てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.26

 明日も仕事だというのに今週の頭から通っている某河川へ。
風邪具合もほぼ完治したようなので、今日もLIGHT TACKLEでの釣行!!
今日は、BL-68UML/RFの以前折れたティップセクションに無理やりSICガイドを取り付けたフロント部分をセットしてみた。
部屋でセットして素振りした感じでは”張り”が出てなかなか良さそうな感じだったのだ。
狙いはセイゴだが、河川の状況も知りたいと思っている。

 潮の状態は満潮からの下げ狙いでの釣行。
車を走らせ、いつもの場所に車を止め前回、ナマズをキャッチしたポイントまでテクテクと歩いていく・・・・・。
流石に大潮だけあって潮位はかなり高く、この潮位ならば根掛かりはなさそうダ。

 ポイントに到着すると、かなり良さゲな流れが出ている。
しかも、前回より明らかにベイトの密度が高いような気がする。
まずは、BLUSECODE 45mm(RHP)をセットして、15mほど先の瀬の際を狙う。
アップ気味にキャストしてカウントダウンしながらドリフトさせデッドスローでリトリーブさせてくると豆セイゴのバイトが頻繁にあるものの、ティップに張りがあるのか弾いてしまう・・・・・。
10投ぐらいでルアーチェンジしながらキャストしていくと、ルアーを交換してキャストする度に反応があって面白いが、なかなか乗らない・・・・・(-_-;)
次第に河川の流れも速くなってきて反応がなくなってきたところで、本流と支流の合流部へ移動。

 幸い、他の釣り人もいないようで貸切でキャストできる。
支流の対岸の際や、足元の護岸の際を狙うも反応はなく、支流を諦め本流との合流部付近へキャストする。
ルアーも常に交換しながらキャストしてドリフトさせている時に足元をみると、50cmぐらいのシーバスが悠々と上流部へ向かって泳いで行く姿を目撃!!
しかも、30cmぐらいのチヌ(多分キビレ・・・・・)も泳いでいた・・・・・。

 魚は居るもののなかなか思うような反応もなく、時間だけが過ぎていく・・・・・。
時刻はもう直ぐ23:00になろうとしている。
タイムリミットは23:00と決めて、常夜灯の境目の先の暗部にBLUSECODE(YBC)をフルキャスト!!
着水後、糸ふけを取って一回JERKを入れた後のポーズで”ググッ”という手応え!!
フッキングを入れて、寄せてくるとプチエラ洗い!!
サイズは目測で30cmぐらいか?
LIGHT TACKLEの為、結構面白いがドラグが出るほどではないので一気に寄せて抜き上げる。

blog_05091603.jpg


体長35cmジャストのセイゴ!!

blog_05091604.jpg


リアフックにガッチリとフッキングしていた。
お腹がペッタンコのセイゴ。
よほど空腹だったんだろうか・・・・・。
この一匹をキャッチしたところでSTOP FISHING。

水温が下がってきたためだろうか?
今日は何匹かそこそこのサイズのシーバスの回遊を何回か目撃した。
今度は、シーバスタックルを用意してフッコサイズを真剣に狙ってみようと思う。




スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anglers.blog2.fc2.com/tb.php/134-ca9fba2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。