てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

It is a fishing tackle store to a long time.....

 先週末から今週の初めまで風邪でダウン・・・・・。
久しぶりに風邪を引いて、釣りにも行けず悶々とした日々だったが、行きつけの釣具屋から以前、注文していたPROXのウェーダーと修理に出していた『BLOWSHOT BORON 92 BS』が戻ってきたとのTELがあった。

 ウェーダーは最初に購入したOFTのやつがあちこちから水漏れしだして補修用ボンドでは追いつかなくなったための購入だったんだが、実際試着してみたらいい感じ。
特に好感を持ったのが、ブーツのところで丁度足首のところを絞っていてブーツのサイズも丁度良かったこともあるんだけど、正にジャスト・フィット!!
 難癖をつけるとすれば、チェストハイにしては少し胸上の丈が短いことと脇が開き過ぎ・・・・・。
あと5cmぐらい胸上の丈があってもいいかもしれない。
まぁ、値段が思ったよりも安かったのでヨシである。

 で、話は変わるけどDAIWAの新製品の『CERTATE HYPER CUSTOM』の#3000と2500Rが置いてあったんで、店員さんにお願いしてしばし、グリグリとハンドルを回せば・・・・・。










イイじゃん!!











 画像で見るよりも実物の方がカッチョイ~~。
実売価格も5万円チョットといいお値段だが、マシンカットハンドルが標準で付いているんで、スタンダードのCERTATEのハイパーギア交換+マシンカットハンドルを付ければ約25000円ぐらいなんで当たり前と言えば当たり前か・・・・・。
しかし、オールCRBB。ローラーはシーリング付きのCRBB。








悩みますな・・・・・。








スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Broken.....

 リリースに十分時間をかけてシーバスの姿が見えなくなるまで見守ってしばし放心状態になって『ボ~~~~~ッ』としていた。















思わぬサイズを手にしてある意味お腹イッパイになったんで、傍らにおいていたRODを手に取ってラインを巻いていると、何かヘン!?











少しRODが軽くなったような・・・・・。












(´・ω・`)ん?














blog_07032001.jpg



ティップが!!











折れとるがナ~!!








( ̄∀ ̄ノ)ノ








ある意味、『放心状態!!









ルアーも行方不明になっとるし・・・・・・。





何だか微妙な感じで車に戻り帰路の途中、確か去年の3月のことを考えてみたら確か湾内でシーバスをキャッチしたのも同じ3月で数日違うだけだった。
この時はこんな感じだったみたい。











思い返すとシーバスの取り込みをミスって、フックが指に刺さり血がダラダラと流れて激痛が走って痛い思いをしたんだった・・・・・・。






今回は、別の意味でイタイ釣行だった・・・・・。










3月は別の意味で鬼門か!?






テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.65

 日曜日のPM21:00に愛車にタックルを積込み車を走らせる・・・・・。
行き先は湾内某所のシャローエリア。
途中、市内の幹線道路を走らせながらここ数ヶ月の釣行を思い返しつつ今日のタックル選択、ルアー選択に間違いはないのか考えながら目的の場所を目指しながら、何故か高揚とした感じの自分に苦笑いが出てくる。
そう、それは自分本来のスタイル『Wading』での釣行なのだから・・・・・。
















そう・・・・・『ヤツ』と『オレ』の戦いは車を走らせてから既に始まっているのかもしれない・・・・・。















 やがて市内の煌々とした明かりの幹線道路を外れ目的のシャローエリアまでは10分を切ったあたりから今回の”PLAN”をもう一度復習する。



自宅を出て1時間。
既に満潮から下げに入っているはず。
大潮ということもあり下げに入ると瞬く間に潮位が下がり『ヤツ』と『オレ』が”会話”できる時間はそう長くは無いはず。
ならば、実釣2時間。長くて3時間が『ヤツ』と『オレ』が”会話”できる時間なのかもしれないと思うとまた、一段と何か引き締まるものがある・・・・・。











 車を道路脇に止め、身支度を整える。
吐く息も白い中で鮎タイツを身にまといウェーディングシューズを履き、更にシューズの紐をキツク締め上げる。
グローブを両手にはめベストを着てロッドを持ちフェルールをしっかりねじ込み入念にズレはないか確認する。
今夜、愛用の『BLOWSHOT BORON 92BS』にセットするのは愛機『CERTATE 2500R-CUSTOM』。
タフな『ヤツ』相手にはタフなREELである。











 数分歩いてお目当てのシャローエリアに到着。
周囲を見渡すと先行者が1名と対岸に1名・・・・・そして自分を含め3人。
軽く挨拶をし先行者の邪魔にならないよう距離をあけて慎重に立ち込んで行く。
流れは右から左へと大潮らしく力強い流れ・・・・・。
しかし、立ち込みながらウェーディングシューズから感じる底質はかなり柔らかく感じる。
ここはあまり流れが当たらないのか?と脳裏に浮かぶが、ここのメインポイントは下げの流れと地形を考慮すれば先行者が立ちこんでいるポイントのはず。
ここは、先行者が引き上げるまで我慢するしかないのか・・・・・。









十分距離をとり、足元を固めたところで準備完了!!
気分を落ち着ける為に、まずは一服。
この一服する間にルアーローテーションを考える。
潮の色、周囲の光景を考慮する。
潮は澄み潮で対岸の明かりが微かながら海面を照らしていることもあり、対岸の明かりを利用してまずは、フラッシング系のルアーを選択。
お気に入りの『Arrow Head AM-03』をスナップにセット。










これから『ヤツ』と『オレ』の”会話”の時間が始まる!!











 沖に見える潮目をライナーでフルキャスト。
着水後、デッドでリトリーブ。
対岸の明かりの中に微かに見えるラインの位置、ロッドティップから伝わるルアーの引き抵抗を想像しながらルアーの軌道を確かめる。





潮の流れは思ったよりも速い!!





 今度はキャスト後にリトリーブスピードを上げてみる。
1秒でハンドル1回転。
これなら、自分が思い描く軌道の上をルアーが通る・・・・・。
刻々と流れが変化する中、『Arrow Head』→『裂波』→『Banz』とルアーローテーションを繰返していく・・・・・。





 キャストを始めて2時間を過ぎたあたりで先行者が引き上げて行くのを確認。
残された時間はあと”1時間しかない?”前向きに考えると”1時間もある?”それとも・・・・・。
約2時間叩かれた後に入って、『ヤツ』は出るのか?
色んな考えがあるが、ここは前向きに残された時間は”1時間もある!!”と言い聞かせて先行者が叩いた後に入る。





 まずは、ほとんどアクションしない『Banz』をセットしフルキャスト。
着水後、糸ふけを回収し先程と同じスピードでリトリーブすると明らかに流れが違う!!
明らかに”流れの強さ”が違うエリアがある。
このまま『Banz』をキャストするか、もっとアピールする『裂波』に変えるか?





・・・・・





・・・・・





 以前、初ランカーを捕ったのも『裂波』だった。
縁起を担ぐわけではなかったが必然的にCHOICEしたのは『裂波』でカラーは『RP109』。
沖の潮目目掛けて『裂波』をフルキャスト!!
下げの強い流れをロッドティップに感じながらリトリーブを繰返す。
立ち込んで既に3時間が過ぎようとしているが、3月とは言えまだまだ低い水温でつま先、太腿がジンジンと痺れてくるのが分かる・・・・・。





・・・・・





・・・・・





 キャストする度に今日も駄目か?と悲壮感が漂ってくるが、流れは今正に”釣れそうな流れ”と思い少しずつルアーの着水ポイントを変えながら手持ちの『裂波』をローテーションさせる。
ローテーションも一巡したところで、再度『RP109』をセットしフルキャスト!!










 沖の強い流れの中でアクションする『裂波』を想像しながら一定のリズムでリトリーブしていると『ドスン!!』という手応えがロッドティップから伝わると同時にデカイ水柱が目の前で上がる!!





 一呼吸入れて後にフッキングを1発入れ、寄せに掛かるが強めにセットしたドラグが一瞬、悲鳴にも似た音を立てスプールが逆回転を始める!!





 ロッドもバット部分の中央あたりから曲がって久しぶりに味わうシーバスのRUN。
この時期のシーバスなら間違いなく産卵後のアフターだと思うが、昨年のランカーと遜色ない重みがロッドから伝わってくる!!





 最初のRUNが収まったあと、こちらも自制心が出てきたのか、ゆっくりと『ヤツ』との”会話”を楽しむ・・・・・。
周りはゴロタが広がるが出来るだけ”会話”を楽しみながら慎重に波打ち際へ誘導するが、最後の突っ込みをかわして、無事ランディング・・・・・。





















blog_07031901.jpg


アフターの95cm。
今年目標としていた90cm↑のサイズがこの時期出てくれたことが何より嬉しい・・・・・。



blog_07031902.jpg


ガッツリと『裂波』に喰らいついている・・・・・。









今度は、どんな”会話”をしてくれるんだろう・・・・・・・・・・。







テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.64

 土曜日の釣行は結果的には、バイトのバの字もなく二人して悶々とした時間を過ごして終わったようなものだった。
明けて日曜日はお昼まで寝て、このお方のメール&不在着信で目が覚める・・・・・。

 タバコをふかしながらTELして色々と話込んでおよそ数時間後には懲りずにまたまた某所でベックさんとキャスト!!キャスト!!
翌週からが夜勤だったんでリベンジがてらに行ってみたんだが、事もあろうかこんな事までやりかぶってしまって意気消沈→モチベーションダウン!!






















最悪デス・・・・・。
しかもオートリリサー次男になってしまったヨ。






















 しかし、凹んでてもどうしようもないので常夜灯周りでコヤツのイワシカラーを黙々とキャストしてると海底からモワ~ッともんどりうって出てきた。
推定70クラスだったが、フッキングまでは至らず・・・・・。
常夜灯の明かりの切れ目の先へキャストしてカウントを少しずつ捕りながらデッドで引いてきて小さくトウィッチを入れた直後だった。



 結局、チェイスはこの1回だけだったが常夜灯周りに付くヤツらをよーーく見てるとキビナゴにアタックするパターンが幾つかあるようなきがした。

ヤル気満々系

明らかに捕食を目的としていて海面まで喰い上げて派手な捕食音をさせながらキビナゴの群れを追い回すヤツ。


微妙にヤル気満々系

これも捕食を目的としてるんだろうけど水面下1m前後辺りまで食い上げてきてはヒラ打ってそのまま海底に戻るヤツ。


ヤル気あんのか?系

これはかなり微妙で同じようにキビナゴの群れにアタックしてるんだが、アタックするスピードが異常に遅く食い気が感じられないヤツ。



狙うなら①と②のパターンのヤツなんだろうけど、時合いの時以外にこいつらに口を使わせる方法が未だにワカランとです・・・・・。




次回に期待しとこう・・・・・。








テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.63

 以前よりこの人から話を聞いていて、とうとう先週末にしのさんと行ってきたのだな。
何でも辺り一面がキビナゴでシーバスの魚影が濃いらしくシーバスがあっちこっちでボイルしているらしいのだ。
当然のごとくオイラの頭の中もある意味ボイルしっぱなし・・・・・。


 当日は、ベックさんの方は都合が合わずしのさんと二人で出撃。
しのさんを先頭に目的地までのんびりとドライブ・・・・・。
途中、海は穏やかで風もさほど強くなかったのだが、現地に着くと何故か今まで穏やかだった海はどこ?ってなぐらい風が強い!!
実際、海面を見ると無数のキビナゴの大群で、まさにキビナゴの絨毯!!
当日は小潮だったが、先端部は川のような流れで外海からの流れと港内からの流れがぶつかりいい感じのヨレができている。

 まずは、二人で先端部でキャストすると足元で70クラスの姿が・・・・・。
これを見た二人は当然の如く活性が逆バンジー状態に急上昇!!
沖目にRBをキャストして少しずつカウントを増やしながら引いてくるが、RBに当たるのはベイトのキビナゴだけ・・・・・。
小一時間ほどキャストするが、どうにもピンとくるもんがないんで常夜灯周りへ移動!!

 キビナゴ花火が上がってますがな~ )^0^(
しかも同時に左右、正面、足元で!!
サイズ的には50~70クラスが海底からアタックしていて自分でもアドレナリンが出まくっているのがよ~~分かります。





















 二人で約3時間ほど投げ倒したでしょうか・・・・・。
港内のあっちこっち回りながら投げ倒したでしょうか・・・・・。



ナ~~~ンもアタラン!!



ルアーの真横50cmぐらいのところでいきなりボイルがあったりと活性は高い?というかナント言うかで、風も一段と強くなりだすし、べっくさんから来るだろうと言われていたこのお方もお見えにならないようなんで、今回はこれぐらいにしておいてこの場所を後にしたのさ・・・・・。





テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Yellow flower.....

 blog_070304.jpg



とある漁港で車を止めると、辺りに一面咲いていた黄色い花。
何故か目にとまりパチリ。















おいらは花粉症で辺り一帯に青っぱなブチ撒きそうでした。



テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。