと言うのが最も大きな理由かも・・・・・。

今回はこのBLUSECODEをメインに前回サゴシをキャッチしたパターンで釣行してみたい。
前回のパターンは、フルキャスト後に中層付近までカウントダウンして、JERKを時折入れながらミディアムリトリーブ~ファーストリトリーブぐらいのスピードでSTOP&GOを混ぜながらやってみたのだ。
本来であれば、大場所向きでよりスイミングアクションをするV-typeを使用したいのだが、チト財布の方が寂しくなってきたので、お給料日までは我慢しC-typeで頑張ってみようと思う。
とりあえず、↑の画像にあるようにコツコツと購入してきたのでどれか一つにはバイトしてきそうな気もするが・・・・・。

狙うは”砂マル”である。

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Lepomis macrochirus.....

 今日は朝から実家のPCの調整・・・・・。
結局、ウィルスに感染してたみたいでどうもOSを再インストールしないといけなぐらいの重症。
とりあえず、ソフトの調達やら何やらでまた日程調整をして再度、挑戦ダ。

 とりあえず用事も終わり、お天気が心配だがメバルタックルで”CHINU”狙いへ某二級河川へ向かう。
途中、ワンドエリアを下見すると何故かいつもは居ない釣り人が多数・・・・・。

・・・・・

・・・・・

ハテ??・・・・・(-_-)

・・・・・

・・・・・

 そして、某二級河川へ到着すると河口側は投げ釣り師で一杯で、更に上流へ向かう。
しかし、予想外に投げ釣り師がいて入りたいポイントには入れず、河口堰一帯でキャストするしかなさそう・・・・・。

・・・・・

・・・・・

何で・・・・・(´□`)!!

・・・・・

・・・・・

車を道路脇に止めタックルの準備をしていると、おっちゃんに話しかけられ色々と世間話をしていると投げ釣り師のお目当ては”ハゼ!!”。
たしか、ハゼって彼岸ぐらいからだから・・・・・ってもう彼岸じゃん!!
とりあえず納得して、河口堰の一帯でキャスト開始!!
相変わらずボラやサヨリが多い・・・・・。
時折、豆セイゴのチェイスがあるもののお目当ての”CHINU”からは反応がない・・・・・(-_-;)
 少し移動してストラクチャの周辺を探ると、何やら軽いバイト・・・・・???
とりあえず、そのまま寄せると何やら枯葉みたいなのがミノーに付いている。
抜き上げると、何とソゲ!!
いくら底が砂地でもこんなところまで遡上してくるとは・・・・・。
あまりにも小さいため優しくフックを外してあげて水中へお帰りいただいた・・・・・f^_^;
こんな上流にソゲがいるなら”CHINU”も居て良さそうなのに。

 一通りキャストして、見切りをつけ某小河川へ移動。
雰囲気はあるのだけど、かなり潮位が下がって厳しいか?
とりあえず流芯付近を探るとセイゴのアタックが時折あるものの、やはり状況は変わらず小一時間でここも見切って久しぶりに某貯水池へ!!
ロッドはメバルロッド、リールにはPE、ルアーはソルト用・・・・・。
お目当ては”ギル!!”。
メバルタックルで釣ると結構面白い・・・・・でも、メバルの方がかなり引き味はあるけど・・・・・f^_^;

 10分後、某貯水池へ到着しお目当てのポイントへ。
水位もそこそこで一通りキャストするも豆ギルのチェイスが時折あるのみでなかなかバイトしない・・・・・。
ギル相手にボウズはプライドが許すわけもなく、何故か青筋立ててキャストしている自分がチト悲しい。

 辺りをテクテクと歩いて結構、勢いよく出て居る流れ込みを発見!!
流れ込みの両脇は草が生えていてその先にも草むらがあり結構良さゲな雰囲気。
まずはCD-1をキャストするもやはりギルのチェイスがあるぐらいで、状況は今ひとつ・・・・・。
ルアーケースの中にはBLUSECODEとSHIRASU MINNOW、それとメタルジグのみ。
 今度は、流れ込みの中にBLUSECODE (EB)をキャストし出来るだけ流芯の中で漂わせていると、頻繁にギルがアタックしてくる。
で、今度は流れ込みの先の草むらの際へキャストしてデッドスローでリトリーブしてくると、”ゴン!!"という手応え!!
一気に寄せて抜き上げれば、

blog_05091901.jpg


久しぶりのブルーギル。
体長20cmぐらい。

その後も、同じ要領で連続で3匹ほどキャッチ!!

blog_05091902.jpg


blog_05091903.jpg


リアフックにガッチリとフッキングしている。
しかし、このサイズでも流れの影響で結構引いて面白い。
試しにミノーを何種類かキャストしてみたけど、ノーバイトでチェイスさえなかった。
それならばとBLUSECODEに交換しても、他のカラーはダメで何故かEBカラーのみに好反応を示したギル達。
しかし、スレるのが早くバイトが無くなったところでSTOP FISHING。

今週末も気合入れるべ!!



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.27

 今回は2号さんと土曜の夜~日曜の朝マズメと言う強行日程での釣行であった。
今回の目的は、某河川の秋シーズンの状況と最近購入したBSB-103SFの入魂式!!
実は、管理人の心中は”BSB-103SFの入魂式”がメインだったりする・・・・・f^_^;
まずは、6月の週末管理人が通った某河川にて満潮から下げを狙っての釣行。

 現地には予定通りに到着しタックルの準備をしていつものウェーディングポイントへ・・・・・。
流石に大潮だけあって潮位が高い!!
二手に分かれて、立ちこみながらキャスト!!
管理人は支流から本流の合流部、2号さんは本流と支流の流れのヨレ周辺を探る。
潮止まりを迎えて河川のゆったりとした流れがあるが、ベイトは目視できるのだが、どうもこの一帯に活性が高そうなシーバスの気配がない。
一通りキャストした後で、潮位も高いこともあり上流部の河川内へ移動。

 河川内はいい感じで流れていて雰囲気は◎。
まずは、河川敷からアップ気味にCHASE 105SWをフルキャスト!!
着水後、流れに乗せながらデッドスローで引いてくると、まさかのバイト!!
しかし、完全に不意を付かれ痛恨のフックアウト・・・・・(>_<)

・・・・・

・・・・・

ヤッチマッタ・・・・・(T_T)

・・・・・

・・・・・

 手応えからしてセイゴクラスだったような・・・・・。
しかし、このバイトで河川内にもシーバスが入ってきていることが確認できたので、またまた二手に分かれて、今度は大胆に流芯目掛けて立ちこみながらキャストしていく。
この河川はかなり浅い為、出来るだけすり足で水音を立てないように注意深く歩いていく。
2号さんは管理人よりさらに上流の方を探っているようだ・・・・・。
数投毎に前進しながら中央の瀬まで来ると、対岸の流芯で時折ボフッ!!と言うシーバスの捕食音が聞こえる。
瀬の周りのかけ上がりにはボラらしき小魚が群れているようだが、シーバスに追われているような雰囲気もない・・・・・。
アップ気味にキャストし時折トウィッチを入れながらドリフトさせダウンクロスで引いてくるも、なかなかシーバスの反応はない・・・・・。
こういう状況になると先ほどのバラシが悔やまれる・・・・・(-_-;)

 僅かに常夜灯の明かりが届く中黙々とキャストする。
時折、2号さんのキャスト音が聞こえてくるも状況は管理人と一緒のようだ・・・・・。
次第に二人の距離も縮まり、チト相談して、キャストしながら最初にウェーディングしたポイントへ・・・・・。
管理人はストラクチャーをダイレクトに攻めて、2号さんもストラクチャーと対岸を探る。
このとき、管理人は気づかなかったのだが、対岸付近でシーバスの捕食があったらしく、その光景から明らかに”スズキサイズ”のライズがあったみたい。

 一旦、陸に上がり最河口部へ移動。
適当な場所から再度ウェーディング。
流芯に近いのか、更に水の流れが勢いを増している。
ここで、ルアーをCHASE 105からBLUSECODE 90mm C-type(RHH)へ交換し、ストラクチャーで出来る明かりの暗部へフルキャスト!!
流れに乗せながら、デッドスローで引いてきて時折、トウィッチ。
ダウンクロス気味にルアーが差し掛かった辺りで”ゴン!!”と言うバイト!!

・・・・・

・・・・・

また、ダメダッタ・・・・・(>_<)

・・・・・

・・・・・

ヘタッピーな管理人。
その後も、ルア交換しながら色々とやってみるものの結局、先ほどのショートバイト2回のみ・・・・・。
時刻は既に日付が変わり、AM0:30をまわっている。
で、一旦近郊まで戻り某所でシーバスを狙ってみることに相成った・・・・・。

*------------------------------------------------------------------------------*

 途中、戻りながら色々と今回の反省しながら今後の予定を組み立てる・・・・・。
砂マル”か”磯マル”のどちらかと言う話になって2号さんの近況から”磯マル”に決定!!
途中、朝マズメに備えて食事を取って、約1時間30分の仮眠を取り、二人とも夢の中へ。
後から聞いてみると爆睡してたのは、管理人だけだったみたい・・・・・f^_^;

 AM4:30、”磯マル”スタート!!
まだ、陽が昇ってないなか慎重にゴロタ場を歩いていく。
幸いなことに月明かりが出ていて幾分楽ではあるが、やはり夜明け前の磯は結構歩きにくい・・・・・。

 出来るだけ、沖に出て二手に分かれて、キャスト開始!!
陽が昇りだすまで、BLUSECODEの90mmの(RHH)をメインにキャスト。
少しずつカウントダウンをしながら、リトリーブさせたり、時折、トウィッチを入れたり、STOP&GOさせたりと色々とやってみる。
月明かりの中でもかなり近くに太い潮目が目視できて、かなり複雑に潮目が入っている。
今日は何か起きそうな予感が・・・・・(^-^)

次第に夜も白み始めて明るくなってくる。

blog_05091802.jpg


辺りが明るくなって、潮目が結構近くまで入ってきている・・・・・。
海鳥達も頻繁に飛んでいて、マジで何かが起きそう。
ここで、右手にナブラ発生!!
 2号さん曰くコノシロらしい・・・・・。
実際、ジグにコノシロがスレ掛かりしていた。
最近、魚っけがないためナブラの中にBLUSECODEを打ち込み、ファーストリトリーブで引いてくると、”ドン!!”という衝撃!!
引きを楽しみながら寄せてくるとやはりコノシロ。
サイズ的に20cmぐらい・・・・・。

 不思議とこのナブラに海鳥たちが反応しない・・・・・。
何故にナブラへダイブしないのか?
コノシロが小魚を追い回しているのではないのだろうか?とか思っていたら、コノシロのナブラで突如、バシャーッと水柱が立つ!!
ナブラの下にはシーバスが居るのか?
コノシロのサイズからしてランカーサイズじゃないと食べれないはず!!
ナブラの先へミノーをフルキャストして出来るだけ沈ませながら引いてくるも、時折ミノーがコノシロにあたる手応えしかない・・・・・。
 しかし、右から左へコノシロのナブラがひっきりなしに立ちまくり、何だがコノシロのナブラに翻弄させる管理人・・・・・f^_^;
まだまだ、アマチャンダ・・・・・(-_-;)

 周りが明るくなったところで、ルアー交換。
今回新たに仕入れた、BLUSECODE 90mm C-type(PMIH:ピンクマイワシホロ)と(GGOH:グリーンゴールドオレンジベリーホロ)
明るくなってきたら、↑のカラーをファーストリトリーブしてキャッチ!!してやろうと思って今回購入してみたのだ。
 まずは、グリーンゴールドオレンジベリーホロをキャストし、ファーストリトリーブしながら時折JERKを入れる。
足元まで、来たところで再度、アクションを確認。
見た目には結構イケそうな感じ・・・・・。
扇型にキャストするもコノシロのナブラが立つだけで反応なし・・・・・。
ただ、以前より潮が効き出したのか、シンキングペンシルでもしっかりとした抵抗が感じられるようになってきた。

 次にピンクマイワシホロに交換して、今度はフルキャスト後、カウントダウンをしっかりとって中層付近からJERKしてくるイメージでリトリーブ。
カウント15からのJERKをしてその数回目、いきなり”ゴン!!”という手応え!!
直後、103SFがベリーから曲がってかなりの重量感!!
思わず”キタ~ッ”という雄たけびを上げてしまい、2号さんの方を見てガッツポーズ!!
(以前、こういう光景どっかであったような・・・・・。)
追いあわせを2回ほど入れて、しばらく引きを楽しむが、周りは岩場であるため半ば強引に寄せに入る!!
思ったよりも意外と簡単によってきて、最初シーバスかと思った相手は何故か少し細長い・・・・・???
で、一気に抜き上げれば、

blog_05091801.jpg


人生初のサゴシ!!
体長45cmだった。
リアフックにガッチリとフッキングしている!!
スレで掛かってないというのが、Good!!

ドアップでもう一枚。

blog_05091803.jpg


やっぱ、この歯だったらリーダーも一発で切られるわなと納得のご立派な歯並び・・・・・。
恐竜みたいな歯・・・・・。
 その後、2匹目を狙うもこの一匹の単発に終わり、場所を移動するもやはりコノシロのナブラが立っている・・・・・。
ここで、FLAT系にターゲットを変更し、よりボトム付近をトレースできるFLYING DIVER90mmへ交換しフルキャスト!!
しかし、FLAT系からのコンタクトは得ることが出来ず、ここでSTOP FISHING。
帰りに、近郊を覗いてみたが、ナブラが立っていたのは釣行した一帯のみ・・・・・。
どこも、潮目はかなり太く複雑に入っていたが、海は穏やかだった・・・・・。

 結局、今回の釣行ではシーバスのバイトは得られたもののフッキングには至らず、また、”磯マル”には出会えずじまいだったが、海の中は次第に秋の気配が濃くなってきている。
次回こそは、”砂マル”をキャッチしてみたい!!
2号さん、運転お疲れ様でした・・・・・m(_ _)m





テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.26

 明日も仕事だというのに今週の頭から通っている某河川へ。
風邪具合もほぼ完治したようなので、今日もLIGHT TACKLEでの釣行!!
今日は、BL-68UML/RFの以前折れたティップセクションに無理やりSICガイドを取り付けたフロント部分をセットしてみた。
部屋でセットして素振りした感じでは”張り”が出てなかなか良さそうな感じだったのだ。
狙いはセイゴだが、河川の状況も知りたいと思っている。

 潮の状態は満潮からの下げ狙いでの釣行。
車を走らせ、いつもの場所に車を止め前回、ナマズをキャッチしたポイントまでテクテクと歩いていく・・・・・。
流石に大潮だけあって潮位はかなり高く、この潮位ならば根掛かりはなさそうダ。

 ポイントに到着すると、かなり良さゲな流れが出ている。
しかも、前回より明らかにベイトの密度が高いような気がする。
まずは、BLUSECODE 45mm(RHP)をセットして、15mほど先の瀬の際を狙う。
アップ気味にキャストしてカウントダウンしながらドリフトさせデッドスローでリトリーブさせてくると豆セイゴのバイトが頻繁にあるものの、ティップに張りがあるのか弾いてしまう・・・・・。
10投ぐらいでルアーチェンジしながらキャストしていくと、ルアーを交換してキャストする度に反応があって面白いが、なかなか乗らない・・・・・(-_-;)
次第に河川の流れも速くなってきて反応がなくなってきたところで、本流と支流の合流部へ移動。

 幸い、他の釣り人もいないようで貸切でキャストできる。
支流の対岸の際や、足元の護岸の際を狙うも反応はなく、支流を諦め本流との合流部付近へキャストする。
ルアーも常に交換しながらキャストしてドリフトさせている時に足元をみると、50cmぐらいのシーバスが悠々と上流部へ向かって泳いで行く姿を目撃!!
しかも、30cmぐらいのチヌ(多分キビレ・・・・・)も泳いでいた・・・・・。

 魚は居るもののなかなか思うような反応もなく、時間だけが過ぎていく・・・・・。
時刻はもう直ぐ23:00になろうとしている。
タイムリミットは23:00と決めて、常夜灯の境目の先の暗部にBLUSECODE(YBC)をフルキャスト!!
着水後、糸ふけを取って一回JERKを入れた後のポーズで”ググッ”という手応え!!
フッキングを入れて、寄せてくるとプチエラ洗い!!
サイズは目測で30cmぐらいか?
LIGHT TACKLEの為、結構面白いがドラグが出るほどではないので一気に寄せて抜き上げる。

blog_05091603.jpg


体長35cmジャストのセイゴ!!

blog_05091604.jpg


リアフックにガッチリとフッキングしていた。
お腹がペッタンコのセイゴ。
よほど空腹だったんだろうか・・・・・。
この一匹をキャッチしたところでSTOP FISHING。

水温が下がってきたためだろうか?
今日は何匹かそこそこのサイズのシーバスの回遊を何回か目撃した。
今度は、シーバスタックルを用意してフッコサイズを真剣に狙ってみようと思う。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Equinoctial week.....

 毎年この時期になると田んぼのあぜ道や河川敷で赤い花をさかせる”彼岸花”。
この花を見ると季節も秋になるのだな~と思ったりする。

blog_05091601.jpg


ちなみに彼岸とは、

『春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。また、この期間に行われる仏事(彼岸会)のこと。
元々は「煩悩を脱した悟りの境地」のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸?」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」という。』

らしい・・・・・。
(はてなダイアリーより引用)

 こどもの頃はこの彼岸花の茎の汁が皮膚に付くと痒みが出るとかいってたような気がする。
ちなみにこのお彼岸の時期には”おはぎ”を食べる。
で、春は”ぼたもち”。

おはぎ”は、萩が秋に咲くことからこう呼ばれる、また、春に牡丹がさくことから”ぼたもち”と呼ばれていると言うが諸説は色々とあるようである。
子供のころは小豆の餡子が漉し餡粒餡の違いかと思っていた・・・・・。
ちなみに管理人の大好物であるが、どちらかと言うと管理人は”粒餡”派!!

blog_05091602.jpg


さて、皆さんはどっち派?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

The river of rich nature.....

 先月は、”CHINU”にハマった一ヶ月を過ごしてしまった。
自宅の近郊河川では釣果が得られたもののお盆以降、実家の近所の河川とかを調査していたが思うような釣果は得られなかった・・・・・。
ここ数日は、帰宅後とある河川の上流部で釣行しているのだが、これまた玉砕の日々である。
メバルタックルで50cmオーバーのボラとか、ナマズは掛けたのだがお目当ての”CHINU”の姿は未だ見ることさえない・・・・・。
これまでの経験から、”居れば”バイトしてくると思っているので回遊にうまく当たっていないのか、そもそも居ないのか?
セイゴは何匹か掛けたので””は効いてるはずで、もう少し要調査といったところだろうか。

 いつもは河口部での釣行がほとんどであるが、ここ最近はより上流部での釣行している。
市街地を流れているためか、護岸は流石に整備されているのだが、ところどころ葦なんか生えていて良い感じに雰囲気があるのだ。
そして、ここ最近気づいたのは、その葦が群生している周辺で捕食音?とかボラのジャンプが多いということ。
チト車を止める場所に苦慮するが、どうにかして次回にでも釣行してみようと思う。

 話はかわるが、福岡の河川って色んな雑誌に紹介されているような”自然豊かな河川”って少ないような気がする。
というか”自然豊かな河川”ってあるのだろうか?
確かに、シラウオとかが春先に遡上する河川はあるが、ほとんどの河川が河口から2,3kmで堰があるような河川ばかりである。
また、水質もあまり良いとは言えない気もする。

 サーフでシーバスをキャッチしてなくて言うのも何だが、確立は低いと思うのだが、一回やってみたいと思っているのが”River Seabass!!”。
当然、河口部での釣行ではなく”中流域”や”上流域”で”Seabass”を狙ってみたいのだ。
おそらく、↑のような釣行ができる河川ってある程度のところまで遡上してくるはずで”河口堰”というのはないと思う。

 カワセミとかが時折見られるような河川で、流芯のある瀬や淵、シャローエリアなんかを腰上まで立ち込んでウェーディングで釣ってみたいものである。
当然、中流域、上流域ではハヤとかオイカワとか鮎、沢蟹、手長海老なんかがベイトになるんだろうか?

 使用するルアーもソルトとは違って塩分が薄いのでフレッシュ用のルアーになるのだろうか?
地域によってシーバスが遡上する時期も問題だが、機会があれば一日中ウェーディングしてみたいものである。


blog_05082701.jpg

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

The first fish.....

 今日はお昼から所用を済ませ、某河川へ下見をしてきたのだ。
(お目当ては”CHINU”である)
護岸沿いに車を止める箇所を探しながら数箇所を抑えたところで一旦帰宅・・・・・。
晩御飯を早めに済ませ、夕マズメからの釣行へ行ってきたのだ。

 潮は既に最干ぐらいだろうか。
ゆっくりとした速さで河口へ向けて水が流れている。
今日のTACKLEはメバルタックル。
BL-68UML/RFにFREAMS2005、ラインはフロロ3lb。
まずは、BLUSECODE 45mm(CG)をセットして流芯へ向けてフルキャスト!!
ドリフトさせながらカウントダウンしてデッドスローで引いてくるとコン!!という手応え!!
そのまま早巻きで合わせて寄せれば10cmほどの豆セイゴ・・・・・。
その後、数キャストしてシンキングミノー(RH)へチェンジして今度はダウンクロス気味にキャストして護岸沿いを引いてくる。
時折、護岸にルアーがコツコツと当たるのを感じながら引いてくると、ドン!!という手応えの後RODが真ん中から曲がってきつめに締めていたドラグが鳴る!!
追い合わせを入れ、しばらくRODで絶えてていると首を振るような感覚がRODを通してはっきりと感じられる。
しばらくの間、巻いてはラインを出され、巻いてはラインを出されというやり取りを楽しむ。
久しぶりに感じる重量感のある引き!!

・・・・・

・・・・・

最初は”CHINU”かと思ったがなんか手応えが微妙に違うような気が・・・・・。
明かりの中に入った魚体を見ると”CHINU”にしてはチト長いような?
ボラにしては黒いような気がするが・・・・・。

ハテ?

ラインを掴み一気に抜き上げれば、

blog_05091101.jpg


人生初のナマズ!!

ドアップでもう一枚。

blog_05091102.jpg


体長40cmぐらいか?
下から食い上げてきたのかフロントフックにガッツリとフッキングしている。
よ~くみるとゴンズイのヒゲを少なくしたような顔つき・・・・・。
愛嬌もあるような無いような・・・・・。

しかし、よく引いた・・・・・f^_^;
プライヤーでフックを外し丁重にお帰り頂いたが、ふと我に返って考えるとナマズって淡水魚。
ということは、チト上流の方に来過ぎてしまったのか?
この場所でまたキャストして、またナマズを掛けても何だしと思い場所を移動することに・・・・・。

 今度は下流の方へ歩いて、小河川との合流部へ向かう。
ここはお昼の下見の際に家族連れが豆セイゴを釣っていたのを見て今回、どうかなと思っていた場所である。
まずは、流芯付近の表層をBLUSECODEで探って見るといきなりのライントラブルでルアーをロスト!!
今日、2個目のロストでかなり意気消沈・・・・・。
 今度はゴールド系のシンキングミノーをセットして水面を観察すると小河川からの流れはないようで、合流部付近に黒い魚体が見える!!
ゆうに50cm以上はありそうな魚体!!
鯉かボラか?
一体なんだろうか?
物は試しと魚体の前にキャストするとス~ッと近づいてパクッとルアーを加えてしまった!!

( ̄▽ ̄;)

一瞬”エッ”と思ったが体が自然と反応し思いっきりフッキングを入れてしまった・・・・・。
その直後、今までに聞いたことも無いようなFREMSのドラグ音!!
ジ~ッ!!とドラグが鳴りまくりバットからロッドを支える管理人。
何かとんでもないことをしたんじゃなかろうかと考えながらRODで耐えていると最初のRUNが止まり寄せに入る管理人・・・・・。
 しかし、先ほどのナマズとは桁外れの重量感!!
寄せに入ってハンドルを巻くとドラグが滑って巻いた分と同じぐらいラインが出て行く・・・・・。
水面でバシャバシャという音をさせながらドラグが鳴り、じっくりと寄せに入る・・・・・。
数分のやり取りで明かりの中に黒い魚体が見えた。
ボラである。
TACKLEと比較すると、ある意味”トドサイズ”って言っても良い位のサイズ!!
先ほどのナマズとは比較にならないぐらいのサイズ。
ゆうに50cm以上はありそうな魚体!!
やっぱり、とんでないものを掛けてしまった・・・・・(>_<)
このTACKLEで掛けたサイズとしては最大サイズだし、折角のチャンスとばっかりやり取りを楽しむ管理人。
 弱ってきたのかあまり暴れなくなって顔を水面からできるだけ出させて空気を吸わせ足元まで寄せてくると、どう考えてもラインを掴んでは上げれそうもなく、一か八かルアを掴んで抜き上げにかかる。
真正面からボラの顔を見ると自分の拳よりも大きゾ!!
その直後、ブチッ!!という身切れの手応えと共にボラは水中へ消えてしまった・・・・・。

 惜しい?ことをしてしまったが、久しぶりに感じた重量感のある手応えとドラグ音!!
タモがあればキャッチできたと思うが、チョット微妙ダナ・・・・・。

何回か明かりの中に”CHINU”らしき魚体も見えたのだが・・・・・。
(逃げた時の体高から判断した)
今度は上げ潮を狙って釣行してみるつもりである。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.25

 今日は久々の朝マズメ釣行!!
昨日の夜、場所を何処にするか考えていたが、まだ朝マズメでの釣行が無いエリアに決めた。
お天気の方が少し心配だが、AM4:00に自宅を出て約30分ほどで目的地に到着。
まだ、日の出まではかなり時間があるようで少し早く自宅を出てしまった・・・・・。
車を止めてタックルの準備をしながら、海の方を見ると遠くに漁船やタンカーの明かりが見えるがこれじゃルアーを投げても何処に飛んだか分からん・・・・・。

 とりあえず、サーフまで出てみると潮は下げに入っているようで右から左へ流れている。
腰下まで立ち込んで、しばらくキャストするも反応はなく時折流木や海草にルアーが引っかかるだけ・・・・・。
暗いながらも何故か足元では何かキラキラと光る物?生き物?が・・・・・。
暗すぎてよく分からないが、少しずつ移動しながらキャストしていく。

 少しずつ夜も明け始め辺りが見え始めると、思ったよりも海面に流木とかが浮かんでいる。
やはり台風の影響だろうか?
潮色は笹濁りも透明といったところで、明るくなるに従って海鳥の姿も次第に増えて、雰囲気的には良さゲな感じがする。
その後も少しずつ移動しながらキャストしていると、足元の水面の様子が何かオカシイ・・・・・(-_-;)
よ~っく見てみるとベイト!!
それも3cmほどの小魚の群れが、何故か管理人の周囲だけに群れている。
ヒョットして管理人がストラクチャなのだろうか?
しかも何の小魚かは分かりかねるが、時折10cmほどの魚がベイトにアタックしている。
形からして、ソゲやアナハゼとかフグとかではなさそう。

 しばらくこのベイトが群れている場所で粘ってキャストするものの、クサフグがバイトしてきただけ・・・・・。
足元まで寄せてきたところでバレてしまったけど。
それからまた、復路をキャストしながら横にある小磯へ・・・・・。

 一番先端まで出て海面を見るも潮目も出ておらず、いつの間にか海鳥の姿も消えてしまった。
時折、ボラのジャンプはあるものの、海面には何故か死んだコノシロが浮かんでるだけ・・・・・。
まだ時刻はAM6:00前だったのでとりあえず潮止まりのAM7:00までキャストすることにして、海面に浮かんでいる流木の周囲、沖の沈み根の周囲、シャローエリアなんかをルアーをローテーションさせながら探ってみたものの、クサフグがバイトしてきただけ・・・・・・。

で、潮止まりを迎えたAM7:00過ぎにSTOP FISHING。

 今日は朝マズメでは初めてのエリアだったが、以前よりもベイトが波打ち際に群れていて少しずつだが、状況は上向いてきているような気がする。
生憎イーター族の気配は少し微妙といったところか?
また、台風の影響か太腿に感じる海水が結構冷たいように感じられた。
近郊の離島では青物がキャッチされているので、今月末から来月ぐらいにはサーフでも釣果が聞こえてくるかもしれない・・・・・。

次回に期待である。

blog_05091001.jpg


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

My favorite lure(8).....

 今週は平日2連荘でセイゴッチと遊んで、LIGHT TACKLEの面白さを味わった。
今週末は久々に朝マズメに出撃しようかと思って行きつけの釣具屋でLureを所望・・・・・。

 じっくり陳列してあるLureを見ているとあれも欲しいし、これも欲しいとか思ってしまうのは管理人だけか?
シーバスがバイトする前に人間様の方がバイトしてしまいそうダ。
シーバス用で選んだのが、Maria BLUESCODE 90mm C-Type。

blog_05090901.jpg


カラーは奥からCG(チャートゴールド)、RHH(レッドヘッドホロ)。

それと、もう一つLIGHT TACKLE用に3個ほど所望してしまった。

blog_05090902.jpg


激安ミノー3種。

Prial社?のFirst MINNOW-45。
サイズは45mmで2.5gである。
これで結構、セイゴとか”CHINU”とかコンスタントに釣れちゃったりする。
安い割にはキビキビとしたアクションがウリ!!
本当の定価はいくらなんだろうか?
他に60mm、70mmとかもあったしバイブレーションもあった。
少し気になるメーカなのだ。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Light plugging Part.2.....

 今日も平日釣行なのだ。
Tackleも場所も昨日と一緒のお手軽釣行・・・・・。

 PM9:00過ぎに昨日とは逆に某河川河口部へ。
潮の上げ始めを狙ってセイゴを狙ってみたが、台風の影響でやはり浮遊物が多い。
昨日よりは少なくなったようだが、如何せん釣り難い。
時折、セイゴのバイトはあるものの今ひとつ乗りが悪く、しまいには激安ミノーを痛恨のロスト!!
 いつもであれば、そのまましばらく粘ってみるが今日はここで河口部に見切りをつけようとしたところで、人の気配・・・・・。
振り返ってみれば、国家権力に従事する方々!!
どうも車を止めてるのがまずいらしく、一言お詫びを言って速攻で某港湾施設へ・・・・・。

 数分で某港湾施設へ到着し、BLUSECODE 45mm(YBC)をセットして沖の浮遊物の周りへフルキャスト!!
自重が3gの割には飛距離が出てキャストするのも楽しい!!
デッドスローでリトリーブしてお足元でバイト!!
一気に抜き上げてみれば、

blog_05090801.jpg


体長20cm弱のセイゴ。

blog_05090802.jpg


フロントフックにガッチリと掛かっていた。
その後も、表層をリトリーブしてくると頻繁にセイゴのバイトはあるものの、サイズが小さいのか乗り切らない。
どうも、活性が高くないようで常夜灯のあるところへ移動。

 少しばかり車を走らせて海面を覗いてみると、ゴミが多い!!
ここではルアーをSHIRASUミノー(イカナゴカラー)に変えて、ゴミの周囲や常夜灯との明暗部へキャストすると怒涛の10連荘!!

blog_05090803.jpg


サイズも先ほどのところより僅かにサイズアップしているようで何れも20cmはある。
しかも、活性が高いのかリアフックにガッチリとフッキングしている。

blog_05090804.jpg


イカナゴカラーに反応がなくなり、他のカラーへ変更すると極端にバイトが少なくなった・・・・・。
その後、数投ごとにルアーチェンジしながら、キャストするも潮の流れが変わったのか沖目に浮いていたゴミが手前の護岸の海面を覆ってしまったところでSTOP FISHING。
もう少しセイゴもサイズアップすると結構手応えがあって更に面白くなるのだが、XULタックルとかULタックルであれば十分に楽しめるサイズ。
アジゴも釣れているようだが、アジングをするにはサイズ的に厳しいがあと一ヶ月もすればサイズアップしてアジングも面白いかもしれない。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Light plugging.....

 今日はBL-68UML/RFの入魂式である。
先週、修理が終わって火曜日は台風だったため台風通過後の今日某港湾施設へ行ってきた。
狙いはセイゴである。
この日は、久しぶりにFREAMS2005を使用した。
ラインは昨年のメバリングで使用した月下美人の4lbだったと思う。

 PM8:00過ぎに某港湾施設へ到着。
台風による風雨の為かコーヒー色だった潮色が元に戻っている。
ただし、岸壁の手前の方には流木とかの浮遊物がかなり浮いている。
まずは、激安シンキングミノーをセットしてフルキャスト!!
しかし、久しぶりの4lbクラスのラインを使用するとあまりの細さに少々扱い辛い・・・・・。
飛距離は十分なのだけど。
しばらくキャストしていると足元でバイト!!
しかし、抜き上げ直前にフックアウトしてしまった。
サイズは15cmぐらいのチビセイゴ!!
その後、キャストするたびにチェイスはあり活性は高いものの何故かルアーの直前でUターンしてしまう。
スレるのが少し早いゾ!!
 
 その後も数投毎にルアーローテーションをしていき、飽きない程度にキャッチしていく。
バイトが遠のいたところで常夜灯のある岸壁に移動。
今度はシラスミノーをセットする。
常夜灯の明かりの明暗部の境目に沿ってリトリーブしてくるとコツン!!という手応え。
最初はゴミかと思い、一応フッキングを入れるとプルプル!!とした生命反応。
抜き上げれば、これまた体長15cmほどのセイゴ。

blog_05090701.jpg


 しかし、久しぶりのナイロンラインであるが、ここのところPEを使用した釣行ばっかりだったのでバイトが取り辛らい。
ハンドルを巻く重さの変化とか、モヤ~ッとした手応えばっかり。
この日は、スレるのが早かったが、中でも一番反応が良かったのがMaria BLUESCODE 45mm (CG)
ファーストリトリーブで時折、STOPを入れてあげて直後のリトリーブでバイトが多かったような気がする。
手持ちのルアーをローテーションさせながら、飽きない程度にキャッチしてある程度満足して場所を移動。いつもの河口部である。

 数分で到着したものの、波打ち際から5mほどにゴミが浮かんで、かなり釣り辛そうな状況である。
とりあえず、BLUSECODEをキャストするもゴミばっかり拾ってきて釣りにならないが、ゴミの周囲ではベイトの群れが溜まっていて時折、セイゴらしき魚がべイトを捕食している。
潮もかなり満ちてきたところで激安シンキングミノーをセットしてフルキャスト!!
すこしだけ、”CHINU”の様子を見てみたいのだ。
時折、セイゴのバイトはあるものの”CHINU”のバイトはなく、セイゴの方も少し乗りが悪い。
しまいにはまさかのロスト!!
これ以上のルアーロストはかなり厳しいので、禁断のジグヘッド&グラスミノーをセット。
かなり久しぶりのジグヘッドなのだ。
多分、今年の2月のメバル大会に参加して以来かも・・・・・。
グラスミノーをセットして数投目で先ほどと同サイズぐらいのセイゴをキャッチ!!

 潮が満ち込んできてセイゴの活性は高く時折、ボフッ!!という捕食音?も耳にするが如何せん浮遊物というかゴミが多すぎ!!
今週末ぐらいにはゴミの量も減ってかなり釣り易くなりそうな気がする。

今週末に期待である。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Rising.....

 今日は、朝から台風14号の影響で交通機関がお昼前には運転見合わせ状態で、高速道路も通行止めとなってしまった。
少し遅れて事務所へ行ってお昼過ぎには、風雨共に次第に強くなって定時前には早々に帰宅。
近くの河川を見れば、かなりの勢いで水が流れている。

blog_05090601.jpg


幸い干潮時であったが、今日夜半には満潮を迎えるのでチト心配である。
宮崎、鹿児島とかは河川の水が溢れ、避難や行方不明者も出ている。

 九州全域が暴風域と今回の台風14号はかなり大きい。
アメリカに上陸した台風よりも勢力も大きいようで今後が心配。
本来であれば、偏西風の影響で東よりに進路が変わるのであるが、今年は偏西風がかなり北の方で吹いているため、台風の進路が北方向へ進んでいるらしい。
夜には福岡を抜けるみたいだが、これから先、台風の進路にあたる地域は要注意!!
皆様もお気をつけくださいませ・・・・・m(_ _)m




このページのトップへ

After it repairs

 今日は、お仕事から帰宅後修理に出していたBL-68UML/RFが修理から戻ってきたので受け取りに行ってきた。
修理費用は10,000円!!
かなり厳しかったが何れは修理しなければならないので致し方ない・・・・・(>_<)
以前は根魚ONLYでの使用であったが、このRODでチト”CHINU”も狙ってみたい。

 折れたティップセクションも送られてきたので、店員さんのアドバイスで急遽、ガイドを装着していただいたのだ。
トップガイドはSICガイドを装着してもらった。

blog_05090501.jpg


長さは約10cm(4インチ)ぐらい短くなったが、逆に微妙に”張り”が出てなかなか良い感じ!!
当然だが、ガイドが1個減ってしまった・・・・・f^_^;

blog_05090502.jpg


交互に付け替えて振って見ると、明らかに”張り”の出かたが違う。
次回の釣行ではそれぞれプラッキングで使ってみて違いを確認してみようと思う。

違いや如何に・・・・・。





テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Debut.....

 昨日の釣行後、帰宅したのがAM1:00。
目が覚めれば、AM7:00と普段と変わらない朝を迎えたのだ。
予報ではお昼過ぎから、雨模様のお天気みたいなので速攻でお洗濯。
所用を済ませ、行きつけの釣具店へ・・・・・。

今日は、”BSB-103SF”のお試しキャストなのだ。
釣具屋で、RODを受け取って支払いを済ませ、何処に行こうかと色々悩んで、どうせ行くならロケーションがいいところでキャストすべしと近郊小磯へ車を走らせる。

 約30分後、目的地に到着。
時間からすると丁度潮止まりでこれから下げに入るぐらい。
空には、カモメが数羽、円を描いている。
風は微風。
波っけも小波といったところで、お試しキャストのつもりが我ながら結構気合が入っているようないないような・・・・・。
まずは、使用頻度が高いMaria CHASE105 BW/SWを数投ずつプチサーフで交互にキャスト。
風は右斜めから吹いているにも関わらず飛距離は今までの2割増しといった感じで申し分なし!!
しばらく、キャストしていると背後で車が止まる音が。
しばらくして、車中の女性に声を掛けられ(←運転席には彼氏在中・・・・・)ここら一帯の状況を軽く話していると、女性が、『あっ!!魚が跳ねよるヨ~』と海のほうを指差している。
えっ!!』と振り返れば、50cmぐらいのシーバスが小魚を追い回していてプチナブラ発生!!
速攻で、女性との会話を中断し、プチナブラの方向にルアーをキャスト!!
しかし、あっと言う間にプチナブラは沈黙状態!!

 時折、イワシらしき群れが海面をピョンピョンとびながら回遊している群れが出てきて期待は高まり、真剣モードでしばらくキャストしてお空を見上げると、次第に雲が垂れ込んできて遠くに見える能古島も霞んできた・・・・・。
おまけに風も強くなってきて、潮目もくっきりと見えてきて海鳥の姿も多くなって状況は上向いているものの、なかなかバイトがない。
手持ちのルアーでも沖に見える潮目まで届きそうな距離。
R50+に変えて潮目付近を探るも、フックに引っかかってくるのは小さなクラゲばかり・・・・・。

 しばらくキャストしていると、次第に雨がポツポツと降ってきて再び空を見上げると、今にも本降りになりそうな雲行き!!
どうしようかと迷ったが、本降りにならないうちに撤収!!
(↑車に乗った直後に本降りになってきた。)

 今回は釣果は望んでいなかったが、偶然にも出現したプチナブラは実に惜しかった!!
RODは手持ちのリールでは番手からして軽い為か、ほんの少し持ち重りするもののルアーをキャストした時のフィーリング、飛距離には十分満足!!
(実際、手持ちのルアーがあれだけ飛ぶとは思わなかったし・・・・・)

後は、釣果のみ!!

次回が楽しみである。




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Mouth of a river weir.....

 今日は、以前数回通った某二級河川へ満ち込みを狙っての釣行なのだ。
狙いは”CHINU&SEABASS”である。
潮は大潮と条件も重なり、条件的には良いと思い2号さんをお誘いした。

 満潮前に現地に到着するも意外と釣り人が居るのにはビックリ!!
てっきり貸切かと思ったのだが・・・・・。

 まずは、橋脚付近のテトラ帯を探ることに。
2号さんと別れて互いに対岸からのキャスト。
今日は、シーバスタックルも車に積んでいるがメインはメバルタックルを使用して思いっきりLIGHT TACKLEで狙ってみようと思う。
BLUSECODE 45mm(CG)をセットして橋脚の際や常夜灯の明暗部へキャストするも反応はない。
水面を見るとベイトの群れが見えるが、サヨリかイナっ子の群れだろうか?
しかし、何故か蚊が飛び回って腕が痒くてタマラン・・・・・(>_<)
この虫の多さにはかなり閉口してしまった。

 あらかたキャストして反応が無いので、某釣具屋でワゴンの中にあった激安シンキングミノーをキャストすると直ぐにバイト!!
手応えからしてクサフグかも・・・・・(-_-;)
その後も飽きない程度にバイトがあるもののなかなかフッキングまでは至らず、フッキングしても足元でフックアウトしてしまう・・・・・。
対岸でキャストしていた2号さんと合流してキャストしていると、2号さんのルアーに何やら引っかかっているが・・・・・。
近くで見れば体長10cmほどのサヨリ!!
ベイトのサイズからセイゴ以上フッコ未満ぐらいのサイズのシーバスが居ても良いかなとは思うもののフッコ未満サイズのシーバスのライズ音は無い。
その後、何回かセイゴ(多分10cmぐらい)を数回バラしたあと、足元でドスン!!とした手応えで一気に抜き上げれば、

blog_05090301.jpg


体長15cmほどのセイゴ。
しかもスレ掛かり・・・・・(>_<)

 その後、潮が止まったのか目立った反応もなくなり、場所を水門周りに移動・・・・・。
生憎この日は水門が空いておらず期待した流れ込みもほとんど無い。
しかし、ベイトの群れは確認できるので水門の流れでできたエグレからのかけあがりを探るもここも反応はなく、時折ベイトにルアーが当たる手応えだけ・・・・・。
川の流れの影響か河川自体に流れはあるので、しばらく粘って見るものの目立った反応はなく、沈黙したまま。

 次は河口部の橋脚へ移動。
着いてみれば入りたい場所には先行者が居て敢無く上流側でキャストすることに。
上流側よりも河口部の方が風が結構吹いていて思うようにルアーが飛ばない・・・・・。
2号さんの”必殺スプーン”にも時折バイトがあるのみで、なかなか思うようにキャッチできず、この日はSTOP FISHING。

 で、2号さんを自宅までお送りして管理人は某河川河口部へ。
潮は完全に下げに入っていていつもの場所は既に干上がっていた・・・・・。
風はほぼ無風で海面はベタ凪。
波打ち際までベイトが入っていてベイトの群れの様子が対岸の明かりでよく見える・・・・・。
時折、ベイトがザワつくもののイーター族かどうかは微妙な感じ。
いつもはキャストしないゴロタ場の先端でキャストするも、根掛かりで貴重な激安ミノーをロスト!!
 幸いにも浅かったので裸足になってルアーを回収し再度ラインシステムを作り直し、キャストするも今度は10mほど先で根掛かってしまい、色々とやってみたが根擦れでラインブレイク・・・・・(>_<)
今度はさすがに回収不能と判断し、敢無く撤収!!
雰囲気はあったものの、結局はルアーをロストしてしまった。

次回に期待である。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

reckless.....

 まだ、夏の暑さも残るとある平日のことである。
諸事情により会社をお休みすることになり、朝一番から夕方までバタバタ所用を片付けて行きつけの釣具店へ・・・・・。
平日だということもあり、お客さんの姿もまばらで、奥に店長の姿が・・・・・。

 色々と近況をお話して、

管理人 ⇒ 『店長殿、チトご相談があるでごじゃるのだが・・・・・。』
店長   ⇒ 『何用でございますか?』
管理人 ⇒ 『何用とはこれいかに?この間の話じゃ!!この間の・・・・・。』
店長   ⇒ 『この間の話とは?・・・・・お~っ!!そうでございましたな!!確かBLOWSHOT BORONでございましたな!!』
管理人 ⇒ 『お主も狸よの~!!とぼけおって!!この間の話は大丈夫でごじゃるか?』
店長   ⇒ 『チトお待ちくださいませ・・・・・。メーカーに在庫を確認しまする。』
管理人 ⇒ 『御衣!!』

・・・・・

(メーカーに問合せ中・・・・・)

・・・・・

店長   ⇒ 『嬉しいお知らせでございます。お客様!!』
管理人 ⇒ 『メーカーは何と言っておるのじゃ?』
店長   ⇒ 『僅かばかりではございますが、在庫があるそうでございます!!・・・・・いかがいたしましょうか?』
管理人 ⇒ 『何を言う?決まっておるではないか!!』
店長   ⇒ 『と言いますと?』
管理人 ⇒ 『からかうではないぞ!!店長!!はよ~注文書を、これ~に!!』
店長   ⇒ 『ありがとうございまする!!』

と言う会話がなされたかどうかはかなり怪しいが、遂に購入することになった『SMITH BLOWSHOT BORON 103SF』。
最初は98SFにするか迷ったが、結構小磯とかゴロタ場とかでキャストすることもあるので、結局は103SFに決めた。

*--------------------------------------------------------------------------*
BSB-103SF Surfessor103 紹介

サーフやゴロタ以外にも、小磯・足場の高い堤防・テトラのゲームにも適しています。
ロングロッドとは思えないバランスの良さ・スムースなトルク移動・タフで強靭なロッドパワーは、刻々と変化を遂げる状況下でも、迅速かつ的確な対応を可能とし、主導権を常にアングラーにもたらすアドバンテージモデルです。


*--------------------------------------------------------------------------*

欲を言えば、CERTATE3000と組み合わせたかったのだが、そこまで費用は捻出できず、年末もしくは初売りに期待して今からコツコツと節約!!節約!!

さてさて、これで秋のハイシーズンは大丈夫なのか?
目指すはランカー!!

待ってろよ!!トドサイズ!!

しかし、問題は支払い方法・・・・・。
一体どうしたものか・・・・・(-_-;)



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。