てっちゃんもBlog!

自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。 我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。 Johann Wolfgang von Goethe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Sand Lance

 先週のサーフウェーディングでナブラを見る機会があった。
あとで、色々聞いてみるとどうも『カナギ』が接岸しているようで、ボートからナブラ打ちをやってヒラメ、シーバスがキャッチされているらしい。
で、この『カナギ』とは何ぞや・・・・と調べてみれば、

ikanango.jpg


標準和名⇒いかなご(玉筋魚←これでいかなごと読むらしい)
学名⇒Ammodytes personatus
英名⇒Japanese sand lance(砂の槍)
スズキ目イカナゴ科
体長⇒25cm

ということで、標準和名を『いかなご』と言うらしい。
ちなみにお腹が赤い『赤腹』、全体的に青い『青口』と体色で呼ばれ方も違うみたいである。
管理人の足元を回遊していたのは青かったので『青口』だろうか・・・・・。

この『いかなご』というお魚は、冬に産卵し春先に沿岸部へ接岸し、水温が15℃を超えると砂に潜って夏眠するらしい・・・・・。
で、夜は砂の中に隠れて寝るというなかなか面白い習性をしている。

食用となるのは体長2cm~6cmぐらいで佃煮とか釜揚げとかちりめんで食べるみたいである。

ちなみに『いかなご』の方言は、関西地方では体長にもよるが、『新子(しんこ)』、『ふるせ』、『こな』とか呼ばれ、九州では『かなぎ』と呼ばれている。
メバルの船釣りでの餌でかなぎはよく使われ耳にすることがある・・・・・。

果たして、福岡地区ではいつ頃まで接岸してくれているのだろうか?
気になるところである。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anglers.blog2.fc2.com/tb.php/57-60417a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

てっちゃん

携帯からアクセス QRコード

QRコード

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

只今の時刻・・・・・

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

掲示板

みんなの掲示板

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。