てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Yes MebaMeba!! Vol.4

 今日は夕方からS氏と出撃!!場所は前回と同じところである。
S氏にとって前回のリベンジ!!管理人にとってはNewロッド『ZENAQ DEFI MUTHOS Damper90』の入魂式である。

blog_06012805.jpg

(帰路の途中寄った某場所で滑って傷を入れてしまった・・・・・(>_<))

 目的地までは、約1時間で到着!!
来る途中は風はあまりなかったのだが、現地についてみれば前回よりも風が強い・・・・・。
速攻でタックルの準備を済ませ、釣り場まで歩いて管理人はシャローから探りS氏は深場から探っていくことにした・・・・・。

 最初は0.9gのジグヘッドにワームをセットしてフルキャスト!!
最初の感想としては、0.9gという軽いジグヘッドでも9ftと言う長さが効いて飛距離は問題ない。
ティップからベリーまではペナンペナンの感じだが、やはりアジ専用ということで食い込みが良さそうなティップからベリーだが、バッドはしっかりしている。

強風の中、キャストし続けるもコツリともバイトはなく管理人は色々とリグをローテーションさせるが、S氏は自作のジグミノーをキャストし続けてる・・・・・。
そんなS氏を見るとロッドがベリーから曲がっている!!
(オラにはまだバイトすらナイ・・・・・(-_-))

一気に抜き上げると、

blog_06012801.jpg

体長20cmのメバル。
自作ミノーで狙った魚をキャッチするというのもいいな~。
これはかなり嬉しいと思う。

その後二人して時合か!!と気合を入れてキャストするも後が続かず、管理人はバラシが2回続いてイヤ~な予感が脳裏をかすめる・・・・・。
ここで、日が落ち始めたところでワームを諦めメタルジグにスクリューテールのトレーラーを着けてボトムを意識して探ってると、カケアガリの途中でドン!!という手応え。
Damper90も良い感じで弧を描いてサイズも期待して慎重に抜き上げる。

blog_06012802.jpg

体長19cmのアラカブ
これはこれで嬉しいかったのだがロッドの曲がり方からして25cmぐらいは・・・・・と思ったんだけどネ。
とりあえず入魂式は無事済ませたのでヨシとして次を狙うも痛恨の根掛かりでジグをロスト。
その後、しばらく粘ってみたものの状況は変わらなかったので、場所を少し変えて常夜灯回りを探ってみることに・・・・・。

常夜灯に照らされた海面には特に目立った様子はなかったので、まずは前方の岩場を探っていると小気味いい手応え!!

blog_06012803.jpg

15cmぐらいだが、産卵間近なのかお腹がデップリしていたので丁重に海へお帰りいただいた。
しかし、ここも二人して次が出ない・・・・・(-_-;)
どうも今日は1、2匹出るとその後が続かないようでここで、大きく場所を移動することに・・・・・。

 約小1時間ぐらい走って目的の漁港に到着!!
しかし、期待していた常夜灯が点いておらずかなり肩透かしを食らった感じ!!
S氏とは防波堤の周囲を管理人は道路の外灯が僅かに届いているテトラ帯へ別れ探ってみる。

立ち位置を中心に扇型に一通り探って反応がなかったので、10m移動して先ほどキャストしていた場所へキャストしてリトリーブすること数回・・・・・。
少しカウントダウンさせたところでドン!!

blog_06012804.jpg

体長20cmジャストのメバル!!
これは結構引いて面白かった・・・・・。
どうもこのDamper90ってロッドは大体サイズに関わらず同じような曲がり方をするのだろうか?
引きの強さは先ほどのアラカブよりもこのメバルの方が断然引いた気がするのだが・・・・・。

その後、一回り小さいサイズを追加したところでバイトが途絶え、テトラ帯を移動しながら探ってみるも反応がないのでS氏の所へ移動。
S氏も1匹追加したいうことで、ラーメン屋を目指して戻りながら目ぼしい場所で探っていくことに・・・・・。

帰路の途中、空腹を満たし過去S氏が実績があった漁港をさぐるも餌釣り師の流す浮きで思うようにキャストが出来ず30分ほどで更に移動。

途中、地図に漁港らしき箇所があったのでラストはこの漁港にし目ぼしい箇所を叩いてみるも既に最干潮の為か底が丸見え!!
バイトしてくるのも10cm前後の木っ端メバルばかり・・・・・(>_<)
潮位があれば結構良い感じのところなので今度来る機会があればじっくり探ってみたい。

帰路の車の中で、ルアーとかフライの自作について色々とS氏から教えてもらったが、ミノーはチョット管理人には荷が重いようなきがするので、ジグヘッドにフライのマテリアルを巻いて見ようかと思案中の管理人である。

次回に期待である。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

What is rock fish?

 ここ最近、根魚ばっかり狙っている管理人・・・・・。
ソルトルアーの世界では一般に『Rock fish』と言われているが、根魚 = Rockfishと想像してしまうが、見方にもよるけどある意味では正しいようである意味では違うようなのだな。

*-------------------------------------------------------------------------*

 英語ではフサカサゴ科の魚の総称を『Rock fish』とか『Scorpion fish』とか呼ぶみたいで、このフサカサゴ科に属する魚は↓の『属』に更に分類される。
(フサカサゴ科はカサゴ目に属するそうな)


 ①イソカサゴ属
 ②オニカサゴ属
 ③カサゴ属
 ④シロカサゴ属
 ⑤ネッタイフサカサゴ属
 ⑥ヒオドシ属
 ⑦ヒメヤマノカミ属
 ⑧ヒレナガカサゴ属
 ⑨ホウズキ属
 ⑩メバル属
 ⑪ユメカサゴ属


 目>科>属という風に分類され、メバルは↑のメバル属に分類されている。
また、根魚3種と言うと『カサゴ』、『メバル』、『アイナメ』とか言われるようだけどこの『アイナメ』はカサゴ目のアイナメ科に分類されるそうで、釣り人の間で言うRock fish(この場合は根魚という意味で・・・・)では良い様な気がするが、純粋な意味での『Rock fish』とは違うようである。
(何だかややこしいが・・・・・)
このアイナメ科に中には開きがバリ旨!!の『ホッケ』も居る。

また、フラット系の代表選手のマゴチはカサゴ目のコチ科に分類されカサゴの親戚ぐらいにはなるのだろうか?

以上、WEB魚図鑑より引用

*-------------------------------------------------------------------------*

てな訳でチ~ットばかり『Rock fish』について調べてみたのだけど、さてさて今週末はお天気は良さそうだが果たして釣りに行けるのだろうか?

ちなみに、管理人の癒し系のお友達の『アナハゼ』はカサゴ目のカジカ科に属するのだな・・・・・。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes MebaMeba!! Vol.3

 先週はほぼ最終電車で帰る日々が続いてくたくたの日々・・・・・(-_-;)
日曜日に目が覚めればAM10:00。
洗濯機が回っている間、前日に買ったパンを食べながらボ~ッと外を見れば久しぶりの快晴!!

 『行ける時に行け!!』とばかり、洗濯物を干し終えてタックルを積込み速攻で出撃!!
途中、ジグヘッドとワームを購入し近場へ・・・・・。
 着いてみれば、爆風!!
しかも行きたかった小磯はサラシが立ちまくり時折岸へ波が叩きつけられている。
ならばと風の向きを考慮して近くの漁港についてみればこれもまた爆風!!
とりあえず、3gのメタルジグをセットして沖へフルキャストしてもラインが大きくはらんで釣りにくい。

しばし考えて5gのジグに交換しようかとも考えたが、一昨年ティップを骨折させたこともあって無理はやめておとなしく内側の岸壁の際とか、船道を狙うも玉砕の気配が濃厚・・・・・(-_-;)

ちょうどサンドワームが残り1本だったので、ボウズ逃れのつもりでジグヘッドにセットして、岸壁と平行にキャストしてのフォールでググッ!!という手応え!!

blog_06012202.jpg


可愛いクジメだった・・・・・。

その後、テクテク歩きながら際を探ってみるとボトム付近で小さいバイト頻繁にある。
海中を覗き込んでみれば、メバルが10匹ぐらいの群れでボトムにステイしている。

 少し場を休ませて再度フォールさせてみると、ワームに関心を示すもののどうもやる気がないのか近くに寄ってはジ~~~ッとワーム見ているだけ・・・・・。

 結局ここを諦め湾内の港湾施設を下見したが、どこも風の影響で波が高く潮も濁っていたので、今日はSTOP FISHING!!


先週の爆釣!!が嘘のような玉砕!!


とりあえずはお天気のせいにしておこう


次回に期待である。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

MebaMeba Line.....

 シーバスではFireLine、Rockfishではフロロラインを使用している。
FireLineは16lb・18lb(1.2号・1.5号)、フロロは3lbがメイン。
たまに、PEを使用することもあるけどその時はPE0.8号か1号を巻いてリーダーにはエギング用のフロロ6lbもしくは8lbを使用している。

 フロロも色々と巻いて試したけど、以前巻いていたラインを行きつけの釣具屋で見かけたので購入してみた。

blog_06012101.jpg


SULINE社のFCロック。

 最近のフロロは柔らかめが多いがこのラインも柔らかめの部類で結構扱いやすい。
ただ、柔らかいとはいえナイロンと比較すると素材の特性かやはり少し硬く巻き癖もつきやすくバックラの頻度はコーティング剤を吹き付けてもどうしても高くなってしまう。

 メバル狙いで使用すると大体一ヶ月ぐらいでラインは交換しているので、やはりお値段も大事!!
バックラするとやはり10mぐらいはラインをカットする場合があるので、どうしても交換のサイクルが早くなってしまう。

 ここ最近はフロロを使用することが多い。
最近のPEは張りがあるものが多いとはいえ、フォール中のバイトとかモソ~としたバイトの仕方はどうしてもフロロの方がバイトを拾いやすと思う。
ただ、バイトの取れる頻度もロッドの感度とかリールの感度(リトリーブ中に少し違和感がでるような感触とか)で結構違ってくるので、一概には言えない・・・・・。

大体、20↑サイズをキャッチできればある程度満足できるターゲットもそうそうないけど、メバルだけはやはり面白い!!
じぇ~んじぇ~ん釣れないときもあれば、真昼間に爆るときもあるしラインの太さ、ジグヘッドの形状、自重、ワームのカラー、形状、プラグ、ジグ、アクションでそれぞれに反応が異なるのも面白い。
メバルの付き場を見つければそれなりの数釣りも出来ることが多いし・・・・・。

前回は久しぶりの好釣果に恵まれたが、今週末はお天気が下り坂だが、たまには近場でデイメバもいいかも・・・・・。

お天気が好転するのを祈る( ̄人 ̄)!!



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

DIGITAL CAMERA or Finesscustom ?

 昨年、携帯を水没させてから一つ前の携帯で写メしていたのだが、釣果画像をUPする際にどうも都合が悪い。
以前の携帯は2Mピクセルん+光学2倍ズームのカメラで夜を除けば個人的にはそこそこ写りが良くてそれなり満足していたのだ。
それが、今は1Mピクセル!!・・・・・(>_<)

 最近デジカメが欲しくてたまらない管理人!!

一応候補としては、全てCANON製ではあるが、

 ①.IXY DIGITAL60

 ②.IXY DIGITAL L3

が欲しいくてまたまた物欲が・・・・・。

一応一つ前のモデルでも構わないのだが、ここ数年のデジタル家電というものは1年の間で2~3回はモデルチェンジしてしまうし、なかなか買い時というものが分かりにくい・・・・・。
一つ言えるのは”欲しいと思ったときが買い時”か?

しかし、値段的にはセルテートが一台余裕で買えてしまう!!

フィネスカスタムの2004も欲しいし、デジカメも欲しい・・・・・。

さてさて、どちらにするか?




今が、一番楽しいのかもしれない近頃の管理人である・・・・・。


このページのトップへ

Yes MebaMeba!! Vol.2

 本日はS氏とプチ遠征!!
数日前からS氏のお誘いでメバる事にはなっていたのだが、何故か二人とも近場は・・・・・ということになり、ならば・・・・・ということでプチ遠征と相成ったのだ。
 今週は、週の頭からお天気も安定していてかなり期待していたのだが、金曜日に職場の人と話していて金曜日からお天気が崩れるらしいと聞いてモチベーションも急降下・・・・・。

 土曜のPM14:00にS氏と合流。
ここで、S氏の手作りのミノーを頂いたのだ。

blog_06011507.jpg

blog_06011508.jpg

図工が苦手な管理人には考えられないような見事な出来栄え!!
どうやったらこんなに綺麗に作れるのか分からないが、たとえ聞いても作れる自信はないのだけど・・・・・。

出発して目的地のお天気を心配するも、目的地までの道中はやはり雨!!
眼下に見える海は、やはり濁っておまけに風も結構吹いているしいる・・・・・。
道中、海の状態が良好なことを期待して何とか予定時間には到着。

邪魔にならないところに、車を止めてまずは下見。
幸い今まで降っていた雨は完全に上がったようで、まずは一安心しながらテクテクと歩いて回る・・・・・。
S氏はこの場所は初めてらしく、周囲&海中のロケーションにえらくご満悦であった。
下見も早々に、速攻でタックルの準備!!

まずは、手堅く内側を二人して探って行くも、何故か反応はゼロ!!
ならばと、潮通しが良い外洋側の深場を探るも、ここも無反応!!
ではではと、今度はシャローエリアを探ってみると、

blog_06011501.jpg

管理人に体長15cm弱の金メバ。
久しぶりにメバルと呼べるサイズを釣った・・・・・(。´∀`。)

で、この一匹でスイッチが入ったのは管理人の方・・・・・(チョットだけジェラ・ジェラ・ジェラシーモードのS氏であった。)
怒涛の日没までほぼ入れ食いモード突入!!

blog_06011502.jpg


blog_06011503.jpg


blog_06011504.jpg

何れも体長15cm~20cm弱のクロメバル。
↑の金メバルの黒目の大きさに注目!!
クロメバルって白目の部分が少ない。
って言うかほとんど黒目!!バイトしてきたところも岩礁帯で、金メバルは藻場が多かった。

ここで今ひとつスイッチが入っていなかった、S氏のベイメタが良い曲がりを見せているのを目撃!!
『なんだろ~?』とか思ってティップの先を見下ろしてみると、ブリ上げている魚が赤い・・・・・。
アラカブじゃん!!
しかも、良型!!20↑は確実のサイズなのだな。
で、管理人もメバルからアラカブモードになりねちねちと根周りを狙っていると、コン!!と言うバイトでフッキングさせると、ベイライナーがバッド付近から曲がって直後、根に潜られた・・・・・(>_<)
チラっと魚の姿が見えたのだが、かなりの良型だったんだけど(昔から釣師の間でよく言われること・・・・・『逃がした魚は大きい!!』)多分引きの感じからしてアラカブ!!

 そんな感じで二人してコンスタントにキャッチしていくも、今ひとつサイズアップしないのでもう一つ行きたい場所があったので、場所を休ませる意味でしばし、移動・・・・・。

が、雰囲気は◎なのに、管理人にはバイトすらなく(S氏には何回かショートバイトがあったらしい・・・・・)満潮の時刻も迫っているので、再度先ほどの場所へ戻る。

到着してみると、日没までは風はそんなに吹いてなかったのだが、追い風ではあるものの足場が少し高く下の方から風が吹き返してラインを全然張ることができず、かなり釣りづらい・・・・・(-_-;)

結局、フォール中のバイトを拾って、交通事故的な

blog_06011505.jpg

体長21cm!!

で、あまりの釣り辛さに見切りをつけ常夜灯周りを探ってみることに・・・・・。

ここで、S氏が良型のタケノコ?(アラカブ?)をゲット!!
ここ何回かご一緒して思うのだが、この人結果を出すのが早い!!
管理人はここで、反則技のサンドワームを投入!!

やっぱ、このワームは釣れる!!と言うか釣れ過ぎ!!
この常夜灯周りでは何匹かキーパーサイズを出して、時計を見ればPM9:00。
最後に一箇所行きたいところがあったので、晩御飯も兼ねて移動。

途中、良い感じの居酒屋兼定食屋さんで空腹を満たす。
ここで、S氏より大分での釣果画像を見せてもらう・・・・・。

画像を見て管理人・・・・・しばし呆然!!


・・・・・

・・・・・

・・・・・

凄いぞ!!S氏!!


ビバ!!大分!!


で、お腹も良い感じでイッパイになったところで、お目当ての釣り場まで車を走らせる・・・・・。

約30分ほどで到着して、まずは下見。
丁度、満潮であったため、ロッドを68から62へ交換して思いっきり”引き味”を楽しむことにした。

良い感じの雰囲気の中で、二人してキャストするとまたもやファーストヒットはS氏!!
キャッチしたのは、アラカブ!!
いつ見ても旨そうなお魚なのだな・・・・・。
(管理人はアラカブのお刺身&煮付け&お味噌汁が大好物!!)

で、しばらくして管理人にもバイト!!
上がってきたのは、10cmチョイのチビアラカブ。
それから、二人にバイトするのはアラカブばかり・・・・・。
ここはアラカブの巣窟か!?とか思い、再度反則技のサンドワームをセットしてボトムを重点に狙っていると、足元の捨石の際でフォールさせていると、コン!!というバイト。

前回、根に潜られたこともあったので、一気に浮かせると、ベイライナーのバッドをひん曲げて根に潜ろうとするお魚君。
半ば強引に抜き上げると、

blog_06011506.jpg

久しぶりに見る良型アラカブだった。

その後、二人してコンスタントにアラカブをキャッチしていくも、何故かメバルさん達の気配がない。
水中の様子からして居ても良さそうな感じだが・・・・・。

狙いをメバルに変えるも、バイトするのはメバッチサイズのメバル・・・・・。
途中、何故かワームの尾っぽをかじるヤツもいたり・・・・・。

結局、ここではメバルが不発に終わって帰路に着いた・・・・。

しかし、今回は色々と考えさせられる釣行だったのだな。

*-------------------------------------------------------------------------*

 ・足場の高さ。
 ・海底の状況
 ・ラインの太さ。
 ・ジグヘッドの形状。
 ・ウェイト。
 ・ワームの種類。


 以前は、メバルロッドと言えば6ft台が主流で7ftを超えるものは少なかったが、今回は特にロッドの長さと、ヒットエリアまでの距離がキーワードになったような気がする。
二人合わせて、根が掛かりでロストしたジグヘッドは軽く10を超えていたと思う。
その大半は管理人。
最初は1.5gを使用していたのだけど、あまりの根掛かりの多さに閉口してしまい、いつもの1gのジグヘッドに戻してフォールの時間を増やしたら根掛かりも少なくなったし、釣果に結びついたかも・・・・・。

*-------------------------------------------------------------------------*

次回は今回出せなかったサイズを目標にリベンジ!!




テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

ROD LENGTH.....

 ここ最近、メバってて思うのが”もう少し長いRODがあれば・・・・・”とか”もう少し自重のあるリグがキャストできれば・・・・・”とか思ったりすることがしばしば。。。。。

前回のベックさんとの釣行でも管理人のRODの長さ(6.8ft)ではキャストしても足元の根にラインが擦れてしまい根掛かってしまうことが何回かあったのだな。

あと、地磯周りを探る際も場所にもよるが短いショートロッドよりも長いロングロッドが有利となる場合が多いような気がするし、それに、沖目のボトム付近を探る際はショートロッドよりもある程度のロングロッドが都合が良い。当然、沖目を狙うとなればそれなりの自重のあるジグヘッド、メタルジグなんかをキャストする必要があるし。

*-------------------------------------------------------------------------*

↑のような状況で現在、欲しいロッドの条件は、

 ○ROD LENGTH 8ft前後。
 ○Lure WEIGHT 風神玉のようなフロートリグがフルキャストできるぐらいの許容範囲。
             (ただし、1g前後のジグヘッドもキャストできること)

*-------------------------------------------------------------------------*

一番、手っ取り早いのはシーバスロッドのライトクラスだと思うが、1gぐらいのジグヘッドもキャストできるかと言えば、少し厳しいような気がする・・・・・。

今、ネットで色々とググッていると第一候補はやはり”ZENAQ DAMPER90”になってしまう。
APIAのRODも色々調べてたらSPECは”常識の範囲で使用してください・・・・・”。

常識の範囲って人それぞれだと思うんだけど・・・・・。








テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes MebaMeba!! Vol.1

 2006年初めての”めばるing”である。
で、今年は昨年から初めたシーバス同様、”Yes シリーズ”で行ってみようと思う。

 今回は、ベックさんとご一緒なのだ。
場所は近郊漁港で待ち合わせはPM20:30。
時間通りに待ち合わせ場所に着くと、ベックさんの車を発見!!

速攻でタックルの準備をしてベックさんと合流。
ベックさんに釣果の方を聞いてみると、既に良型をキープ!!(凄いぞベックさん!!)

管理人もキャストしてみるが、RODが短いためか手前の根に根掛かりそうでどうもイマイチ・・・(-_-;)
風も結構吹いているが、釣りが出来ないくらいではないので波っけがでてメバルの警戒心も薄れるか?しかし、今夜は月夜のせいかどうもメバルも沈み気味なのか表層ではバイトすらない・・・・・(>_<)

どうも、暗がりの中は視力が悪い管理人には勝ってが行かず、港内に引き返して常夜灯回りを探ってみることに。
ベックさんは更に暗がりの中で、キャスト。

 しかし、やはり港内は木っ端メバルしか居ない・・・・・(´д`)
おまけにやはりバイトがあるのはボトム付近。
バイトするのは何れも10cm未満の木っ端メバル!!

こんなのとか、
blog_06010901.jpg


こんなの。。。。。
blog_06010902.jpg


また、今回もダメダメモード突入か!?
その後しばらく粘っていると、ベックさんがご帰還!!

で、クーラーBOXの中が気になる管理人、見せて貰うととヒー・フー・ミー・・・・・。

良型が6匹!!
blog_06010903.jpg


その後、某漁港へ向かったが、昨年の地震のせいで様変わり・・・・・ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ
こりゃ、完全に復活するまで数年かかりそうな感じダ・・・・・(>_<)

結局、時刻もAM0:00を回ったところで、STOP FISHING。
ベックさんお疲れ様でした・・・・・m(__)m

また、行くべ!!



今回の釣行で、やはり場所に合わせたタックル選択が必要と言うことを痛感!!


さてさて、購入候補にベイメター79があったが、ココ最近ZENAQのDAMPER90がかなり気になっているのだが・・・・・。





テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

REAL CUSTOM SYSTEM.....

 昨日から収まっていた寒気がブリ返してしまったようなのだな。
昨日はお昼からしばし雪模様で今朝方も車に雪が少し積もっていたし・・・・・。


 今週末の釣行はチト厳しいそうな感じダ・・・・・(-_-;)


 初釣りの思わぬ釣果?に気を良くしてしまい我が愛機のR-CUSTOMをカスタムしてみたくなった。
標準でマシンカットハンドルは装備されているので、スプールをカスタム!!


ここでスプールをどれにするか?


 ①.STADIO OCEAN MARK
 ②.I'ZE FACTORY(RCS)


 S・O・M(STADIO OCEAN MARK)はLUVIAS2500に装着してそのドラグ性能には満足していてかなり心引かれるものがあったが、オーバーホールに出すことを考えてここは無難に?I'ZE FACTORYを選択!!

ここで#2506にするか#2508にするかで、色々と考え#2508がメタル素材を使用していると聞いたことがあったので、ここは#2508に決定。

*-------------------------------------------------------------------------*

スプールの自重だけで#2506と#2508では20gほど差があるが、逆に軽くしてしまうとRODに装着した場合のバランスのこともあり#2508に決めた。

*-------------------------------------------------------------------------*

後は、#2508に巻き巻きするライン!!

#2508の糸巻量はPE1号が200m。

 候補は、FireLine1.2号かVARIVAS アバニ シーバス 1号の予定。

これで、準備万端といったところか?
あとはお給料日にルアーを少々・・・・・f^_^;

問題はお天気!!


この寒波どうにかならんのだろうか?






テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Lure color.....

 今年の釣り運?を占うべく某河川へシーバス狙いで釣行した時のことでふと感じたことが。

この時のヒットルアーはシンキングペンシル(ブルースコード)でカラーは何れもGGOH(グリーンゴールドオレンジベリーホロ)。
以前、真昼間にセイゴのナブラが立ったときにも何故かこのカラーだけが反応が良かった。

 この河川は大体濁っている時が多いので、この手のカラーが良いのだろう?と思ってしまう。
また、ベイトも10cmぐらいのボラっ子だったのでフラフラとアクションするシンキングペンシルが良かったのかもしれない。

 今、かなり気になっているルアーがある。

imaのgene130なのだ。
カラーは#003のレッドヘッドFPと#007のオイルサーディンと#011の背黒。
店頭では何故か2300円台の値段を付けているが、ヒョットして限定品だろうか?
確かSASUKEのアルミ張りと同じぐらいの値段だったし、どうなんだろう・・・・・。





テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.42

 2006年最初の日である・・・・・。
所謂、世間では”元旦”と呼ばれている。

 昨年の釣り納めは結局、S氏と近郊漁港にてキャッチした20cmオーバーのマハゼ・・・・・。

blog_06010102.jpg


このサイズのハゼはかなり久しぶりに釣ったような気がする。
って言うか”お刺身”が取れそうなぐらいの大きさだったし・・・・・・。

 で、今年の釣り始めの儀をメバルにするか、それともシーバスにするか帰省する前に車にタックルを積込みながら、考えていたのだが、ここは12月シーバスをキャッチしていなかったので、やはりシーバスをキャッチするべ!!と決意して実家へ車を向ける。

 夜に某河川へ出撃予定だったので、昼間にビールを少々飲んで、晩御飯も兼用で胃袋にめい一杯詰め込み、しばし仮眠・・・・・。
目が覚めて、少し空腹感を覚えたので更に胃袋へ詰め込みPM18:00に実家を出発!!

約30分ほどで目的地へ到着し、河川の状況をみると思ったよりも風はなくおまけに釣り人も皆無!!
(よ~く、考えてみれば元旦早々から釣りをする輩はおらんやろう!!と思いつつもココに居るじゃんみたいな1人ボケ&1人ツッコミを入れる管理人・・・・・)
タックルの準備もそそくさと終わり、支流側をじっくりと観察すると上げ潮が効いてきているのか良い流れが出来ている。
 まずは、アムニス1をダウンクロスでキャストして岸際を引いてくる。
10投ぐらいしても反応がなかったので、ブルースコード90mm(RH)に交換して対岸目掛けてフルキャスト!!
丁度、河川の流芯の際ぐらいで、コンッ!!というバイト!!
(イルじゃ~ん(^0^))
ならばと、今度は少しカウントダウンして引いてくると、根掛かり!!
何とか外そうと試みたもののイヤ~な手応えを感じた瞬間、プツン!!とPEから切れてしまった(>_<)
今日はブルースコードがアタリ!?かと思い、グリーンゴールドオレンジベリーホロをセットし今度は下流側の暗がりの中にできる流れを探ってみる。
同じようにダウンクロス気味にキャストして岸際のカケアガリを何回か通すと、正しくカケアガリの境目でドスン!!
潮がかなり上げてきていてなかなか先端まで出ることが出来なかったが、手応えからしてキッチリとフッキングしていると予想してベールを倒してフリーにして少し上流部へ移動して、一気に寄せてくると
体長40cmのセイゴ。
サイズは期待していたのには程遠かったが、とりあえずは初物なので、写メ!!

・・・・・


・・・・・


何故か携帯のストロボが点かない・・・・・(-_-;)

何回かトライしてみるもののどうも形態のストロボが壊れているっぽい!!
シーバス君を見るとチトやばそうだったので、写メなしで速攻で蘇生させること5分で、ゆったりと泳いで行った。
一先ず、一服してリーダーをチェックするとストラクチャで擦れたのか少しザラついていたので、再度ラインシステムを組みなおし、今度は本流側を探る。

 狙いは外灯で出来る明暗部の先に見える流れと海底のストラクチャの周辺。
時折、ボラっ子が跳ねてセイゴらしきライズ音も聞こえてくるし、一匹ぐらいは・・・・・と俄然やる気になり、R50+にルアーを変えて表層を探るも、時折、コツン!!とセイゴらしきバイトが数回。
ヒョットしてルアーがデカ過ぎるか?と今度はローリングベイトの77mmに交換して気持ち早めに引いてくると時折、引っ手繰るようなバイトがあるもののどうも型は小さそうな感じ。
で、跳ねているボラを見るとやはり10cmぐらい?だったので、ブルースコードに戻して、水面直下をリトリーブさせること30分。
携帯の時刻を見ると上げ八分といったところで、気持ちライズ音も増えているような気がする。
流れの先へブルースコードをフルキャストして着水後、糸ふけを回収してハンドル一回転を約1秒半ぐらいのスピードで引いてくると、足元のストラクチャ付近でドスン!!

一気にティップが入って、フッキングを入れると、派手なエラ洗いを連発!!
サイズ的には60cmはないと見えたが、何故かトルクフルなシーバス。
少しドラグを出されたが、半ば強引に寄せて無事キャッチ!!

blog_06010101.jpg

(ストロボが点かなかった為、かなり暗いm(_ _)m)

メジャーで計って見るとお腹がパンパンに張った55cmのシーバス君(一応フッコサイズ!?)
持った感じもサイズの割りに結構重量感があった。
優しく蘇生してあげて、その後もキャストするも、潮止まりになったのか、ボラっ子の気配も薄くなりだし、しまいには鼻水も止まらなくなったので、この日はここでSTOP FISHING。


思っていたサイズは出せなかったが、とりあえずは釣り始めの儀は無事終了したのでヨシとしとうこう!!


次回に期待である。






テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。