てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Chinu in daytime.....Part.1

 遂に?お盆である。
このお盆の3日間でやってみたいことがある。
それは、”昼間のチニング!!"しかも、大分、宮崎方面で話題となっている”ポッパー"で狙ってみようというのだ!!
ポッパーはMaria Pop Queen 50mm(5g)。
まずは初日の13日に狙うエリアは実家から20分ほどのところにある某二級河川!!
最河口部~堰までのエリアである。

 満潮が15:00過ぎで実家を出たのが11:00・・・・・。
干潮からの上げのタイミングでの釣行である。
潮が上げていくに従い、”CHINU”も河川内に入っていくのではないかと考えてまずは、某二級河川の最河口部へ・・・・・。

 さすがにお盆のためか海水浴の人は居てもこの暑い中、釣りをする輩は皆無!!
やっぱりこの時期に釣りをするのは罰当たりやろうか・・・・・(-_-)
まずは、最河口部の流芯付近の手前がゴロタが広がっているエリアを狙う。
チニング”で使用しているタックルはBAY LINER IKA BL-74SJ/SQ + LUVIAS2500 + S・O・MスプールにGOSEN AQUAMAGIC 10lb + VARIVAS VEP20lbである。
リーダーは少し太めだが、万が一?シーバスがヒットしたことを考えてのセットなのだ。
まずは、河口部へ向けてフルキャスト!!
しかし、北からの風でポッパーが途中で失速してしまう。
おまけに着水後、アクションをさせると風の影響でポッパーが数メートル移動してしまう。
それに風の影響で海面が波立っていて、ポッパーから目を離すと位置が分からなくなってしまう・・・・・(>_<)
しかし、水色は透明で海底まで透けて見えてしまう。
キャストしていて本当にこんな状況で釣れるんかいな?という考えが頭の中に浮かんでしまう。
 立ち位置から扇形にキャストしながら少しずつ立ち位置をずらしていく・・・・・。
しかし、夏とはいえかなり暑い!!背中を汗が落ちていく・・・・・。
既にキャストし始めて30分が過ぎているが、反応が無い。
しまいにはジェットスキーに乗るバカチンが目の前でターンを数回!!

このボンクラが!!ヾ(*`Д´*)ノ

で、少し、上流側へ移動。
橋脚周りと本流と支流の合流部を探ってみるのだ。
ここは普段、夜とかはブッコミ釣り師がいるところである。
海面を見ると、特に合流部の流れのヨレ辺りに10cm前後のボラ、サヨリが湧いている!!
おまけに海底には大きな牡蠣殻が付いた岩が目視できる。
少しは期待大!!か?
 まずは、橋脚の中へポッパーを打ち込んで上げ潮に乗せながら時折、バコッ!!バコッ!!とアクションさせる。
うまく、海底に沈む岩の上を通過させるようにラインメンディングさせながらポッパーを通すも、水面を割ってでるような状況はない・・・・・(-_-)
ポッパーをアクションさせると、ボラの興味を引くのか時折ポッパーにアタックしてくる・・・・・。

アタック違いダ・・・・・。

約一時間ほどキャストしてみたが、期待するような水面を割ってアタックする光景を目の当たりにすることもなく、時間が過ぎていき体力が消耗していく・・・・・。
既に、Tシャツの前後が汗でビッショリ!!
暑すぎる!!(´~`;)
ここも見切りをつけて次に向かうのは、護岸が整備されている、護岸のブロックエリア。
ここのブロックは1個おきにブロックの中央が凹んでいて途中階段が2箇所あるのだ。
しかし、先ほどの2箇所とは違い影になるところがない・・・・・(>_<)
首筋、腕が既にヒリヒリとしてくる。
空を見上げれば、一筋の飛行機雲・・・・・。

blog_05081301.jpg


気力もなくなりそうなこの暑さ!!
一旦、車に戻り、水分補給の為自販にてお茶を購入・・・・・。
既に本日2本目である。
一気にペットボトルの半分まで飲んで気合を入れなおし、海面、底の様子を注意深く観察する。
海面にはボラっ子の群れ、底はアオサみたいな海草が生えていて基本的に砂地で岸際にはゴロタが入っている。
ポイントらしき場所はあまりないが、河川の中央付近のアオサと砂地との切れ目へポッパーをフルキャスト!!
着水後、糸ふけを回収してアクションを入れる。

軽くバコッ!!と単発でアクションさせたり。

バコッ!!バコッ!!と連続でさせたり。

ポッパーをドッグウォークさせたり。

デッドスローでリトリーブさせたり。

上のアクションを混ぜたりして色んなパターンを試す・・・・・。

で、カラーチェンジさせてレインボーカラーへチェンジし真正面へポッパーをフルキャスト!!

糸ふけをとってバコッ!!バコッ!!と連続でアクション後のステイ中にポッパーの周りに魚の気配というかもじる姿が・・・・・。
と、その時、目の前のポッパーが一瞬盛り上がって水飛沫とともに水中に消えた!!

・・・・・

・・・・・

遂に来たか!!

・・・・・

・・・・・

フッキングを入れて一気に寄せる!!

・・・・・

・・・・・

blog_05081303.jpg


期待に反してセイゴだった・・・・・。

しかも体長10cmチョットのセイゴ・・・・・f^_^;

しかし、期待したターゲットではないが始めてTOPで出したことに微妙な喜びを感じる管理人・・・・・。

その後、本命を狙いキャストを続けるも反応はなく移動を決定。
次なるエリアは支流の合流点から水門エリア。

 車にのりエアコンを全開!!にし、車内が冷える前に次なる目的地に到着。
既に2本目のペットボトルも飲み干して3本目のキャップを捻る管理人。
合流部を観察すると、支流の水門付近の底は凹凸のブロックが敷き詰められていてボラが群れをなして底付近でヒラを打っている。
おまけに底は青い藻類が生えていて支流から合流部は見込み薄!!
で、本流に注ぎ込む水門エリアを下見。
 水門は開いていて、本流へ勢いよく流れ込みここにも5cmほどの小魚やボラっ子、それとサヨリが群れている。
しかも、水門からの流れ込み付近はテトラが入っていて水流の影響か底はえぐれている。
堰までの距離が500mほどの地点でサヨリがいるのはチョット以外・・・・・。
ヒョットしたら夜にシーバスとかも遡上してくるのだろうか?
大潮とか中潮とか比較的大きく潮が動いている時に満ち込み狙いで今度、行ってみるベ!!
で、水門の流れをみていると、足元に結構大きな蟹!!

blog_05081302.jpg


何て言う蟹だろうか?
他にも3cmほどの蟹が数匹目撃!!
まずは、ポッパーを水流のヨレ付近へキャストし、カケアガリ付近を通しながらアクションさせる。
扇形に水門周りを探るもポッパーには反応はなく、禁断のミノーにチェンジし同じように探るもこれまた反応はない・・・・・。
既に、満潮の時刻を過ぎ体力も限界に達している。
最後に、メタルジグをキャストして表層からボトムまで探ったところで、STOP FISHING!!

明日は今日行けなかった堰付近と某一級河川へ行ってみるのだ。






スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anglers.blog2.fc2.com/tb.php/108-2ae558d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。