てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Yes Seabass!! Vol.42

 2006年最初の日である・・・・・。
所謂、世間では”元旦”と呼ばれている。

 昨年の釣り納めは結局、S氏と近郊漁港にてキャッチした20cmオーバーのマハゼ・・・・・。

blog_06010102.jpg


このサイズのハゼはかなり久しぶりに釣ったような気がする。
って言うか”お刺身”が取れそうなぐらいの大きさだったし・・・・・・。

 で、今年の釣り始めの儀をメバルにするか、それともシーバスにするか帰省する前に車にタックルを積込みながら、考えていたのだが、ここは12月シーバスをキャッチしていなかったので、やはりシーバスをキャッチするべ!!と決意して実家へ車を向ける。

 夜に某河川へ出撃予定だったので、昼間にビールを少々飲んで、晩御飯も兼用で胃袋にめい一杯詰め込み、しばし仮眠・・・・・。
目が覚めて、少し空腹感を覚えたので更に胃袋へ詰め込みPM18:00に実家を出発!!

約30分ほどで目的地へ到着し、河川の状況をみると思ったよりも風はなくおまけに釣り人も皆無!!
(よ~く、考えてみれば元旦早々から釣りをする輩はおらんやろう!!と思いつつもココに居るじゃんみたいな1人ボケ&1人ツッコミを入れる管理人・・・・・)
タックルの準備もそそくさと終わり、支流側をじっくりと観察すると上げ潮が効いてきているのか良い流れが出来ている。
 まずは、アムニス1をダウンクロスでキャストして岸際を引いてくる。
10投ぐらいしても反応がなかったので、ブルースコード90mm(RH)に交換して対岸目掛けてフルキャスト!!
丁度、河川の流芯の際ぐらいで、コンッ!!というバイト!!
(イルじゃ~ん(^0^))
ならばと、今度は少しカウントダウンして引いてくると、根掛かり!!
何とか外そうと試みたもののイヤ~な手応えを感じた瞬間、プツン!!とPEから切れてしまった(>_<)
今日はブルースコードがアタリ!?かと思い、グリーンゴールドオレンジベリーホロをセットし今度は下流側の暗がりの中にできる流れを探ってみる。
同じようにダウンクロス気味にキャストして岸際のカケアガリを何回か通すと、正しくカケアガリの境目でドスン!!
潮がかなり上げてきていてなかなか先端まで出ることが出来なかったが、手応えからしてキッチリとフッキングしていると予想してベールを倒してフリーにして少し上流部へ移動して、一気に寄せてくると
体長40cmのセイゴ。
サイズは期待していたのには程遠かったが、とりあえずは初物なので、写メ!!

・・・・・


・・・・・


何故か携帯のストロボが点かない・・・・・(-_-;)

何回かトライしてみるもののどうも形態のストロボが壊れているっぽい!!
シーバス君を見るとチトやばそうだったので、写メなしで速攻で蘇生させること5分で、ゆったりと泳いで行った。
一先ず、一服してリーダーをチェックするとストラクチャで擦れたのか少しザラついていたので、再度ラインシステムを組みなおし、今度は本流側を探る。

 狙いは外灯で出来る明暗部の先に見える流れと海底のストラクチャの周辺。
時折、ボラっ子が跳ねてセイゴらしきライズ音も聞こえてくるし、一匹ぐらいは・・・・・と俄然やる気になり、R50+にルアーを変えて表層を探るも、時折、コツン!!とセイゴらしきバイトが数回。
ヒョットしてルアーがデカ過ぎるか?と今度はローリングベイトの77mmに交換して気持ち早めに引いてくると時折、引っ手繰るようなバイトがあるもののどうも型は小さそうな感じ。
で、跳ねているボラを見るとやはり10cmぐらい?だったので、ブルースコードに戻して、水面直下をリトリーブさせること30分。
携帯の時刻を見ると上げ八分といったところで、気持ちライズ音も増えているような気がする。
流れの先へブルースコードをフルキャストして着水後、糸ふけを回収してハンドル一回転を約1秒半ぐらいのスピードで引いてくると、足元のストラクチャ付近でドスン!!

一気にティップが入って、フッキングを入れると、派手なエラ洗いを連発!!
サイズ的には60cmはないと見えたが、何故かトルクフルなシーバス。
少しドラグを出されたが、半ば強引に寄せて無事キャッチ!!

blog_06010101.jpg

(ストロボが点かなかった為、かなり暗いm(_ _)m)

メジャーで計って見るとお腹がパンパンに張った55cmのシーバス君(一応フッコサイズ!?)
持った感じもサイズの割りに結構重量感があった。
優しく蘇生してあげて、その後もキャストするも、潮止まりになったのか、ボラっ子の気配も薄くなりだし、しまいには鼻水も止まらなくなったので、この日はここでSTOP FISHING。


思っていたサイズは出せなかったが、とりあえずは釣り始めの儀は無事終了したのでヨシとしとうこう!!


次回に期待である。






スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anglers.blog2.fc2.com/tb.php/176-c37752ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オンスタックル「KOBACHI」で『尺メバル』!!

【Keep on Keeping on様より】 オンスタックル「KOBACHI」...

  • 2006/01/05(木) 08:33:26 |
  • LureFishingNews
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。