てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

The snap always used.....

 初めて、某サーフでキャッチした砂マル。
湾内のシーバスとは違い背中が青みがかり、お腹も真っ白なシルバーボディーで綺麗だったのが記憶に残っている。
 そして、初めてキャッチした興奮も醒めてきた頃、フックを外そうとしたときSNAPがねじれていた。



 当時、使用していたメーカーは忘れたけど、それ以来使用しているSNAPがこれ。



blog_09011401.jpg


SMITHのCloss Lock Snap。



blog_09011402.jpg


サイズは#2の30kgのタイプ。



シーバスで湾内サーフ、干潟エリアではVARIVASのVEP SHOCK LEADER - 20lb、外海サーフでは22lbをパロマーノットで結束。
このsnapは適度な固さがあって、手持ちのルアーのアイの太さには丁度いいサイズでsnapはこればっかり。





・・・・・





・・・・・





そろそろ、ネタがなくなってきた.....








スポンサーサイト
このページのトップへ

bad weather.....

 この3連休は寒波で雪は降るは強風で荒れ模様。
当然、オイラは指が完治するまでは大人しくしとこうと思いつつ、HPのリニューアル用の画像を撮りに志賀島の潮見公園へ。
流石に天気のせいか展望台は貸切状態だったけど、メッチャ寒かった.....
ってか天気悪すぎで、思うような画像が撮れなかった。






blog_09011301.jpg


能古島~福岡市内。
雪か雨ですかね?
遠くに見える背振山は少し雪化粧でした。





blog_09011302.jpg


志賀島サーフ。
帰りにチョコットだけ見てみたけど、波だけはいい感じでした(笑)





blog_09011303.jpg


糸島半島。
湾内は少し風の影響か濁り気味。
思ったよりも、外海の方が濁ってなかった.....





とりあえず薬指も自分で曲げ伸ばしが出来る状態まできたんで、念のためもうしばらくは大事をとって釣りの方はお預けです.....







このページのトップへ

TackleHouse K2F142.....

 昨年のサーフはほとんどが、朝マズメからの釣行でした。

昔、大学4年の後半の半年ぐらいからチョットだけソルトをやってた時に使用していたルアーが『TackleHouse社』の『K-TEN BLUE OCEAN』。
 その後、社会人になってしばらく釣り自体から遠ざかっていた時期があり、昨年『K-TEN』の次世代モデルが発売になり、個人的に気になっていたカラーがありました。





blog_090107.jpg

K2F - Silber Perl Rainbow



 昨年の某サーフでこのカラーに交換して確か数投以内でシーバスを連れて帰ってきてくれた。
そして、不注意で高切れして玄界灘に行方不明に.....(悲)



 このカラーは、帰省の際に実家の近所の釣具屋に2本だけあったんで、思い切って2本ともお買い上げしちゃいました。
このときは、指の症状とかも全然気にしてなかったんで、某河川での初釣りにでもと思ってたのに.....






完治するのか、オレの薬指?!






テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Tenosynovitis.....

 かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
そして今年もよろしくお願いします。

 さて、昨年の12月中旬くらいから右手薬指に違和感(曲げた薬指が自分の意思で戻らなくなっちゃった)があったんですが、釣行を重ねる度に違和感が酷くなって辛抱堪らず朝から病院へ行ってきました。



 診断の結果、腱鞘炎の一種である『バネ指』なる症状とのこと.....



**************************************************************************************



以下、狭窄性腱鞘炎について

 腱鞘(けんしょう)とは腱を包んでいる鞘(さや)のことで、中に滑液と言う油の様なものがあり、腱を滑り易くしています。腱は要所要所のポイントで、この腱鞘を通り抜け、抵抗なく効率よく滑走し、指の屈伸が行なわれます。あたかも、列車(腱)がトンネル内(腱鞘)をトラブルなく通過して行くのに似ています。

狭窄性腱鞘炎とは、何らかの原因で腱鞘が炎症を起こし、腱が腱鞘内をスムーズに通過出来なくなった状態を言います。 すなわち、列車(腱)の通過が悪くなった状態を狭窄性腱鞘炎と言います。伸筋腱(指を伸ばす腱)の代表的な狭窄性腱鞘炎にはドゥケルバン腱鞘炎があります。屈筋腱(指を曲げる腱)の代表的な狭窄性腱鞘炎にはバネ指があります。



**************************************************************************************



以下、バネ指について

 バネ指は指の屈筋腱に起こる腱鞘炎で、靭帯性腱鞘が屈筋腱を圧迫したために生じます。発生部位は母指が最も多く、3指、4指の順となります。名称(バネ指)の由来は、引っかかった指を無理に伸ばそうとすると、まるでバネの現象のように、ビヨーンと伸びるのでバネ指と称され、別名「弾発指」、「snapping finger」とも呼ばれています。

 中高年者に多く、慢性的な機械的刺激(使い過ぎ)が原因と思われますが、体質的な要因も大きく関与していると考えられています。症状は指の付け根の痛みと運動障害です。患者さんは「指の曲げ伸ばしが困難だ」、「朝起きると指が曲がったままで伸びない」、「無理に指を伸ばそうとすると引っかかりを感じる」などと訴えられます。

 治療は誘因となった作業や運動を控えていただき、非ステロイド系抗炎症剤を処方し、リハビリテーションとして温熱療法を行います。難治例ではステロイド腱鞘内注射を検討します。これらの保存的治療(手術しない方法)で改善の得られない症例は腱鞘切開術を勧めます。腱鞘切開術は非常に成績が良く、ほとんどの患者さんが満足されます。長期間放置された症例や短期間に確実な完治を望まれる方は手術的治療をお勧めします。




**************************************************************************************



 私の場合は、『ロッドを握る右手に力が入りすぎたためではなかろうか?』と診断していただいた先生のお言葉。



先 生:『釣りは週にどのくらいするの?』



オイラ:『週末に多くて2回ほどですかね・・・・・』



そして、右手の薬指の付け根を触診していく先生.....



先 生:『ここ、痛いでしょう?  (;^∀^)』



オイラ:『全然痛くないですよ・・・・・  (・ω・?)』



先 生:『じゃーここは?  (;^∀^)』



オイラ:『いや、全然痛くないですよ・・・・・  (・ω・?)』



先 生:『じゃーここは痛いでしょう?  (;^∀^)』



オイラ:『いや、全然痛くないですよ・・・・・  (・ω・?)』



先 生:『(小声で)おかしいな~。普通は痛みとかあるんだけどな~  (-_-;)』




・・・・・





・・・・・





先 生:『でも、症状からするとバネ指ですよ・・・・・  (-_-;)』



オイラ:『スグに直りますか?  (o・ω・o)』



先 生:『はやく、直したいんだったら、まずは、炎症を止める注射か患部を切開して・・・・・』



オイラ:『注射にしてください!!  (: ̄Д ̄)/』





というわけで、無事注射も終わりしばらくは様子を見ることに.....





そんなわけで、新年早々しばらくは大人しくしときます.....






このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。